※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「あつい……35度を超えた日を猛暑日っていうらしいわ」
翠星石「もーしょび?」
ハルヒ「そ。真夏日のワンランク上よ」
アスカ「アイス食べたい……翠買ってきて」
翠星石「てめーで行ってこいです。もーしょびにパシられるほど翠星石はお人好しじゃねーです」
アスカ「もーしょびにパシられるんじゃなくて、あたしにパシられんのよ。光栄でしょ?」
ハルヒ「ふたりとも会話の焦点がビミョーにズレてるわ」
翠星石「だいたいアイスぐらいでしのげる暑さじゃないですぅ」
アスカ「んじゃカキ氷ね」
ハルヒ「製氷機があればいいのよ!」
アスカ「製氷機……ってカキ氷を作るやつとは違うんじゃない?」
翠星石「じゃあカキ氷を作るやつは何ていうですか?」
ハルヒ「さぁ?」
アスカ「……さぁ?」
翠星石「……暑いですぅ」
ハルヒ「人形でも暑いの?」
翠星石「当然ですぅ!自らの生地が自家発電的に熱を倍増させてくれますぅ」
アスカ「当然なんだ」
ハルヒ「言われてみれば暑そうね」
翠星石「アス姉」
アスカ「ん?」
翠星石「アイス買ってこいですぅ」
アスカ「……」
ハルヒ「しょーがないわね。じゃあ3人で行きましょ!」
翠星石「行く気のある人が行くべきですぅ!」
アスカ「いいこと言うわね翠!ってわけでハル姉よろしく!」
翠星石「よろしくですぅ!」
ハルヒ「……」
アスカ「……。3人で行きましょうか」
翠星石「そうするですぅ」