※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石ですぅ。
今日は、久しぶりに天気が良かったから庭の草花の手入れをしてるですぅ。
気分が乗ってきたので鼻歌を歌っていると、ルリルリがこっちを見てるですぅ。
洗濯中ですかね?
翠「こんにちはですぅ、ルリルリ!」
   こないだのスーパーでは、先に挨拶されたから今度はこっちから挨拶してやったですぅ。
   別にお話がしたかったわけじゃないですよ!?、ただ近所づきあいもたまには大切と思ったていうか・・・
ルリ「こんにちは、翠星石さん!
   楽しそうですね、何をされているのですか?」
  またあの笑顔ですぅ。
翠「庭のお花に水をあげてたですぅ。ルリルリはお洗濯ですか?」
ルリ「ええそうです、ここのところ曇りの日ばっかりで、
   たまりがちになってましたから」
   !?なんと偉いやつですか!うちでは洗濯物が山を築くほどに積み上げられてから
   誰が洗濯をするのか、姉どもの凄い理不尽な言いあいが始まるですのに・・・
   ちなみに、翠星石のドレスはのりに洗濯させてやってるですぅ。
   まあしょうがない、ここはひとつ、この翠星石が手伝ってやるですかぁ!!!
翠「た、大変そうですねぇ、これが終わったらそのぉ・・・・ 
   て、手伝ってやらんこともないですよ?」
   うぉ!?言いたい事と別の言葉が出てきやがったですぅ!?
   これも姉どものツンデレぷりのせいですぅ。

ルリ「大丈夫ですよ、これくらいなら一人で何とかなりますから」
   ここは、勇気をだして素直に言うですぅ!! 
翠「え・・遠慮なんかするなですぅ・・と・・友達なんですから」
   うぅ、今度の笑顔はハル姉に並ぶぐらいのもの凄い破壊力ですぅぅぅぅ!!!
   タイプはかなり違うですけど
ルリ「それじゃあ、その・・・お願いします」
   ふう、最初っからそういえばいいのですぅ。
   それからルリルリと話しながら洗濯物を干すのを手伝ったですぅ。
   翠星石が姉どものことを話すたびにクスクス笑いながら、『翠星石さんは、ほんとにお姉さんたちが
   好きなんですね』なんて言ってくるですぅ。そんなん、人前で言えるかですぅ。
   それから、これからもたまには庭で話すことになったですぅ。
   こんどは、家に入れてスコーンと紅茶でもご馳走してやるかですぅ
   そんなこんなでだいぶ時間が過ぎたから帰ることにしたですぅ。
翠「それじゃあ、翠星石はお家に帰るですぅ」
ルリ「あっ、待って翠星石さん」
翠「なんですか?」
ルリ「・・・」
   呼び止めておいて何も言わないとは変ですね?
   素直が標準装備の『クーデレ』のルリルリが・・
ルリ「あの・・翠ちゃんって呼んでもいいですか?」  
   意外な言葉が出てきやがったですぅ。
翠「も・・もちろんですよルリルリ」
   な・・・何て言うかちょっと、こそばゆいですぅ
ルリ「それじゃあ、またね、翠ちゃん」
翠「またですぅ、ルリルリ」

アスカ「たっだいま~~~。う~んいいにおい、翠~?スコーン焼いたの~?」
翠星石「スコーンだけじゃないですぅ、なんと今日はクッキーも焼いたのですぅ~」
アスカ「ウワォ!おいしそーじゃない?」
翠星石「あっ、つまみぐいは駄目ですよ!ハル姉がかえってきてからみんなでたべるですぅ」
アスカ「んもぅ、ケチくさいんだから・・・」
ハルヒ「ただいまー、あらいい匂い」
アスカ「ハル姉早く来てよー、翠がハル姉が来るまで食べさせてくれないんだからー」
ハルヒ「はいはい、あら翠、今日はクッキーまであるじゃない、あんたクッキーなんて
    今まで焼いたことあったっけ?」
翠星石「?今日が初めてですぅ」
ハルヒ「何かいいことあったんだ?」
    ギクッ、何で分かったんですかぁ!?
アスカ「どーしてそーなるわけ」
ハルヒ「翠が新作に挑戦するのは決まって機嫌のいいときだからよ!!」
アスカ「ふーん・・ジュン君?」
翠星石「チビ人間はかんけーねーです」
アスカ「じゃあ、お隣のルリちゃんだ」
    ギクギク、恐るべきです。お姉たち
ハルヒ「とりあえず、はやくいただきましょ」
ハルヒ&アスカ「いっただっきまーす」
アスカ「おいしー、翠あんた天才!!」
    頭をなでなでしながらクッキーをほうばってやがるですぅ。
ハルヒ「あんたみたいな、妹もてて、ホンット幸せ!!!」
    こんどは、ほっぺにすりすりしてきやがったですぅ
    これぐらいで喜びやがってほんとにしょーもない姉どもですぅ。  
    でもまあ、今度ルリルリの前で、大好きだって言ってやらんこともないですぅ・・・