※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女シンジ「あ。ジュン君オハヨー!」
ジュン 「ぁ・・・・・・・・オ、ォハヨ。」なぜか少し顔が赤いジュン
雛苺  「あぁ!!シンジィおはよーなのぉ!!」ジュンの頭の上で「にぱ~~♪」な雛苺
真紅  「あら、シンジ・お・は・よ・う。」すこしツンケンしてる
女シンジ「うん、雛苺、真紅オハヨーー!!」
女シンジ「ジュン君今日も、早いんだね・・・・・また図書館??」
ジュン 「・・・・・うん、数学で少し分かんないとこがあって。」
女シンジ「・・・・・・もし良かったら、勉強教えるよ。」
ジュン 「いいよ、自分でまいた種だし・・・第一おまえ今年高校受験だろ・・・・・そんな暇ないだろ?!」
女シンジ「でも、かわいい弟が困ってるんだし、放っておけないよね?」雛苺の顔を見ながら
シン・雛「「ねぇーーー♪」」ハモる二人・・・不機嫌な真紅
ジュン 「なっ!!・・・何を言ってるんだこの男女はぁ!!」顔赤いぞ
女シンジ「ううぅ人が気にしてることを・・・・非道いよねぇー」再度雛苺と目合わせして
シン・雛「「ねぇーーー♪」」またハモる二人・・・真紅はすでに爆裂真紅に!!
真紅  「(プチッ!)・・・・・・ジュン!シンジ!朝ご飯にしましょ!」
ジュン 「なに怒ってるんだよ。真紅・・・ってぇ!!な、何をする!」真紅にスネを蹴られるジュン
真紅  「フンッ!!」スタスタと歩いていく真紅
ジュン 「なんだよアイツ。」
女シンジ「難しい年頃なんだよきっと?・・・でも不思議だよね?」
ジュン 「うん?なにがだよ?」
女シンジ「人形師ローゼンが作ったとされる、アンティークドール『薔薇乙女』シリーズ。」
ジュン 「そうだよなあ?改めて言われると、呪い人形そのものだよなぁ。」
真紅  「むぅ、雛、呪い人形じゃないもん!!」ふくれる雛苺
女シンジ「あはは、ごめんごめん。ただ不思議だと思っただけだよ。」雛苺の頭をなでるシンジ
雛苺  「むふふ~~」悦にいる雛苺
真紅  「ジュン!降りられないわ!抱っこしてちょうだい。」
ジュン 「・・・・一人で降りられるだろう??」
真紅  「あらそう。下僕には下僕らしくなるように呪いでも掛けようかしら?」にやりと笑う真紅
ジュン 「・・・・・わかりましたよぅ!!ったくぅ。」
シンジ 「ははは。大変だね?」
真紅  「ジュン!!はやくなさい!」
ジュン 「はいはい。何で俺が・・・・。」
    ジュンが歩き出した刹那・・・・みくるの部屋の扉が開き、みくるが勢いよく飛び出してきた。
みくる 「あ!ジュン君!!ひぁぁぁぁ・・・・!」
ジュン 「うわ!みく姉ぇ。うわっぷ!」突然視界が真っ暗になった同時に柔らかいものが顔を覆っていた
    そう、階段に向かうジュンに、ちょうど部屋から出てきたみくるにぶつかった。
    普通だったら、ぶつかったら跳ね飛ばされてしまうのだが、みくるはノーブラ。
    ちょうどジュンの頭がすっぽり埋まってしまったのである。
雛苺  「うわぁ!・・・びっくりしたのぉ。あ!みくるもおはよーなのぉ!」みくるの胸の上でその心地良さを楽しむ雛苺
    一瞬の静寂・・・・・・。