※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカは、床に突っ伏していた。
「orz」
「ア…アスカ…あー…」
「ア、アス姉…」
「orz」

視認できるレベルのマイナスオーラを出すアスカが見ていられなくなったのか、ハルヒが励ます。
「………ほ、ほら!でもパチンコ以外にも色々出てるじゃない、グッズとか!」
「そ、そうです!翠星石達とは比べ物にならんですう!」
「…こき使われてるだけじゃないのそれ?」
「「う」」
一瞬言葉に詰まった姉妹を見て、アスカのオーラは形容し難い色に変化した。
「orz」

「…いいのよ、どうせ私は要らない子なのよ…誰にも愛されてなんかないのよ…」
「!…アスカ」
「…アス姉」
その言葉を聞いた途端、ハルヒと翠星石はアスカの傍に腰を下ろし、見つめてきた。
「…なによ」

  ぎゅっ

「へっ?…ってちょっと何いきなり抱きついてきてんの二人とも!?」
狼狽するアスカに姉妹は語りかける。普段の声からは考えられない程静かで優しい音で。
「…あたし達はあんたの事大好きよ」

「!…」
アスカが目を見開く。

「だから…冗談でもそんな事言わないで欲しいです…」

「っ…」

アスカは何も言わずに二人を抱き締め返した。
声を出すと二人への感謝が、愛情が、涙と共に溢れてしまいそうだったから。


「あたしって…幸せ者ね」

二人にも聞こえないぐらいの小さな声でつぶやく。
騒動の原因などとうに忘れてしまっていた。