※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何?ハルヒ達の家に住みたいだって?
勘弁してくれ、趣味嗜好というのは人それぞれだと思うが
結果として後始末をやらされるのはSOS団、ひいては俺にお鉢が回ってくるのだから。
だが、どうしても譲れないというなら妥協案を提案しよう。
もっとも、この案はSOS団で意見を募った結果ではない
完全に俺の独断だ。
何故かって?そんなもの団員の連中の反応を見るまでもないからさ。
古泉はニヤニヤと笑い、朝比奈さんはおろおろとして、
長門はいつも通りの無表情なのだろう。
つまり何が言いたいのかというと、俺がハルヒの家に泊まりに行けばいいのさ。


TEEEEL
ハ「!キョンから電話だわ」
ハ「もしもし?珍しいわね、アンタからかけてくるなんて」
ハ「…え?親御さんと妹ちゃんが出掛けるからご飯が明日までない?」
ハ「費用は払うから飯食わしてくれですって?アンタあつかましいにも……いいわ、その変わりに今日はうちに泊まること!
ハ「…な、なにいってんのよ!アスカも翠もいるんだから、誤解しないでよね!」
ハ「いい、7時までにくること!遅れたら死刑!」
ぶちっ

ハ「まったく世話の焼ける…て、二人ともなによ、そんなニヤニヤして」
ア「ふふ~ん?別に~?」翠「ですぅ」
ハ「…いいたいことがあるなら言いなさいよ」
ア「別にないわよ~?あ、そうだ!今日はミサトのうちに行こうかなあ~」
翠「翠もたまにはチビ人間にかまってやらないとかわいそうですぅ~」
ハ「ち、ちょっ!何気聞かせようとしてんのよ!キョンとはそ、そんなんじゃないんだからね!」
ア・翠「へえ~?ですぅ?」

こんなやりとり妄想した