※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「翠星石、あんたお化粧したことある?」
翠星石「え!?う、うんありますよ?でも私の顔はお化粧必要無いのですぅ」
アスカ「嘘ね。あんた化粧道具持って無いし雑誌だって見ないでしょ」
翠星石「うぐぅ」
アスカ「やっぱりね、オコチャマープフッ!」
翠星石「オコチャマじゃないですこのメンヘル姉!翠星石は太平洋戦争のガ島上陸作戦にもry)

ハルヒ「じゃあお化粧してみる?」
翠星石「ふぇ?」
ハルヒ「お化粧するとね、すんごい変わるわよ!あんただって素材いいんだからどんな男もイチコロよ!」
アスカ「うんうん、美しい化粧はオトナの女性への第一歩!やってみなさいよ!」
翠星石「あの……ジュンでも………見直してくれるですか、ね…………?」
ハルヒ・アスカ「もっちろん!!」
翠星石「や……やってみるですぅ!!」

ハルヒ「はーい目つぶってー」
翠星石「ハル姉コレは?」
ハルヒ「エプロンよ!お洋服汚さないようにね!」
アスカ「はーいはまずはファンデーションからー」
翠星石「………何かエラい厚く塗ってないですか?」
アスカ「んん?お化粧なんてこんなもんよ?分かっちゃ居ないわねー」
    「ナチュラルに見えても実はスゴい塗りたくってんだから!」
ハルヒ「はーい次はアイシャドウよー」
翠星石「………あの、なんでアイシャドウなのに口とかアゴにまで筆が行くですか?」
アスカ「大丈夫よ!このアイシャドウは口紅兼用なんだから!」
ハルヒ「はーいじゃあカツラもつけましょー」
翠星石「あの、翠星石は髪の毛の量多いからあまり付け毛は……」
アスカ「何言ってんの!あんた結構クセ毛なんだからイメチェンにはカツラよ!」

ハルヒ「はいできあがり~!」
アスカ「おおお~────!!凄いじゃないププッ」
翠星石「?何で笑うですか?」
ハルヒ「いやいやいや!そうだ、アクセサリーとしてコレ持って!」
翠星石「??何ですかこの真っ赤なギターは?変な形して持ちにくいですよ?」
アスカ「ソレを歯で齧りなさい」
翠星石「はい?」
ハルヒ「いやいやいや!!そうそう、コレで男を悩殺する台詞言ってみなさい!」
翠星石「ええ!?────…えーと、例えば何て言えばいいですか?」
ハルヒ「そうねー、SATSUGAIせよとかファックを秒間16回繰り返すとか」
翠星石「…はい??」
ハルヒ「しょうがないわねー、じゃあ男を虜にする仕草よ!ほら、アスカを男と思って」
翠星石「………う?こうですか?何で頭とあご下をなでるんですか?」
ハルヒ「で、こう言うのよ。”べぇ~、べぇ~べぇ~”」
アスカ「シバくわよハル姉」
翠星石「……はい???」

ジュン『ガチャ』「あのー………?スイマセーン」
ハルヒ「お!来たわよ翠星石!さあ大変身した貴方を思う存分見てもらいなさいっ!!」
翠星石「は、はいですぅ!!    ………────ジューン!どうですか翠星石~!!」
ジュン「!!!!!?」
翠星石「………ジュン?」
ジュン「うわああああああっ御免なさいクラウザーさん────っ!!!」『バタンッ』
翠星石「ジュン!?何でですか?どうしてですか────……     ……」
     「………        …………   ……」

ハルヒ「あ」
アスカ「……鏡」
翠星石「…………………………ふぉるあry)」
省略されました………続きが読みたい場合は9秒前の白で蒼星石と漫才してください