※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カチャン。受話器を置く音がリビングに響いた。
ハルヒ「どうしたの?翠星石。暗い顔して。」
翠星石「ジュンが風邪引いて寝込んでるらしいですぅ・・」
アスカ「へぇー・・ジュンが心配?」
アスカとハルヒがにやにやしながら聞いてくる。
翠星石「はい・・すごく心配ですぅ・・・」
ハルヒ「まったくあんたも少しは素直に・・ってえぇ!?」
アスカ「ええっ!?」

ハルヒ「ちょっとあんたどうしたのよ!!」
アスカ「風邪でもひいた?熱あるんじゃないの!?」

翠星石「翠星石はそんなことな」
ハルヒ「そうね!いつも強がってる人でも病気になると弱気になるって言うし!アスカ、救急箱持ってきて!」
アスカ「OK!」
翠星石「いや別にそん」
ハルヒ「いいから病人はぐだぐだ言わないの!」
といいつつ翠星石を抱っこするハルヒ。
ハルヒ「ほらあんたの部屋に行くわよ。静かにしてなさい!」
翠星石「ちょ、ちょっと!待つですぅ!」

翠星石の抗議も虚しくハルヒの言われるがままの翠星石であった・・・・

ハルヒ「ふぅーーーーー。はい。あーん。」
翠星石「あ、あーん・・」
ハルヒ「大丈夫?熱くない?」
翠星石「へ、平気ですぅ。。。それよりとっも美味いのですぅ。」
ハルヒ「それはあたしが腕によりをかけたおかゆだからね!美味しいに決まってるわ!」
パタン。ドアを開ける音。
アスカ「はいはい。ハル姉は料理だけは得意よね。これ薬とお水。ご飯たべたら飲むの忘れないでね。」
ハルヒ「ちょっとそれはどういう意味?だいたいあんたは」
アスカ「あーいいから翠星石は薬飲んだらゆっくり寝るのよ?ほらハル姉。うるさくすると悪いから」
ハルヒ「そんなのわかってるわよ!いい翠星石!ちゃんと休んでないとおしおきだからね!」

翠星石「・・お姉たちのほうが病気なのですぅ。」
翠星石(でもたまには悪くないですぅ・・・)