※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石「おめーら、最近ダレてませんか?」
アスカ「はぁ!?なによイキナリ」
翠星石「いいえ、言葉が悪かったです。おめーら最近デレてませんか?」
アスカ「……誰が誰にデレてるですって?」
翠星石「アス姉が、ヒョロ人間のシンジにです」
ハルヒ「たしかにデレてるわ。デレすぎてデレデレって感じね」
アスカ「そ、そういうハル姉だって……」
翠星石「そうです。ハル姉もキョン人間にデレてます」
ハルヒ「なっ何よ!?そんなことないでしょ?それに翠!あんただって」
アスカ「ジュン君にデレデレじゃない!」
翠星石「デレてないです。それに!これからはもう『ツンデレ』なんて言わせませんですぅ!
    翠星石は『ツンツン』に生まれ変わるです!」
アスカ「……なんで?」
ハルヒ「ツンツン……?」
翠星石「なんででも、ですぅっ!!お姉ども、わかったらこの翠星石に奉仕できることの
    ありがたみをかみしめながら紅茶を入れろ、ですぅ!」
アスカ「ぐっ……なんかムカつくわ」
ハルヒ「よくわかんないけど、反抗期?」
翠星石「そんなチャチなもんじゃあ断じてねーですぅ!いいからさっさと入れるですよ!?」

 

アスカ「あれ、茶葉変えた?」
ハルヒ「ええ。部室でみくるちゃんが入れてくれるお茶がおいしいから、ちょっと聞いてみたのよ。
    ウチではいつも紅茶だから、何かおいしい紅茶はないかって。そしたら紅茶のことはあんまり
    詳しくないけど探してみるって言って。んで、昨日買ってきてくれたの」
アスカ「なかなかおいしいじゃない!朝比奈さんに今度会ったらお礼言っとこ。ね、翠?」
翠星石「ま、この翠星石からしても悪くないと言える味ですよ」
アスカ「……なんか我慢してない?」
翠星石「してませんです。翠星石はいつだってナイフみたいにツンツンで触るやつはみんな撃沈ですよ?
    ちょっとおいし……悪くない味の紅茶だったからって、調子にのるな、です」
アスカ「ふーん。別にあたしは調子にのってないけどさ~」
 ピンポーン
ハルヒ「あ、誰か来たみたいね。ちょっと出てくるわ!」


ハルヒ「さ、入って!」
ルリ「こんにちは」
アスカ「いらっしゃいルリちゃん!」
翠星石「ルっ、ルリルリ!いらっしゃい、ですぅ……」
アスカ「ルリちゃんが来たわね」
翠星石「そ、そうですね。そそそれがどうかしたですか?」
アスカ「ん~何でもないけど~。翠はいつだってツンツンだもんねー」
翠星石「うっ……」
ハルヒ「今3人で紅茶飲んでたのよ。ルリちゃんの分も入れてくるから適当に座って待ってて」
ルリ「はい」
アスカ「どうぞ座って!くつろいでいってね!」
ルリ「どうもありがとうございます。あ、そうだ。私、クッキー焼いてきたんです。
   今日はそれをみなさんに食べてもらおうと思って来ました」
翠星石「ルリルリが焼いたですか!?」
アスカ「ありがとルリちゃん!ちょうど紅茶に合うし、ナイスタイミングだわ。
    ね、翠?」
翠星石「そう……です……ね……あ、か、感謝ですよ……ルリルリ……」
ルリ「……?」
ハルヒ「紅茶入ったわよ。はい、ルリちゃん」
ルリ「すいません」
ハルヒ「あら?クッキーじゃない。これルリちゃんが持ってきてくれたの?」
アスカ「ルリちゃんが焼いたんだって!」
ハルヒ「へぇ!おいしそうだわ!ありがとね、ルリちゃん」
ルリ「いえ」
ハルヒ「じゃあみんなで頂きましょう!」
アスカ「いただきます!」
翠星石「いい、いただきますぅ……」


ハルヒ「おいしいわ」
アスカ「バターの風味がすごくいい感じね。うん、いけるじゃない!」
ルリ「そう言ってもらえると作った甲斐が……あれ?」
翠星石「……」
ルリ「どうしたんですか翠星石さん?なんかさっきから……あ、もしかしてクッキーが
   お口に合わなかったとか……もしそうだったら、ごめんなさい。次作るときは
   もっとおいしく……」
翠星石「いえっ!!そっ、そんなことは!な……ないです……よ?」
アスカ「んんんん?じゃあルリちゃんのクッキー、おいしかった?」
翠星石「え、あ、その……」
ハルヒ「んん?ねぇ、いつだってツンツンの翠は、ルリちゃんのクッキー食べたとき、どう思った?」
ルリ「……?」

 

翠星石「す……すごく、おいしい、ですぅ」

 

ハルヒ「デレたわ!」
アスカ「デレたわね!」
ハルヒ「なぁ~にがいつだってツンツンよ!自分が一番デレデレなんじゃないの?」
アスカ「もうルリちゃん来たときからデレまくりよね~!無理は体に悪いわよ?」
翠星石「うううぅぅ……、しし、しかたないじゃないですかっ!!だってルリルリですよ!?
    ルリルリが手作りクッキー持ってきてくれたのにデレないバカがどこにいるですかぁっ!?」
ルリ「あの、みなさん……?」
翠星石「ルリルリっ!クッキーおいしいですっ!!翠星石でもスコーンならともかく、
    クッキーでここまでおいしいのはまだ作れないです!」
ルリ「ほんとですか?よかった」
翠星石「今度お礼に翠星石も何か作って持ってくですよ!!」
ルリ「わぁ、楽しみにしてますね」
ハルヒ「気持ちいいぐらい開き直ったわね」
ルリ「えと、翠星石さん、なにかあったんですか?」
アスカ「あぁ、気にしないで。んー、ルリちゃんの突破力の前には、翠のよくわかんないこだわりも
    無力だった、ってことかしら」
ルリ「……?」