※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日、家に帰ってダイニングに入ると、電子レンジの前に翠がいた。その手には卵らしきものが。
「ゆっでたっまごをつっくるですぅ~♪」

だあぁっ!翠のバカ!この前爆発させてたのを忘れたの?
「あ、アス姉おかえりです」
早く卵を出しなさい、危ないでしょ
「フッフッフ、翠星石を見くびらないでほしいです、ローゼンメイデンは同じ過ちを繰り返す人類とは一味違うですよ?」
どこのセリフを引用したのか知らないけど、そんな事より卵を出しなさい
「大丈夫です、ちゃんとラップに包んでるです」
え?ラップに包むと大丈夫なの?
「翠星石の思いつきですぅ」
腰に手を当てて胸を張ってそう言う妹。・・・アンタバカァ?アタシは眉間に指を押し付けてそうつぶやいた。
「ほらでも、爆発しないですよ?」
確かに、普通に入れただけだと爆発するであろう時間が経っても、爆発しない。もしかして本当に効果があるのかしら?
アタシがレンジの中の卵を見つめていると、
「これは翠星石の分です、欲しかったら自分で作るですよ」
そんなに浅ましくないわよ、アタシは。

チーン
「でっきたっですぅ♪ゆっでたっまごっです~ホッホッホ~おいしそうですぅ」
どう見てもただのゆで卵だ。でも翠は自分の思いつきがうまくいって嬉しかったのだろう。
アタシに見せ付けるようにゆで卵をレンジから取り出した。
「ふっふ~ん♪お塩を忘れてたです、ゆでたまご、おとなしく待ってるです」
食卓の上にゆで卵を置いて、キッチンに戻ってきた翠。
なんかアタシも小腹が減ってきたな、なんて思って冷蔵庫の中を覗いたその時

ボン!

何が起こったかわからなかった。翠も同じように呆けている。
「ただいま~!今日ネットをいじってたら面白そうなの見つけちゃったのよ~♪卵、卵・・・あれ?」
ハル姉の声。リビングに入ってきたらしい。
「お、おかえりですぅ」
翠がアタシの後ろに隠れながらハル姉に挨拶をした。怒られると思ったからだろう。
「ちょっとちょっと!これ、どういう事よ!」
「ひ、ひいぃぃ~」
ハル姉がこっちに来た。こら翠、もう観念なさい。アタシも謝ってあげるから。アタシが止めなかったのも悪かったし。
「だったら姉らしくドーンと1人で罪を被って欲しいですぅ」
・・・こいつは。

「ねえ!これ、やっぱりラップに包んで作ったの?どんなだった?ねえ、どっちが作ったの?」
?ハル姉あんまり怒ってない。それどころか目が輝いてる気がする。
「わたしもちょうどね、さっきネットで面白いのを見つけたの!ラップで包んで卵を暖めると、レンジの中で爆発しないで時間差で爆発すんのよ!
 レンジが部室になかったから家で作ろうと思って」
う~む、なんだか話が読めてきたわ。
ほら翠、ハル姉は怒ってないから説明なさい。
「翠星石が前回の失敗を踏まえて、ラップで包んで作ったです・・・でも爆発は想定外ですぅ」
顔を半分だけ出して翠が説明する。おとなしいとカワイイわね
「そうなの?2人とも卵から離れてたから、知ってて作ったのかと思っちゃった。
 あっはっは♪それにしてもさすがわたしの妹ね!同じ事を思いつくなんて。
 ほら、片付けましょ、アスカも。それでもう1回作りましょっ!」
両手を広げてハル姉は言った。
「ひいぃ、もうゆで卵はごめんですぅ」
またアタシの後ろに隠れる翠。スカート引っ張らないでよっ
「・・・そ、まあいいわ。結構すごいみたいだし。じゃあ片付けましょ、掃除機持ってくるわ」

そう言って、ハル姉はリビングを出て行った。
やけにあっさり引き下がったわね。きっと後でSOS団で作るんだろう。キョンさん達ごめん。
翠、片付けるわよ。
「アス姉、翠星石は急にラップで包む事を思いついたです」
翠はアタシのスカートを握ったままそう言った。
「やっぱりハル姉の」
ストップ、偶然よ、偶然。翠は翠でしょ?とにかく、今度からはゆで卵を作る時は素直にゆでなさい。いい?
「う~!ツンデレのアス姉に素直になんて言われたくないですぅ」
さっきまでの脅えはどこへやら、性悪の顔に戻った翠。
かわいくない妹だわ全くっ!誰に似たのかしら!・・・しまった、コレを言うと
「ハル姉とアス姉に決まってるですぅ~♪」
そう言ってアタシから離れていく翠。待ちなさい!
「待てと言われて待つのは阿呆の極みですぅ」
こうして追いかけっこをしてしまって卵の残骸を余計に散らかし、掃除機を取って戻ってきたハル姉に2人そろって怒られてしまった。
ここにいると、飽きない。
そう思ってから、アタシもハル姉に似てきたんだな、と思った。

※ラップに包んで卵を温める行為は危険なので、絶対にマネをしないでください