※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(ピンポーン♪)
?「こんにちは」

ハルヒ「はーい……って、あなた誰?」
巴「あ、すみません。桜田君の幼なじみの巴と申します。雛苺が翠星石に会いたいって言ってたので、訪問を…。」
ハルヒ「桜田君って…ああ、ジュン君のことね!翠の知り合いなら気をつかうことないわ。さっ、どーぞどーぞ♪翠ー!お客さんよー!」
翠星石「誰ですかぁ~?って、ちびちb(ry」
雛苺「わーい!翠星石なのー!久しぶりなのー♪」
翠星石「ちょっ、いきなり飛び付くなですぅ!確かに…久しぶりですけど。」
雛苺「でしょー!ほらぁー、一緒に遊ぶのー♪」
翠星石「うーん。いつもなら遊ぶところですけど…、今日はのりのガーデニングの手伝いをするって約束しちまったですぅ。ちびちびには悪いですけど、ちび人間のところに行かなきゃいけないのですぅ。」
雛苺「そうなの~?でも、仕方ないの~。なら、いってらっしゃいなの~。」
翠星石「行ってくるですぅー。」

(バタンッ…!)

ハルヒ「翠は用事があったみたいね…。まあゆっくりどうぞ。」
巴「はい、ありがとうございます。」
雛苺「えっと、えっと…。」
ハルヒ「あたしはハルヒよ。あっちにいるのが、妹のアスカ。」
アスカ「……。」
雛苺「ハルヒ、ありがとなのー♪」
ハルヒ「ジュン君と同い年なのかしら?」
巴「はい。」
アスカ「…………。」
ハルヒ「なら、アスカと同い年かしら?アスカと違って大人しくて可愛いわー。」
アスカ「ふっ。言うと思ってたわよ、ハル姉。」
巴「いえ、そんなこと…。」
雛苺「ねーねートモエー。今日アレ忘れてたのー。」
巴「あ、いっけない!アレを忘れてたわ!すみません。少しの間、この雛苺のこと見てやってもらえますか?」
ハルヒ「ええ、いいわよ。」
アスカ「またなんかえらく子ども子どもしてる子ね…。」
巴「雛苺、ちょっと待っててね。」
雛苺「巴もいってらっしゃいなのー。」

(タッタッタッ……バタンッ)

アスカ「『アレ』って何かしら?」
雛苺「『アレ』は…うにゅーなのー♪白くて黒くて赤くて丸くて、んで甘くてふわぁーっとしてるの~♪」
ハルヒ「…。」
アスカ「……ねえ、ハル姉。」
ハルヒ「………思っていたよりも、手強いわね。」

雛苺「んとねー、まず白いのー。」
アスカ&ハルヒ「ふむふむ。」
雛苺「それから次にー黒いのー。」
アスカ&ハルヒ「ふむふむふむ。」
雛苺「最後に赤いのが来るのよー♪ヒナこれ大好きなの~!ジュンがすぐわかってくれて嬉しかったの~♪」
アスカ&ハルヒ「ふむふむふむふむ………。」
アスカ「………ねえ、ハルn(ry」
ハルヒ「分からないわ……。ジュン君って、所々タダ者じゃないわね。」
ハルヒ「ええっと雛ちゃん…?もうすぐくんくんが始まるわよ…?」
雛苺「ふぇ?…忘れてたのよー。ありがとなのー♪」

ハルヒ「よし!シンキングタイム、ゲットだわ。」
アスカ「流石だわ、姉者。」
ハルヒ「……姉者?」
アスカ「あ、なんでもないわよハル姉。それより何かしらね、うにゅーって?」
ハルヒ「軍艦巻きかしら…?」
アスカ「白黒が逆よ、それに甘くないわよ。」
ハルヒ「甘くないわね、この謎も……。」
アスカ「誰が上手いこと(ry」
ハルヒ「(ryって……?」
アスカ「……なんでもないわよハル姉。甘い、か……お菓子かしら?」

(ピンポーン♪)

ハルヒ「ゲームオーバーね……。」
アスカ「やられたわ……。」


巴「すみません、ご迷惑をおかけして。雛苺、いい子にしてたかしら?さ、帰ろうか。」
雛苺「帰るのー。お姉ちゃん達、ありがとなのー♪」
アスカ&ハルヒ「いえいえ…。」
巴「じゃあ、失礼しました。ありがとうございます。」

(バタンッ)

アスカ「考えすぎて聞くことすら忘れてたわ…。」
ハルヒ「翠が帰ってきたら教えてもらいましょ…。」
アスカ「いや、翠のことだから『その程度のことすら分からないですか~?このアホ姉共は。さ、知りたいならひざまずくがいいです~。オーホッホッホッ…。』って言うわね。」
ハルヒ「ありえるわ。二人で考えましょ。」

翠星石「ただいまーですぅ。」
アスカ&ハルヒ「お帰り…。」
翠星石「ひっ…!二人とも怖いカオですぅー!カバンに逃げるですぅー!」

アスカ「怖い…?」
ハルヒ「アタシ達、知らず知らずに眉間にシワよせてたみたいね。………もうっ!分かんないったらありゃしないわ!」
アスカ「結局、分からずじまいね…。」
アスカ&ハルヒ「はぁ~あ。」


古泉「閉鎖空間ができてしまいまして…。最近少なかったんですが、今日のはやけに強力なのができてしまいましたね。」
キョン「まあそれを電話で伝えるお前も律儀なこった。長門も長門で『sleeping beauty(強化版)』とか、朝比奈さんも『〈超・白雪姫〉って知ってます?』とかメールが来るしな。」
古泉「頑張ってください。では、僕もやらなくてはならないことがあるので、失礼しますね。」
(プツッ。ツーツー。)
キョン「勘弁してくれよ、まったく……。誰なんだ?いきなりハルヒにそんなにイライラ感を与えたのは。」


雛苺「ふぇっくしょん!」
ジュン「ん?ドールも風邪なんかひくのか?」
真紅「あら、体調管理を怠るなんて……って雛苺のくしゃみ?私達ドールが?」
雛苺「わかんないのー。」


アスカ「分からないわ…。」
ハルヒ「あーもーっ!分からないわっ!アタシ寝るね!おやすみアスカ!」
アスカ「おやすみ、アタシも寝るわ……。」

To be continued……!!⇒