※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海に来た一行

ハルヒ「やっとついたわー!
   ん~、いい天気!さ、遊ぶわよ~!」
アスカ「あ、ハル姉待ってよ!」
翠星石「全く、はしゃぎすぎですぅ。
   さてと、翠星石も着替えるですぅ」

 

アスカ「バカシンジ!何やってんのよ、早く来なさい!」
シンジ「そんなこと言ったって・・・・・
   荷物全部持たせるなんてひどいよぉ」
アスカ「私の荷物持ちが出来るなんて感謝しなさい!」
レイ「碇君、少し持つわ」
シンジ「ありがとう綾波・・・」
アスカ「こらファースト!
   あんたに持たれるぐらいなら自分で持つわ!」

 

翠星石「ふふふ・・・・・
   この水着を着ればチビ人間もメロメロですぅ」
ジュン「おーい、性悪人形」
翠星石「わ!な、何ですかチビ人間!」
ジュン「お前水着を頼みに来なかったからさ、
   気になったんだけど・・・大丈夫なのか?」
翠星石「!!!し、心配されるなんて翠星石も終わりですぅ!
   大丈夫に決まってるですぅ!
   それに、チビ人間が出てきたなんて、
   途中で大嵐になりかねないですぅ!」
ジュン「何だよその言い方・・・まあ、大丈夫ならいいんだけどさ」
翠星石「///は、早く着替えに行きやがれですぅ!」

 

雛苺「わーい!海なのー!」
のり「雛ちゃん元気ね~。
  でもあんまりはしゃぐと危ないから、気をつけてね」
蒼星石「ふぅ。でも晴れて良かったね、真紅?」
真紅「そうね。家来の羽を伸ばさせるにはちょうどいい天気だわ」
蒼星石「素直じゃないなぁ、もう」
水銀燈「こんなときくらい騒げばいいのにねぇ」
真紅「!水銀燈!」
水銀燈「あらぁ、構えるのはやめてくれるぅ?
   今日はハルヒに誘われてきたのよぉ?」
蒼星石「し、真紅。こういってることだし、
   水をさすようなことはやめようよ」
真紅「・・・・・まあいいわ。早く行きましょ」
蒼星石「そうそう(でも、水着はどうしたんだろう・・・?)」

 

ハルヒ「さ~て!着替えたことだし、遊ぶわよ!」
キョン「くれぐれも、人さまには迷惑をかけんようにな」
ハルヒ「あんたに言われるまでも無いわよっ。
   (どうだ!)(バサッ」←羽織ってるものを脱いだ
キョン「・・・・・・・・・・」
ハルヒ「何よ!じろじろ見ないで!
   (ふふふ。凄過ぎて言葉を失ってる)」
キョン「何してんだ。早く遊びに行けよ」
ハルヒ「なっ!」
有希「・・・・・」
ハルヒ「有希!聞いてよ、キョンったら何にも言わないのよ!」
有希「そう・・・・・」
キョン「何か言ってほしかったのか?」
ハルヒ「///!なっ、ちがっ、そんなわけ無いでしょ!
   バカ!(ダダダダダ!)」
キョン「何赤くなってんだ・・・・・?
   ん?長門、どうした?」
有希「・・・・・あなたの好み」
キョン「何の話かわからんが、とりあえず似合ってるぞ」
有希「・・・・・そう」

 

レイ「ルリ、やっぱりスクみz・・・」
ルリ「まだ言ってるんですか。もうここまできたら不可能です。
  ほら、シンジさんがアスカさんに捕まってますよ?」
レイ「!!!・・・・・行って来る(スタスタ)」
ルリ「ふう。あ・・・・・アキトさん」
アキト「やあルリちゃん。今日は晴れて良かったね
   あ、その水着、かわいいね」
ルリ「あ、ありがとうございm・・・」
ユリカ「アーキートー!早く泳ご?ね?ね?」
アキト「ちょ、ちょっとユリカ。手を引っ張るなって。
   ほら、ルリちゃんも行こう?」
ユリカ「そうそう!前に来たときはルリちゃんぜんぜん泳がなかったもん。
   今回はみんなと遊ぼうよ!」
ルリ「・・・・・はい」

 

ハルヒ「くっそ~!こうなったらみくるちゃんで遊ぶことにするわ!」
みくる「ひゃ~!何が『こうなったら』なんですかぁ~!?」
ハルヒ「観念せい、とりゃー!」
みくる「きゃあぁぁぁ!」

 

翠星石「ふんふんふ~ん♪どうですかぁ?チビ人間。
   このハル姉の作ってくれた水着を着た翠星石は?
   鼻血を出してもかまわないですぅ!」
ジュン「んあ?なんか言ったか?」
蒼星石「す、翠星石。ジュン君はみんなの分の水着を作って、
   今疲れてるんだよ。だからそっとしてあげて・・・」
ハルヒ「あ!蒼星石!なんてかわいい水着なのっ!?」
蒼星石「え?うわぁっ!」

 

ミサト「ゴキュゴキュ・・・・・・・・プハァ~!
   夏の海での一杯もいいわぁ~!」
鶴屋「めがっさいい飲みっぷりにょろ!」
リツコ「(来た早々ビールって・・・
   それに鶴屋さん、遊ばなくていいのかしら・・・?)」

 

ゲンドウ「・・・・・・・・フッ」
冬月「碇、今日は何も言わんのだな」
ゲンドウ「当然だ」
冬月「(ようやく戻ったか・・・)」
ゲンドウ「ルリルリは諜報部のやつに撮らせている」
冬月「もうやめてくれ・・・・・」
ウリバタケ「おーいおまえら!ヒマならこの店手伝ってくれ!」

 

カヲル「・・・・・この海水浴も、
   すべて何かに仕組まれたものかもしれないね・・・」
古泉「さぁ。唯一つ言えるのは、
  僕達は今の状況を楽しむべきだということですよ」
カヲル「ふっ・・・・・そうかもしれないね」

 

ケンスケ「なあ、僕達って・・・・・」
トウジ「なんなんやろな・・・・・」
谷口「君達!そんなことでしょげてないで、
  ナンパという名の戦場へ赴こうじゃないか!」
トウジ「・・・・・おっしゃ!ほら、行くで、ケンスケ」
ケンスケ「はぁ・・・・・なんだか悲しくなってきた・・・・・」


一方

 

金糸雀「な、何でみんな、どこにもいないのかしらー!?」

 

つづく