※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハ「ねえ、アンタ達、サンタクロースに何もらいたい?」
ア「・・・はあ?」
翠「ハル姉がこんなに子どもだったなんて、翠星石も驚きですぅ」
ハ「アンタらねえ・・・」
ア「お姉、アタシも今回は翠の味方よ。サンタなんかいるわけないじゃーん」
翠「そーですぅ、おとといきやがれですぅ」
ハ「いるわよっ!いるかもしれないじゃない!」
ア「じゃあ証明してよ、いるっていうしょ・う・め・い!」
ハ「なによ、そっちこそいないっていう証明、してみなさいよっ!」
翠「ハル姉、それは逆ギレっていうんですよ?」
ハ「うるさーいっ!いるったらいるの!!わたしはただ単に・・・もう知らないっ!」
バタン!
「あ、アス姉、ハル姉が出てっちゃったですぅ・・・」
「そ、そんなの知らないわよ、そうよ、ちょっと頭を冷やしてくればいいのよ!」

シャンシャンシャンシャン
ア・翠「「??」」
翠「あっ!アス姉後ろですぅ!」
ア「へ?・・・やだ、ウソ」

ガララ スタッ
サ「メリークリスマース、アスカさんに翠星石さん」
ア・翠「「!!」」
ア「・・・ふ、フン!ちょっとアンタ!そのニヤケ顔、どうせただの変質者でしょ!そんなかっこうしてもだまされないわよ!翠!」
翠「はいですぅ!」

グイグイ
サ「イタタ・・・これこれお嬢さん、年寄りをいじめる悪い子にはプレゼントはあげませんよ?」
翠「あ・・・ひ、人質をとるなんて卑怯ですぅ、もうやめるから、早く人質を返しなさいですぅ」
サ「ハハハ・・・どうぞ」
ア「こら、翠!知らない人から物をもらっちゃいけませんって言ってるでしょ!」
翠「し、知らない人じゃないですぅ、アス姉は大学まで出ててサンタクロースを知らないのですか?大学って所は何を教えてやがるんだって感じですぅ」
ア「ちょ、アンタ信じちゃったの?」
翠「だってここにいるですぅ」
ア「アンタバカァ?」
サ「その辺にしておいてください、時間がありませんので。アスカさんにも、コレを」
ア「いらないわよっ、んなもん!」
サ「まあまあ、開けてみてください」
翠「あっ!翠星石の分には紙切れ1枚しか入ってないですぅ!」
ア「!!やっぱりだましたのねっ!翠、どいて!アタシが追い出してやるわ!」
サ「落ち着いてください、今日はまだクリスマスじゃありません、欲しい物を聞きに来ただけなんですよ」
ア「うるさいっ!女だからってなめないでよね!翠はアタシが守るわ!」
サ「・・・仕方ありませんね、目的は果たしました、今日は帰りましょう。トナカイ君、助手君、行きますよ」
助「・・・わかった・・・・・・」
ト「・・・・・・」
ア「逃がすかっ!」
翠「アス姉、危ないですぅ!」
ア「!!」

シャンシャンシャンシャンシャン
翠「あ・・・飛んでる、ですぅ」
ア「ウソ・・・」

ア「見えなくなっちゃった・・・」
翠「や、やっぱり本物だったんですよぅ!翠星石の紙はどこですか?早く書かないとですぅ」
ア「ちょっと翠、アンタまだ」
翠「アス姉、書かないならアス姉の紙にも翠星石の欲しい物書いてもいいですか?」
ア「ばっ、ダメよ!アタシはアタシで書くから」
翠「でもアス姉は信じてないんですよね?だったら」
ア「いいのっ!七夕みたいなもんだと思えばいいのよ、だからアタシは自分で書くの!」
翠「ぶーっ、アス姉はケチンボですぅ、翠星石は欲しい物がいっぱいあるのに」
ア「ひとつにしなさい・・・あ、そうだ、ハル姉!」
翠「はっ!すっかり忘れてたですぅ!」
ア「探さなきゃ!」
翠「はいです!」
ア「翠、早く早く!」
翠「待ちやがれで・・・ハル姉っ!」
ア「え?あ・・・ハル姉っ!・・・も、もうっ!どこ行ってたのよ!」
ハ「・・・ち、ちょっと散歩よ、アンタ達は何よ」
翠「そんなかっこうで散歩する人はいないですぅ!」
ハ「う、うるさいわね、コレがわたしのスタイルなのよ、文句あんの?」
ア「ハル姉」
ハ「何よ」
ア「サンタクロースの件、譲歩するわ」
ハ「え?」
翠「ホンモノを見たんですぅ」
ハ「な、なんですってえぇ!?」
ア「バカ翠だまってて、確かに赤い服を着てヒゲを伸ばしたのがうちの2階に来て、空飛ぶソリで消えて行ったことは認めるわ」
ハ「本当なの?アスカっ!」
ア「でも自分がサンタだとは言わなかったことも事実よ」
翠「見ればわかりますぅ」
ア「翠、アンタどっちの味方よ!」
翠「翠星石はサンタクロースの味方ですぅ」
ア「・・・はぁ・・・とにかく、その、コレ」
ハ「何?」
翠「何って、ハル姉のコートとマフラーですぅ」
ハ「それは見ればわかるわよ、アスカが何か言いたそうだから」
ア「・・・もういいわっ!風邪ひかれたら看病すんのはアタシ達なんだからねっ、だから・・・ごm一緒にかえろ?」
翠「お互いこういう時くらい素直になりやがれですぅ」
ハ「プッ、アハハ・・・ご一緒に帰ろうって何よ・・・ま、まあ無駄な貸しは作りたくないわね、今日のところは帰ってやるわ」
翠「ホントに素直じゃない性格はややこしいですぅ」
ハ・ア「「翠には言われたくないっ!」」


ア「そうだ、あのヒゲから欲しい物を書けって紙をもらってたんだった」
ハ「それほんとっ?!どこにあるの?」
ア「ハル姉の机に置いてあるわよ」
ハ「でかしたわアスカっ!未知の物質でできてるかもしれない!明日は早速鑑定ねっ!」
ア「あっ、ちょっと、翠を置いてくの?」
ハ「暖めついでに走るわ!先に帰ってるわよ!」

翠「・・・ハル姉が元気になってよかったですぅ、でもハル姉の分の紙はなかったはずですぅ」
ア「ま、まあ、アタシは翠と違って謙虚だから、1つ書いたら余っちゃって、ね」
翠「それで残りを切ってハル姉に、ですか?」
ア「そ、その方が効率いいでしょっ!」
翠「翠星石も今日は勉強になったですぅ、サンタクロースがいる事と、トナカイの鳴き声、ですぅ」
ア「・・・アタシはまだ完全には信じてないけどね・・・って、トナカイの鳴き声?」
翠「アス姉、ホントに大学出てるんですか?」
ア「ど、ど忘れよ、で?なんて鳴き声だったっけ?」
翠「小さくて聞こえにくかったですが」
ア「うん」
翠「あれあれ?ありあり?みたいなのでしたですぅ」
ア「・・・何それ」
翠「さあ、ですぅ」