※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ『あれ?キョンひとりなの?』
キョン『あぁ』
ハルヒ『なんだ、つまんないの』

翠星石「つまんないなら帰ればいいのにカバンを机に置いたですよ」
アスカ「そうよね。いちいち逆のこと言っちゃって」

ハルヒ『もうすぐ一年も終わりよね』
キョン『そうだな。……二年になったらクラス替えだな』
ハルヒ『……キョンは楽しみなの?クラス替え』
キョン『う~ん、そりゃまあ新しい環境になるわけだしな。
楽しみってほどでもないが、何とも思ってないわけでもない』
ハルヒ『ふぅん』

アスカ「あぁあ!そっぽを向いたわ!この仕草は間違いなく……」
翠星石「聞きたくてうずうずしてるですぅ!」

ハルヒ『あ、あたしたち別のクラスになるかもね!』
キョン『ん?そうかもしれないな』
ハルヒ『あー、ひょっとしたら有希なんかと一緒のクラスになったりして!』
キョン『俺が?』
ハルヒ『ちがうわよ!あたしがよ!』

翠星石「話を微妙にそらしたですぅ」
アスカ「じれったいわね!もうっ!」

ハルヒ『古泉くんも同じクラスで、ついでにキョンも……そしたら
SOS団大集合になるわね!いいかも!そんでみくるちゃんも留年すればいいのよ』
キョン『おいおい、そんなことになったら一日中SOS団の
活動をしてるみたいな気がするじゃないか』
ハルヒ『そうよねっ!最高よね!』

翠星石「無駄にはしゃいでますね、ハル姉。なんか身を乗り出してますぅ」
アスカ「そらした話を元に戻しづらくてヤケになってんのよ、きっと」

ハルヒ『で、でもさ……』
キョン『うん?』

アスカ「あっ!またそっぽを向いたわ!!」
翠星石「これは攻めにいくパターンですね!?」

ハルヒ『に、二年になっても……』
キョン『?』
ハルヒ『……にっ、二年になってもまーたあんたがいそうな予感がするわ。
あたしの前の席で。やんなるわ。あーあ、あたしの予感って
結構当たっちゃうのよね。ほんっと、当たんなくていいことなのに。
ま、そうなったらなったで仕方ないから、よろしくとだけ言っとくわ』

アスカ「言ったわ!」
翠星石「言ったですっ!」
アスカ「素直じゃないわね!」
翠星石「素直じゃないですぅ!」
アスカ「翠、カメラはちゃんと回ってるわよね!?」
翠星石「バッチリですぅ!」

キョン『まぁ、俺もなんだかんだでそうなりそうな気がするが。
それはそれで悪くないけどな、退屈しなくて済みそうだし』
ハルヒ『……っ!たっ、退屈なんてするわけないでしょ!あたしがいるんだから!
いいこと、団員に無駄な時間と余裕を与えるつもりなんてないんだからねっ!』

アスカ「ハル姉真っ赤だわ!」
翠星石「真っ赤ですぅ!」
アスカ「さすがのキョンも気付くんじゃないかしらね」
翠星石「嬉しそうなのが見え見えですぅ」
アスカ「ま、いいわ。隠しカメラで録画したこの映像で……」
翠星石「しばらくハル姉を脅せるですよ!い~っひっひっ」

後日。アスカと翠星石がこそこそと話している。
アスカ「おかしいわ。押し入れに隠しておいたマスターテープがなくなってるわ」
翠星石「えっ!まだダビングしてないからあれ一本しかないですよ!
どーするんですか?」
すると背後から声が。
ハルヒ「あたしが処分したわ」
アスカ「!!!」
翠星石「!!!」
ハルヒ「ふふん、あんなチンケなビデオであたしを脅そうなんて甘いわよ!」
その後小一時間、姉妹二人はハルヒの説教をくらった。