※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そんなときもあるさ


ver.長女

 

ハルヒ「あんたなんかもう知らない!あっち行って!」
キョン「待てよハルヒ!何があったんだ!」
ハルヒ「うるさい!団長の私を無視して他の女と話してたくせに!」
キョン「バカ!それは誤解だ!俺がお前を無視できるわけないだろう!だって俺は・・・お前が・・・・・」
ハルヒ「えっ・・・・・!」
キョン「俺にはお前しか見えないんだ!」
ハルヒ「・・・キョン・・・・・」
キョン「ハルヒ・・・・・!」

 

ハルヒ「な~んて。・・・へへへへ・・・・・」
アスカ「どうしたの、ハル姉?」
翠星石「うすうす感づいてはいましたが、とうとう頭が逝っちまったですぅ」

 


ver.次女

 

シンジ「ねぇ、アスカ」
アスカ「んぁ?どうしたのバカシンジ」
シンジ「アスカの照れる顔って、かわいいね」
アスカ「なっ!?きゅ、急に何だって言うのよ!バカシンジのくせにからかうんじゃないわよ!(プイッ」
シンジ「ギュッ)(耳元で)ほら、かわいい」
アスカ「/////・・・バ、バッカじゃない?」

 

アスカ「むふふふ・・・・・」
マヤ「シンクロ率、著しく低下しています!」
リツコ「どういうこと?急に下がり始めた・・・」
ミサト「アスカ・・・・・いったい、何があったというの?」

 


ver.三女

 

ジュン「ちょっと待ってくれよ、性悪人形!」
翠星石「何ですかチビ人間!?翠星石は今から用事があるですぅ!」
ジュン「すまん。今日お前にかまってやれなくて・・・・・」
翠星石「何言ってるですか!べ、別に構って欲しくなんか無いですぅ!」
ジュン「違うんだ!ただ・・・・・お前が帰ると思うと、ついそっけない態度をとっちまうんだ・・・・」
翠星石「そ、それって・・・・・!?」
ジュン「俺が一番そばにいて欲しいと思ってるのは、お前なんだよ、性悪人形。いや、翠星石・・・・・」
翠星石「/////っ!!!ジュン・・・・・!」

 

翠星石「のほほほ・・・・・(ジョボジョボ」
ハルヒ「ちょ、ちょっと、翠!」
アスカ「お茶こぼれてるわよ、お茶!」