※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お化粧が取れなくなった翠星石を抱えて、みっちゃん邸に駆け込んだおバカ姉妹

アスカ「じゃ治るのね!」
みっちゃん「うん、簡単なエステでもとどおりになるわ」
翠「一時はどーなるかと思ったです一生このままかと思ったです」
ハルヒ「じゃ、みっちゃんさんお願いしま~す」
みっちゃん「まーかせて!ああ!ローゼンメイデンをエステできるなんてドーラー冥利につきるわぁ」

数分後

ガリガリガリガガガッ!
「んぎゃあああああっ痛いぃぃっ!痛いですよぉ!」
ギュイ~ンッ!
「ひいぃぃっ!?恐いですぅ!」

ハルヒ「ちょ、待」
アスカ「ウチの妹に何を!?ひいっ!」

「ハル姉、アス姉…」
作業台の上には丸坊主の翠星石が横たわっていた。

みっちゃん「ちょっと、ホコリが入るんだけど?」
ハルヒ「何言ってんのよ!エステするだけって言ったじゃない、それをこんな姿にするなんて!」
みっちゃん「あのねぇドール用語でエステと言ったら『表面剥離』のことゆーんだけどなー」
アスカ「表面剥離?」
みっちゃん「顔の素材そのものに色素が沈澱してるから、もうこの方法でしか元どおりにならないんだよねぇ」

ハルヒ・アスカ「!?」
みっちゃん「さ、邪魔邪魔!」
みっちゃん「あ、いっとくけどこーなったのは貴女たちのせいだからね、お人形に人間用の化粧品は厳禁なのは常識!」

アスカ「だからってそんなことするなんて!痛がってるじゃない!」

みっちゃん「だってお人形に麻酔は効かないじゃない?」
ハルヒ・アスカ(ハッ)

二人が硬直してる間に作業は再開された。再び翠星石の断末魔が聞こえてきた。

「す、翠星石の顔がぁ痛いですぅっ!どーにかなっちまいそーですぅっ!」

「いぎぎぃいぃぃ~っ!ジュン!ジュン、助けてですぅ!!」

凄惨な光景に二度と翠星石に化粧はしないと誓う二人だった