※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある休日、翠星石はいつもより遅く起きると、家に誰もいないことを確認する。

「あれ…なんであの姉共いねぇのですぅ?」

はぁ、とため息をつき、なにか食べようとテーブルへ…すると、何か紙が置かれていた。

「ん…なになに、『翠へ、起きるの遅いわよ!私たちはちょっと公園で遊んでくるから、ご飯食べたらさっさと来なさい!』」

全く…姉のくせに妹ですぅ。と小さく呟くと置いてあったものを食べ始める。
全て食べ終わるのに、そう時間はかからなかった。量が少なかったのか、遊ぶのが楽しみだったのかはわからない。

「さぁて、子供のような姉のもとへ行ってやるですぅ!」

ドアを開ける。すると、一瞬ぽかんとして、とても楽しそうに走る。
公園は家の近所のため、走れば五分くらいで着くだろうか。


………
公園に到着する翠星石。


「ハル姉!アス姉!来てやったで…うぅっ!」

「来たわね!これは遅刻の罰よっ!」

「そうね!お・ね・ぼ・う・さ・ん!」

ここで状況を説明しよう。場所は家付近の公園。人の姿は三姉妹以外はないようだ。だが、いつ見ている風景は真っ白。つまり、雪が降ったのだった。ちなみに、さっきのは雪の玉。顔面にヒット。

「うぅぅ…つめてぇのです…やりやがったですね!!!」

「さぁ!三姉妹三つ巴雪合戦の始まりよ!」
当たり前と言うべきか、雪合戦はアスカが優勢だった。ハルヒと翠星石はどっこいというところか。

「ふぅふぅ…アスカ…やるわね…」

「当たり前でしょ!これでもエヴァのパイロットなんだから!!」

何故か一対一の勝負になっている雪合戦。理由は…

「ほら!見やがれですぅ!おっきな雪だるまなのですぅ!」


「………おっきな?アンタねぇ…それ、アンタより少し大きいくらいじゃない!?」

「…そうね。じゃあ!私たちも作るわよ!雪だるま!いいわね、アスカ!」


こうして、少し大きいくらいかな?という雪だるまと、まぁまぁ大きいな。という雪だるまが二つ公園に残された。


………


「そういえば翠、こんなに雪が降るなんて初めてじゃない?」

「そういえばそうなのですぅ。何者かの陰謀すら感じさせる程の雪の量だったのですぅ。」

「二人ともなに話してるのよ!?ほら、ご飯できたわよー!」

「まさか…ね。」


そんな雪の日。