※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏休み最中のある昼、テレビを見てる三女

 

翠星石「お昼ですぅ♪ウキウキですぅ♪あっちですぅそっちですぅ♪いいですぅ♪」
アスカ「翠、何か違うわよ」
翠星石「まあ、細かいことは気にするなですぅ。それにしても、この番組は面白いですぅ。
    いつかくんくんもこれくらい長寿番組になれればいいですぅ」
ハルヒ「う~ん、青年隊のこのバク転、古泉君辺りできないかしら。SOS団でまたライブが出来るわよ」
アスカ「確かに何でもそつなくこなしそうだけど・・・無理じゃない?あ、キョンあたりができたら意外よね~」
ハルヒ「何でそこでキョンが出てくんのよ!シンジくんが出来たらそれこそ以外よ!地球が割れるわ!」
アスカ「何ですって!?あいつは関係ないけど、バク転くらいで地球が割れてたら何回滅んでるのよ!」
翠星石「バカ姉達うるさいですぅ!いいともが見れないですぅ!」
ハ・ア「むっ・・・・・」
翠星石「まったく、静かにするということを知らない困ったバカ姉ですぅ」
ハルヒ「ヒソヒソ)このままじゃ・・・・・」
アスカ「ヒソヒソ)腑に落ちないわね・・・・・」
ハ・ア「(いっちょ、からかってやるか!)」
アスカ「そうだ。翠、あんたこの番組に隠された秘密って知ってる?」
翠星石「何の話ですかぁ?・・・・・タモさんは今日もダンディーですぅ♪」
アスカ「(この子、変な趣味ね・・・)
    さっき踊ってた青年隊、実はスパイで、その身体能力はバク転どころか東京タワーを飛び越せるほどすごい人たちなのよ!」
ハルヒ「ヒソヒソ)ちょっと、いくらなんでもありえなくない?」
翠星石「マ、マジですかぁ~!?」
アスカ「ヒソヒソ)ほら」
ハルヒ「・・・・・そうそう、あと、このタモさんなんだけど・・・・・」
翠星石「な、なんですか・・・・・?」
ハルヒ「この長寿番組を使って、何年も渡り人々の目をひきつけて、
    最終的にあのグラサンをはずして隠された目から洗脳ビームを出して世界を乗っ取るつもりなのよ!」
アスカ「(・・・ハル姉の方がよっぽどありえないじゃない!)」
翠星石「な、何ですってぇ~!?ちょっと行ってくるですぅ!(ダダダ」
ハルヒ「あっ、ちょっと翠!・・・・・行っちゃった」
アスカ「ハル姉、さすがにあれはないんじゃない?」
ハルヒ「アスカのが大丈夫ならこれも大丈夫と思ったのよ!」
アスカ「そ、そう・・・・・そう言えば、翠どこ行ったのかしら?何か嫌な予感がするんだけど・・・・・」

 

ジュン宅

 

翠星石「ダダダ)ジュン!のり!その番組を見ちゃ駄目ですぅ~!」
のり「す、翠星石ちゃん!?どうしたの!?」
ジュン「何が何でどうしたんだ!?」