※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「ふふふん、翠星石?今度からあたしを”甍の上の妖精”と呼びなさい!!」
ハルヒ「いや、ちょっと止め……」
翠星石「くやしいっ……!!でも、認めちゃうっ………!!」
アスカ「ほーっほっほっほほっ!!遂に負けを認めたようね翠星石!そうあたしこそがry)
シンジ「あれ?何やってんのアスカ?」
アスカ「!!!!??   ──────キャー」           ……バタン!

翠星石「前言撤回ですぅ」
ハルヒ「……もうバカ……」


ハルヒ「あんたらね、わかってんの!?コレは遊びじゃなくて雨漏りの修理なのよ!!?」
アスカ「……わかってるわよ」
翠星石「……翠星石のは遊びじゃないですぅ」
ハルヒ「だまらっしゃい!!」
    「もういい!!あたしが上に上がるからあんたらはハシゴ支えてなさい!!」
アス・翠星「……はぁい」

ハルヒ「ほらふらついてる!!ちゃんと持って!!」
アスカ「持ってるわよちゃんと!!ハル姉がふらついてんじゃない!?」
翠星石「ううう………工具入れや板に加えてハシゴまで……」
ハルヒ「まだふらついてるわよ!?翠星石ちゃんと持ってる!!?」
翠星石「かよわい翠星石の腕でしっかり支えてるのですぅ!文句は言わせないですぅー!」
アスカ「ハル姉ちゃっちゃと登っちゃってよ!!結構重いんだから!」
ハルヒ「 重 い  !? 誰が!?誰がよはっきり言ってみなさいよちょry)  バキャ

『ドスン!』

ハルヒ「…………」
翠星石「……」
アスカ「………」
ハルヒ「…………………」
アスカ「………あ、あたしが乗ってた時から、どーも足元不安定だったのよね」
翠星石「そうそう、翠星石もそう思ったですぅ」
ハルヒ「……もーいい、大工さん呼ぼ」


ハルヒ「ねえキョン、お姫様だっこして」
キョン「どうしたお前?何か変なねるねるねるねでも喰ったか?」
ハルヒ「…………ブシュ」



●<シヌゥー!!?