※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「さぁ、今年も残すところ後僅かよ!アスカ、年越しに食べるモノと言えばなに?」
アスカ「え?う~ん・・・おもち?」
ハルヒ「はい違う!それは正月!罰ゲーム1!じゃあ翠、年越しに食べるモノは?」
翠星石「ふぇ?え~とえ~と・・・・ケーキ?」
ハルヒ「それも違う!もうクリスマスは終わったでしょ!翠も罰ゲーム1!」
アスカ「なんなのよ~。」
翠星石「横暴ですぅ~。」
ハルヒ「あんたたちほんっとわかってないのね~。年越しと言えば蕎麦よ、蕎麦!」
アスカ「お蕎麦~?」
翠星石「なんでお蕎麦なんですかぁ~?」
ハルヒ「年越し蕎麦にはね、「細く長く達者に暮らせることを願って」とか
他にも色々由来があって・・・・あーもうとにかく年越しには蕎麦を食べるのよ!」
アスカ「ふーん。日本ってそういう風習多いわよね~。あたしは別にいいけど。」
翠星石「翠星石も異論はねーですぅ。」
ハルヒ「よーし、じゃあ早速・・・・って言っても今から準備するのもなんか面倒
だし、どっか食べに行きましょう。」
翠星石「あっ、ソバなら翠星石が良い店知ってるですぅ。」
アスカ「なんでほっとんど家から出ないあんたが蕎麦屋なんて知ってんのよ?」
翠星石「む~、この前ルリに教えてもらったんですぅ。なんでも凄い美味しいらしいですよ?」
ハルヒ「へー、じゃそこに行ってみましょう。案内は頼んだわよ?」
翠星石「まかせるですぅ。」


アスカ「・・・・翠・・・・さっきから同じところ行ったり来たりしてる気がするんだけど?」
翠星石「お、おかしいですねぇ。確かここを真っ直ぐ行って右に・・・・」
アスカ「あんたねぇ、せめて地図かなんか用意しときなさいよ!」
翠星石「なに言うですか!アス姉が無駄に急かしやがるから・・・・」
ハルヒ「・・・ねぇ翠、店ってもしかしてあそこの屋台?」
翠星石「え?・・・あー!そうですぅ!やっと見つけたですぅ。」タタタッ
アスカ「・・・ねぇハル姉、あたしの目にはラーメンの屋台しか見えないんだけど・・・」
ハルヒ「ま、確かにソバはソバね。」
翠星石「何やってるですかぁ?早くするですぅ!」

アキト「へいらっしゃい!あれ?君達はたしか・・・」
ハルヒ「ああ、アキトさんの屋台だったのね。」
アスカ「へーここが噂の・・・」
翠星石「美味しい年越しソバを3丁!ですぅ。」
アキト「へいまいどっ。ちょっと混んでるけどこっちへどうぞ。」
ハルヒ「?・・・あらっ?有希じゃない?」
アスカ「げっ、ファースト!?」
翠星石「ルリじゃないですかぁ、久々ですぅ。」
レイ「・・・・・(ズルズル)」←目線だけアスカへ
有希「・・・・・(ズルズル)」←目線だけハルヒへ
ルリ「(ズズーッ)あ、こんばんわ。ハルヒさんにアスカさんに翠星石。」
翠星石「こんばんわですぅ。ルリたちもここで年越しソバですかぁ?」
ルリ「はい、ウチの姉達がどうしてもと言うので・・・」
レイ「何を言ってるのルリ・・・あなたがどうしても彼に会いたいと言うから・・」
有希「・・・そう、私とレイ姉は何も言っていない。」
ルリ「わー!な、何を言ってるんですか二人とも!私はそ、そんなこと・・・(///)」
アキト「?」
アスカ「へ~、ルリちゃんもなかなかやるわねぇ。」
ハルヒ「これは私達も負けてらんないわね!というわけで翠、最近ジュン君とどうなの?」
翠星石「な、なんでそこで翠星石に振るんですかぁ~!」


アキト「一気に賑やかになったなぁ」


そんな年の瀬