※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おつかいを頼まれるアスカ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

おつかいを頼まれるアスカ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <p>「全く、翠星石のやつ!なんで私がこんなことを…」<br>
 スーパーの食品売り場に、文句を言いながら買い物をするアスカの姿があった。<br>
 
 「買い出しは翠星石の仕事じゃない」<br>
 その買い出し係の翠星石は、今朝風邪を引いたのだ。<br>
 冷蔵庫には、今晩の食材がない。となれば誰かが買い出しに行かなければならないのだが、ハルヒはSOS団の活動だと言って、アスカに全てを任せたのだ。<br>
 
 「ハル姉はキョンって男とイチャイチャしてりゃいいわよ。それでそのまま帰って来ない方が、家が静かになってせーせーするわね」<br>
 
 遠くでハルヒのくしゃみの音が聞こえた。<br>
 「あ~、でもそうなったら食事係いなくなるわね。ま、その辺は翠星石にでも任せればいいか…」<br>
 
 「あれ、アスカ?」<br>
 突然声を掛けられ、ドキッとする。しかもそれはシンジの声だ。<br>
 
 「珍しいね、アスカがこんなところで買い物なんて」<br>
 シンジは人懐っこそうな笑顔で話しかける。<br>
 「は~あ?何?私が買い物しちゃいけないっていうの?」<br>
 
 「いや、そうじゃないけど…」<br>
 アスカにすごまれ、シンジは思わず後ずさりしてしまう。<br>
 
 「アスカが料理って、イメージになかったから…」<br>
 「私を甘く見ないでよね、バカシンジの癖に。料理ぐらいこのアスカ様にかかれば、楽勝よ、楽勝」<br>
 
-大見得を切って見せた飛鳥は、得意気に鼻を鳴らす。<br>
+大見得を切って見せたアスカは、得意気に鼻を鳴らす。<br>
 もちろんアスカは料理なんて一度もしたことがない。だがシンジはアスカの言葉に疑いを持っていないようだった。<br>
 
 「へぇ~。じゃあ家でも結構作ったりするんだ」<br>
-「あ、あったり前でしょ!ハル姉も翠星石も家のこと全然しなくて、私に頼ってばっかりで大変のなんだから」<br>
+「あ、あったり前でしょ!ハル姉も翠星石も家のこと全然しなくて、私に頼ってばっかりで大変なんだから」<br>
 
 ダラダラと背中に流れる汗を感じるが、もう後には引けない。<br>
 
 「アスカは何か得意料理あるの?」<br>
 「な、何だってできるに決まってるでしょ?…ち、ちなみにバカシンジは得意料理あるわけ?」<br>
 
 シンジは「そうだなぁ」と少し考えてから、ハンバーグかな?と答えた。<br>
 
 「好物だから、そうなっちゃうのかもしれないんだけど…」<br>
 
 シンジは笑いながらそう続けた。<br>
 「そう…ま、バカシンジの作るハンバーグなんて、私の足元にも及ばないけどね」<br>
 
 得意げに話すアスカに、シンジは感心して頷いていた。<br>
 「そんなに美味しいなら、今度食べさせて欲しいな」<br>
 この言葉に、アスカの顔が壊れた。<br>
 「バッ!なんでバカシンジに私が料理作らなくちゃいけないわけぇ!?バッカじゃない!!調子乗らないでよね!!」<br>
 
 「ご、ごめん、アスカ!そ、そんなつもりじゃ!!」<br>
 唾の掛かりそうな勢いで怒鳴られ、シンジはただただ平謝り。<br>
 
 そんなシンジの姿を見たアスカは、腰に手を当て、「ま、まあ」と半音高くなった声で言葉を続けた。<br>
 
 「ど、どうしてもって言うなら、気がむいたときに作ってやってもいいけどね」<br>
 
 とりあえず怒りは収まり、ほっとしたシンジは「う、うん。ありがとう」と消え入りそうな返事をした。<br>
 
 <br>
 「ただいま~」<br>
 「ひぃぃぃ~!ハル姉ぇぇ!!」<br>
 ハルヒが帰ってくるなり、涙目の翠星石が抱きついてきた。<br>
 
 とりあえず風邪は治ったようだが、いきなり抱きついてくるとは一体どういうことだ。<br>
 
 一人で心細くて、甘えたくなったというわけではないだろう。それよりむしろ、何か恐ろしいものから逃れてきたような目をしている。<br>
 
 「ど、どうしたのよ、翠星石?」<br>
 「ひぃぃぃ!アス姉のやろうが、翠星石に未知の毒物を食わせようとするですぅ~!!」<br>
 
 「毒物とは何よ!せっかく人がご飯用意してやったって言うのに!!」<br>
 
 ダイニングから皿を持ったアスカが飛び出す。悪臭を放つ物体を乗せた皿を持っているが、それが翠星石の言うところの「未知の毒物」なのだろう。<br>
 
 「それのどこがご飯なんですか!!アス姉は翠星石を謀殺する気ですぅ~!!」<br>
 
 「人聞きの悪いこと言ってないで、さっさと食べなさい、この実験台!!!」<br>
 
 「ひぃぃぃぃ!!」<br>
 アスカは持っていた料理を、翠星石の口めがけて投げつける。とっさに翠星石はハルヒを盾にした。<br>
 
 空を舞ったアスカの手料理は、不運にもハルヒの口内へダイブ。<br>
 
 ごくり、と飲み下されるアスカの料理。<br>
 家の中を、静寂が包む。<br>
 ピクリともしないハルヒを不審がって、二人は恐る恐る顔を覗き込む。<br>
 
 「ハ、ハル姉…?」<br>
 二人が呼びかけた瞬間、バタンと糸の切れた人形のように、ハルヒはその場に倒れてしまった。<br>
 
 「ひぃぃぃぃ!!ハル姉がアス姉に殺されたですぅぅぅ!!」<br>
 
 「そ、そんなわけないでしょ!!じょ、冗談よね、ハル姉!!」<br>
 
 「やっぱり毒物だったですぅ~~!!」<br>
 「いいから早く救急車!!」<br>
 その夜、ハルヒは近くの病院に緊急入院することになった。<br>
 
 <br>
 <br>
 次の日の北高。<br>
 今日は珍しく、ハルヒが休みか。迷惑が服着て歩いてるようなやつだ。たまに教室にいないぐらいがちょうどいい。<br>
 
 これで今日一日は、普通の高校生活が送れるって言うものだ。<br>
 
 とは言ったものの、ハルヒのやつ、病院の人たちに迷惑かけてないだろうな。<br>
 
 それに、見舞いに行かなかったら、それはそれでうるさそうだ。<br>
 
 仕方ない。帰りに様子だけ見に行ってやるか。</p>