※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「……!?」
ハルヒ「ん?どうしたのよ人の顔見るなり固まって」
アスカ「ハル姉がファッション誌読んでる!」
ハルヒ「それがどうかした?」
アスカ「だってそれってフツーの女の子が読むものでしょ!?」
ハルヒ「しっ……失礼ね!あたしだって年頃の女の子よ!そりゃ人並みにカッコだって気にするわよ!」
アスカ「ひ、ひとなみに……!?」
ハルヒ「だ~か~ら~!!」
アスカ「……ゴメンゴメン、そうよね。ハル姉だって年頃だもんねー。
    恋するあのヒトを振り向かせるためには『夏のモテ系大研究』だってしちゃうわよね!」
ハルヒ「ちょっ、あのねぇ!」
アスカ「なーんてね。ところでさぁ、翠っていーっつも同じカッコじゃない?」
ハルヒ「そうねぇ」
アスカ「季節も変わるし、服だって変えてあげたいわ。せっかくだから、何か買ってあげない?
    あの子にこれといってプレゼントしたことなかった気がするし」
ハルヒ「言われてみればそうかも……。うん、いい考えね!あ、でもサイズあるかしら?」
アスカ「子供服とかは?最近は色々あるみたいよ」
ハルヒ「なるほどね!じゃ、さっそく連れてきましょう!」

 

  翠星石の部屋
ハルヒ「翠、入るね」
翠星石「なんですか?」
ハルヒ「ふふん。これからちょっと買い物に行くわよ!」
翠星石「買い物?」
アスカ「そうよ!これから、あんたの服を色々と選びに行くの」
翠星石「色々って……翠星石を着せ替え人形みたいにして遊ぶ気ですか?」
ハルヒ「ちがうわよ。いろんな服を着せていろんな翠を見てみたいだけよ」
翠星石「それを着せ替え人形って言うですよ!あ、アス姉、手を離せです!
    この翠星石を人形扱いするなですぅ!」
アスカ「……え?」
ハルヒ「……え?」
翠星石「……あれ?」
アスカ「いや、あんた自分の人形設定忘れてない?」
翠星石「……」
ハルヒ「んんん、どっちだっていいわ、長女命令よ!つべこべ言わずに行くわよっ!」
翠星石「ひぃぃいいっ!パワハラですぅ!お嫁にいけなくなるですぅ」


  デパートにて
ハルヒ「ぜっったいこっちがいいって!」
アスカ「ハル姉ぜんっぜんセンスない!絶対こっちの方がいい!」
翠星石「どっちでもいいですぅ」
ハルヒ「ちょっと翠!あんたも真面目に選びなさい!」
アスカ「とりあえずこれから着てもらうわ!」
翠星石「はいですぅ」
アスカ「あ、これもかわいい!ね、それ着たら次はこれ!」
  試着数回
アスカ「あーもういっぱいあってホントに迷うわー」
翠星石「うぅー、疲れたですぅ」
ハルヒ「このワンピースなんかどうかしら?」
アスカ「えー、ちょっと地味じゃなーい?」
ハルヒ「どう、翠?」
翠星石「ん……悪くないかも、です」
ハルヒ「でしょ?やっぱり翠には緑なのよ。でもいつも着てる色だとちょっと沈んじゃうし。
    だから少し明るめの若草色。控えめなフレアでスッキリした形がいいわ」
翠星石「それ着てみたいです」
ハルヒ「じゃあ試着してみましょっ!すいませーん!」
  ──
翠星石「どうですか?」
アスカ「あ、思ったよりいいわね」
ハルヒ「そうね。予想以上に似合ってるわ」
翠星石「ほ、ほんとですか?」
アスカ「えぇ。可愛いわよ、翠」
翠星石「あ……えと……と、当然ですぅ、この翠星石が着てるんですから!」
アスカ「たまによくわからないツボで照れるわねこの子は」
翠星石「べっ、別に照れてなんかないですよ!」
ハルヒ「じゃあこれに決まりね!」
アスカ「ほら、翠。鏡に見とれてないで、買うわよ」
翠星石「みみ見とれてなんかないです!ただ……ちょっと……というか買ってくれるんですか?」
ハルヒ「そうよ。理由はないけど、翠にプレゼント」

 

  その夜
アスカ「もー、翠ったらさっきからずーっと鏡の前にいて、よく飽きないわね」
翠星石「へっ?あ、いや、違うですよ!その、なんていうか……」
ハルヒ「よっぽどその服気に入ってくれたのかしら?」
翠星石「お、お姉たち……ほ、ほんとにこれ、買ってもらってよかったですか?」
ハルヒ「いいに決まってるじゃない」
アスカ「なにいまさら遠慮なんかしてんのよ」
翠星石「そうですか……あ、あの、あ、ありがと……ですぅ。嬉しい、です」
アスカ「……どういたしまして!」
ハルヒ「気に入ってもらえたようで何よりだわ!」