※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石「プッ!ホーホッホッホッ!!」
アスカ「い、いきなり何よ!?」
ハルヒ「翠……とうとうイッテしまったのね……。」
翠星石「まったく……。このお馬鹿姉どもは、>>213の発言(転載者注:乳酸菌とってるぅ?)を見てもまだ気付かないですか?」
ハルヒ「別におかしいトコは…見当たらないけれど。」
アスカ「翠、どういうこと?」
翠星石「ふっふーん。翠星石は知ってるですぅ!人間は身体に疲れがたまると……なんと!乳酸菌ができてしまうですぅ!みんなそんなのが欲しいですか?とんだMですぅ!」
ハルヒ「………。」
アスカ「………。」
翠星石「流石の姉どもも、この翠星石のあまりの博識さにビックリしてるですね。ま、コレは難しいコトなので仕方ないですぅ。」
アスカ「あの、それはね、翠星石……。」
ハルヒ「翠……。疲れがたまるとできるのは『乳酸菌』じゃなくて、『乳酸』なのよ。」
翠星石「………………え?」
ハルヒ「さ、アスカの出番よ。この博識な妹に名ゼリフを言ってやりなさい。」
アスカ「あんたバカァ?」
ハルヒ「はい、よくできました!」」
翠星石「うぅ~………。こうなったら、人面猫!あのセリフを言ってやるです!」
(猫)「…………。」
アスカ「この猫、何も鳴かないじゃない。」
翠星石「あ、あれ…?猫、なんか全身が黒いですし、すごくおとなしいですぅ。」
ハルヒ「ま、こっちの方がうるさくなさそうだし、結果オーライよね。」
シャナたん「うるちゃくないもん!うるちゃくないもん!うるちゃくないもん!」
翠星石「あー、今ごろ出てきやがったですぅ。」
シャナたん「むー……。」


琥珀「レンちゃんはどこに行ってしまったんでしょうね~。」
翡翠「……姉さんを、犯人です。」
琥珀「うぇっ!?ワタシはな~んにも知りませ(ry」
翡翠「姉さんが無理やりくんくんの人形で襲ったから、逃げてしまったのを見ました。」
琥珀「ううう………。」


翠星石「この黒猫どうするです?」
アスカ「とりあえず逃がしたら?」
ハルヒ「野良じゃなさそうだし、勝手に飼い主のトコにもどるでしょ。」
翠星石「じゃあ黒猫ちゃん、さよならですぅ。」

(チリ~ン)

レン「ニャ~オ」