※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目のつけどころがハルヒ の他作者さんによる続き。

 

3姉妹、風呂場にて行水中。

ハルヒ「つめたーい!!!あ~きもちーわ♪」
アスカ「ハル姉暑くないなんて言ってたくせに」
翠星石「一番はしゃいでるですぅ」
ハルヒ「ふふん、たまにはいいわね!こういうの!ひさしぶりよね、3人でお風呂」
アスカ「ほんとひさしぶりね……それにしても」
翠星石「ひさしぶりだから、余計に……」
ハルヒ「ん?どうしたの?」
アスカ「すごいわね」
翠星石「すごいですぅ」
ハルヒ「ちょっ、ひとの胸そんなまじまじと見ないでよ!いくら姉妹でも恥ずかしいじゃない」
アスカ「順調に育ってます、ってかんじね」
翠星石「アス姉はからっきしなのに、です」
アスカ「からっきしじゃないわよ!これでも結構ある方よ!?ハル姉がすごいだけよ」
翠星石「ハル姉がいつも言ってるみくる人間はもっとすごいのですか?」
ハルヒ「みくるちゃんはこんなもんじゃないわよ。もう、そこだけ別の生き物みたいよ」
アスカ「そういえばさ、胸の成長と女性ホルモンって関係があるんでしょ?」
翠星石「女性ホルモン?」
アスカ「そっ。簡単に言えば、誰かを好きになったり、女としてときめいちゃうと、
    胸もおっきくなるのよ」
ハルヒ「ア、アスカ!」
翠星石「ということは、ハル姉は女としてときめいちゃってるんですか?」
ハルヒ「そそ、そういうわけじゃ……別にそれだけで大きくなるわけでもないし」
アスカ「ときめいちゃってるんですか?」
翠星石「ときめいちゃってるんですか?」
ハルヒ「だっ誰にッ!あたしが誰にときめいてるっていうのよ!!」
アスカ「……んん~~~??誰にぃ??言ってほしいの?ねぇ、ハル姉言ってほしいの??」
翠星石「真っ赤ですよハル姉~~?答えは顔に書いてありますよ??」
ハルヒ「~~~~~~っ!!!んえぃっ!」
アスカ「あっ!つめたっ!ちょっとイキナリ顔にかけないでよ!!」
ハルヒ「うるさい!翠もくらえっ!!!」
翠星石「ひぃゃあっ!つめたいですぅ!!」
アスカ「お返しよ!!えぇぃっ!」
翠星石「きゃぁーー何で翠星石に水かけるですか!やるならハル姉に……こっちもお返しですぅ!」

3姉妹の夏のひとコマ。