※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フリーマーケットで誤ってアンティーク・ドールのマニアに
翠が売られてしまい、
ハルヒとアスカが回収しにいくが玄関を出たらnのフィールドになっていた。
意を決してnのフィールドに飛び込んだハルヒとアスカが見たのは、
今まさに、きらきーに頭から食べられそうな翠だった。

「ひっ、やめろです!食べちゃいやですぅ!ハル姉、アス姉助けてですぅ!」


「翠!」
「大丈夫!?…って」
「あ、ハル姉、アス姉!助けてです~~!!」

「はぐ…はぐ…」
「すご…」
「蛇みたい…」
「何を感心してるですかあ!既に翠星石の脚はこいつの胃袋に納まっちまってるですう!
 早く引っ張って引きずり出してですう!」

「そ、そうね。アスカ、あんたそっちの腕掴んで!掴んだら一気に引っ張り出すわよ!」
「オッケー!いち、にの、さん!」

ずるずるずる.....

「い、一体どこまで飲み込んでんの・・・?」
「でももう少しよ、頑張って翠!」
「ああ…これでやっと解放され…」

      ぺろん

「!?ひゃううっ!」
「!?ど、どうしたの翠!!大丈夫!?」
「って、そのからまってるものは…!?」
「こ…こいつの舌みたい…です…!変なとこ…なめて…ひああっ!」

「もぐ…ぺろ…もぐ…ぺろ…もぐ…」
「あっああ!?そんなとこ…なめるな…ですう!…ひゃう!」
「「………」」


「ひあっあ…だめ…そんなになめちゃ…ひいんっ!……って、二人とも何顔真っ赤にして固まってるですかあ!!
 また飲み込まれてってるですう!!」

「だ、だって、翠、あんな…」
「あんな色っぽい声出すなんて、意外…」
「な、な、なに変なとこに感心してるですかこの初心のド奥手姉どもー!
 あ、ああ、もう腰まで飲み込まれてるですう!助けてー!」

「の…飲み込む力がさっきより強…引っ張り出せない…!」
「このままだとあたし達まで飲まれ…」
「だだ、大ピンチですう~!」

「!そうだ、あたしに秘策があるわ、アスカ、ここは何とか持ち堪えて!」
「ええ!?って行っちゃったし!あたし一人じゃ…!」
「ア、アス姉!手を離すです!このままじゃアス姉まで食べられちゃうですう!」
「!なにバカ言ってんの!アタシは飲み込まれたってこの手を離すつもりはないわよ!」
「アス姉…!」



「アスカ!翠!大丈夫!?」
「ハル姉、何しに行ってたの!?」
「最終兵器の作り置きがあったの思いだしたのよ!さあ、そこの胃袋底無し人形!これを見なさい!」
「!?」
「この花丸ハンバーグが欲しければ、翠を離すのよ!」
「ハ、ハル姉!いくらなんでも食い物で釣れる訳が…!」

「…!……!」
「…って、物凄い迷ってる!目がキョロキョロしてる!」
「……」

 …ぺっ
   どさ

「あう!」
「翠!」

「離したわね…、さあ、さっさとこのハンバーグを持って出て…」
「…月に一回…」
「へ?」
「月に一回…それを食べたい…でないと…」

  ちらり

「ひっ!」
「…あの子を食べちゃいそう…」
「わ…わかったわ、月に一回よ。」
「本当?嬉しい…お姉さま…♪」
「!!!て、て、てめー!!勝手にハル姉の姉妹気取ってんじゃねえですう!」

  じろり。

「ひいいい!」

「…あんまり怖がらせないでよ、大事な妹なんだから。」
「はーい、お姉さま…♪じゃあ、また…」

「い、行ったですう…」
「嵐のような奴だったわ…」
「ハル姉みたい…ベクトルは違うけど…」

「…で、あいつにハンバーグ作ってやるですか…?」
「約束した手前、しょうがないわね…」
「納得いかねーです!何でこっちに急襲をかけるようなやつにハンバーグなんか…」
「その日はあたし達も花丸ハンバーグの日って事にすればいいじゃない。
 …それに、翠がいなくなるより何百倍もマシよ。」
「そうそう。翠がいないと張り合い無いし。いいじゃないの、ご馳走の日が増えたって事で。」
「…ハル姉…アス姉…二人とも……ありがと、です…」
「「ん、よろしい。」」


「…ところで、翠。」
「?なんですか、アス姉?」
「あんた、さっき私達になんか言ってたわよねえ?」
「!!ななな、なんのことですかあ?翠星石にはなんのことだかさっぱりですう。」
「そーそー、初心とか、奥手とか好き放題言ってくれてたわねえ…」
「いや、ハル姉、あの、その、あの、いや、あれは」
「…どうやらお灸が必要なようね。だーれが初心ですってえ?」
「どこのどなたがド奥手なのかしら~~~?」
「……………こ、これじゃ、雪華綺晶に飲み込まれるのと同じようなもんですう…」

終。