※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

某芸人「でもそんなの関係ねぇ!でもそんなの関係ねぇ!」

 

ハルヒ「この芸人最近出て来るようになったわね~。この独特の芸風がいいわ!」
アスカ「はぁ?ハル姉、頭おかしいんじゃない!?こんなブーメランパンツ一丁の変人のどこがいいの!?」
翠星石「そうですぅ。やっぱりハル姉が気に入るのも類友のせいですぅ」
ハルヒ「ちょっと、それってどういう意味よ!?」
翠星石「わ~。ハル姉が怒ったですぅ」
ハルヒ「あいつは確かに格好は変だけど、面白いのよ!」
アスカ「へぇ~。ずいぶんはっきり言い切るじゃない。じゃあ、みんなに聞いてみれば?」
ハルヒ「わかったわ!じゃあ少なかった方は一週間掃除当番よ!」

 

次女の調査
シンジ「ああ、知ってるよ。面白いよね」
レイ「ごめんなさい。そんなとき、どう反応すればいいかわからないの」
トウジ「ワイには敵わんけど、まあ面白いで!」
ケンスケ「僕は割と好きなほうだよ」
ヒカリ「鈴原も好きなら・・・・・私も、かな」
ミサト「あの決まりの悪い感じがまたいい味出してるわよね~!」
リツコ「誰、それ?」
冬月「私に聞いてどうするつもりだ?」
ゲンドウ「・・・・・フッ」

 

アスカ「マ、マジっすか・・・・・orz」

 

三女の調査
ジュン「出てくるのが楽しみだな」
のり「面白いわよね~」
雛苺「オッパッピー!って面白いのー!」
蒼星石「ネタ中とそうじゃないときのギャップが面白いよね」
水銀燈「なぁに?やりに来たのぉ?」
真紅「・・・・・オッパッピー」
ルリ「なんか、嫌です」

 

翠星石「ルリはよかったですけど、よりによって真紅まで・・・・・orz」

 

一方、長女の調査
キョン「あぁ?あんなのがいいのか?」
みくる「あの格好はちょっと・・・・・」
古泉「芸風は遺憾ですが、あの肉体には興味あります」
鶴屋「芸とは常に華麗であるべきにょろ!」
有希「ユニーク」

 

ハルヒ「え・・・・・わ、私だけなの?orz」


夕飯時
ハ・ア・翠「(不利になるから、発言は厳禁(ですぅ))」