※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「このスレに活気が戻りますように、なんて言われてるわ」
ハルヒ「たしかに、最近お隣のスレは結構伸びてるのに、こっちはからっきしだわ。
    何が原因かしら?」
翠星石「のっけからメタな話題ですか。それは一部の読み手に嫌われると、お隣でも
    言われてることですよ?」
アスカ「そうね、やっぱり立ち位置が決まってないのが原因じゃないかしら?」
ハルヒ「んー、たしかに。お隣さんはポジションがはっきりしてるわ。
    強烈なボケ役に、冷静なボケ役、ツッコミ。うまくやったもんよね」
翠星石「その分こっちには自由度がありますですよ?この翠星石は、どんな役回りだって
    華麗にこなしてみせるですぅ!」
アスカ「だいたいハル姉の主張が強すぎるんじゃない?」
ハルヒ「そんなことないわよ!それを言うならアスカだってキャラ濃すぎて扱いにくいじゃない!」
アスカ「……なんですって(#^ω^)?」
翠星石「ていうか、さっきからおめーら気持ちよく翠星石をスルーしてませんか?」
アスカ「ハル姉こそ、ツンデレのテンプレ化が激しくて、むしろ扱いにくいんじゃないかしら?」
ハルヒ「……どういう意味(#^ω^)?」
翠星石「だから翠星石の話を聞きやがれ、ですよ?」
アスカ「そのツンデレも、最近じゃキョンにデレすぎて、なんだか物足りないわ」
ハルヒ「そういうアスカこそ、結局シンジくんにほとんどデレなかったし、なんだか物足りないわ」
アスカ「……」
ハルヒ「……」
翠星石「お姉ども、とりあえず落ち着けですぅ!……そうだ!ネタ!ネタを見つければいいんですよ」
ハルヒ「……そうね。大人げなかったわ。んで、そう言うからには翠、あんた何かネタあるの?」
アスカ「そうよ。大体のネタは出尽くした感があるわ」
翠星石「ネタなんていくらでもあるですよ。たとえば……最近の梅雨ネタとかどうですか?」

 ………

 ……

 …

梅雨のある日。
学校帰りのアスカを翠星石が迎えに行った。

アスカ「悪いわね翠!傘忘れちゃって」
翠星石「ホント、だめなアス姉ですぅ。今朝天気予報で雨降るって言ってたですよ?」
アスカ「ごめんごめん。も~遅刻ぎりぎりだったからさぁ!だいたいもう7月だってのに
    雨降る方がどうかしてんのよ。ところでハル姉はちゃんと傘持ってったの?」
翠星石「ハル姉はアス姉と違ってその辺はしっかりしてるですよ」
アスカ「ん~、なんか引っかかる言い方ね。ま、いいわ。ハル姉が傘持ってるなら安心ね」

翠星石を抱きかかえ、その翠星石が持ってきた傘をさしながら、アスカは家路につく。

翠星石「アス姉、あれは……?」
アスカ「ん。ひょっとして……」

二人が視線を向けた先、ちょうど北高からの帰り道でもある下り坂の途中、
ハルヒとキョンがひとつの傘をさしながら歩いていた。

キョン「……これ、職員用って書いてあるぞ?」
ハルヒ「学校の備品でしょ?生徒が使って悪いことなんてある?
    それに……そんなこと言うなら入れてあげないわよ?」
キョンがさしていた傘を奪って、ハルヒが少し、走って先に行く。
キョン「待てよ!」

アスカ「はぁ~。絵に描いたような青春だわ。二人で帰るのが当たり前になってるのかしら」
翠星石「アス姉」
アスカ「分かってるわ」
翠星石「とりあえず今はハル姉に甘アマのデレっデレなシーンを存分に堪能させて
    やるですぅ。そんで家に帰ってから……い~っひっひっひ」

アスカ「ただいまー」
翠星石「ただいまですぅ」
ハルヒ「おかえりなさぁ~い!!」
アスカ「……」
翠星石「……」
ハルヒ「ん??どうしたの、二人とも??」

室内で、傘を開いて並ぶ翠星石とアスカ。

アスカ「『もっとこっちに寄せなさいよぉ。あたしが濡れるじゃないのぉ』」
翠星石「『十分寄せてるだろ?』」

ハルヒ「   !   ?   」

翠星石「『あぁ!?この傘職員用って書いてあるぞ?』」
アスカ「『学校の備品だもん。生徒が使って悪いことなんかないでしょう?
     それともなに?濡れて帰りたいってんなら、入れてあげないわよっ!!
     えぃっ!』」

ハルヒ「………… 見 て た わ ね !?」

翠星石「『待てよっ!』」
アスカ「『んふっ!!ふぅん!』」

アスカに駆け寄る翠星石。それを抱きしめるアスカ。

ハルヒ「ちょっ、だっ、抱きしめてなんかないわよ!ちょっとアスカ、翠!」

翠星石「『ハルヒ~』」
アスカ「『キョン~』」
抱き合う翠星石とアスカ。
ハルヒ「そ、そんなことしてないでしょ!?そんなことよりあんたたち、いつから見てたのよ!?ねぇ!!」

 …

 ……

 ………

ハルヒ「……」
アスカ「サムデイ・イン・ザ・レインね」
翠星石「そうですぅ。なかなか悪くないですぅ」
ハルヒ「ちょっと待って。これあたしどういう役回りなわけ?
    そもそもメタな話題はタブーって言ったのは翠でしょう?」
アスカ「う~ん、言われてみればネタが無いわけでもないわね。特に、
    ハル姉には豊富だわ」
翠星石「そうですぅ!!現在進行形でキョンとの甘い展開を繰り広げるバカ姉は……」
ハルヒ「誰がバカ姉よ!ていうか、これじゃあたしがすっごく間抜けじゃない!!
    ここだけ見せるってどうなの?」
アスカ「オーケー。いいじゃない。お隣がWボケのツッコミ一人なら、こっちは
    一人が突っ走って二人が冷静なポジションから生暖かく見守る。悪くないわ!」
ハルヒ「全っ然よくないわ!」
翠星石「さすがアス姉。そうですぅ、こっちだってお隣に負けない『ぽてんしゃる』ってやつが
    あるですぅ」
ハルヒ「いやいや『ぽてんしゃる』じゃないから!ちょっと!アスカ!翠!」
アスカ「ま、ハル姉はほっとけば暴走してくれるしね~」
翠星石「その通りですぅ~。ハル姉はほーんと、いい才能持ってるですぅ」
ハルヒ「ねぇ!意味わかんないわよ!ちょっと!」