大ハッスル!鎧竜限界突破!


子供のためについついハッスルしちゃう親はどこの世にもいるものです
しかしながらそれがグラビモスの場合・・・

個体の特徴

グラビが極太ビーム撃ってくる、しかも反動で後ろに下がってる。
SR以上のハンターにわかりやすく言うならHCグラビの極太ビームを撃ってくるのだが、
こっちは専用モーションで高速でなぎ払うなんてことはしないのでその広範囲攻撃の範囲外を意識する必要がある。
しかも攻撃力がアホみたいに高く(小部屋によると逆グラと同じ17番個体)、防御力500台後半でも体力150からビーム一発で蒸発なんてことも。
しかしながらその後反動で起こすオーバーヒートモーション中は割と無防備(ちょっとだけ攻撃判定ある)。
元々本イベント用の個体だったが、いわゆるおかしなモンスタークエストの内「規格外の嵐」がこの個体になっている。
最初このクエスト名が出たときは「火山に剛クシャ!?」と騒ぎになったとかならなかったとか。
ちなみにMHF最後の宴の闇猫団クエスト「オーバーザリミットプラス」もこの個体。しかも2頭クエだった。

クエスト

当初は2つの生産素材が別々のクエストで入手可能で、後の再配信時には強化素材クエとして変種クエも登場。
2014年版ではクエストが統合され、1つのクエストで生産~親方orHCまでの強化が可能になった。
また、G級技巧武器派生が追加されている。

現行バージョン

大ハッスル!沼地で鎧竜狩猟
目的地 沼地 (寒冷期 / 昼)
メイン グラビモス1頭の狩猟
サブA 目標に一定ダメージ
アナザー グラビモスの胸部破壊

胸部破壊を達成するとHRの場合は親方印強化素材、SRの場合はHC強化素材が入手できる。生産素材共々1枠10個。
ブーストが乗るようにするためか、2種類の生産素材を確定+1%設定で狩猟と一定ダメージに当てている模様(メイン狩猟のみで双方が入手できるよう固定設定にするとブーストが乗らなくなるためと思われる)。

旧仕様

大ハッスル!火山で生態調査
目的地 火山 (寒冷期 / 昼)
マストオーダー グラビモスへの一定ダメージ
岩8個の破壊

岩は氷属性の攻撃ですぐに壊れる
グラの一定ダメは穴に入れてちょっと殴ればクリアできる
クリア後の1分で岩竜の涙を拾うクエ

大ハッスル!沼地で鎧竜狩猟
目的地 沼地 (寒冷期 / 昼)
メイン グラビモス1頭の狩猟
サブA グラビモスの胸部破壊
サブB グラビモスの尻尾切断
狩猟と2カ所の部位破壊でそれぞれ出る。
なお小部屋によると本クエでのベースは14番個体(普通の上位個体)だったようで、他のクエと比べてビームの威力は低め(約2/3)。

オーバーザリミット
目的地 火山 (温暖期 / 夜)
メイン グラビモス変種1頭の狩猟
アナザー 尻尾切断
メインおよびHRアナザーで「純白の星粘土」、SRアナザーで「鋭利な光粘土」を入手可能。
「純白の星粘土」×10個で親方印のバサグラノヴァ、「鋭利な光粘土」×10個でHC武器のバサグラギャラクシーに強化可能
なおこちらも普通の変種(小部屋では26番)のブレスだけが専用バージョンとなった個体の模様。
本クエが2頭クエになったのが「オーバーザリミットプラス」であった。

武器

バサグラノヴァ バサグラギャラクシー バサユニバースLv50
攻撃力 308 322 683
防御力 150 75 200
属性値 毒250 毒300 毒520
会心率 0% 0% 0%
スロット 0 0 シジル3
レア度 7 5 GR7
種別 親方印武器 HC武器 G級技巧武器

バサグラフォートレスから親方・HCに分岐派生する。
何気にこの親方・HC分岐タイプイベ武器の始祖でもある、というかイベント武器や祭武器へのHC派生追加が始まったのがG3でのことであり、親方/HC追加での配信開始がG3初週だった
※余談だが、G3で実装が始まったHC防具が初登場したイベント防具は銃槍と弩砲とのハルバダー/トラッカーであり、この時は両イベントが同時配信だった。

ノヴァは攻撃と防御が上昇。ギャラクシーは防御は減ったが攻撃と毒値が上昇。
ギャラクシーはゲージが白40青50なのでHC武器として並程度の性能は有る。
ただしギャラクシーに強化するには別途SRで剛シェンと戦って
武具職人魂【幸】を9個確保しておく必要がある点には要注意!

G5.2終盤にてG級技巧武器が追加されることになった。
ペルレイグラー以上の超極長紫ゲージが最大の特徴。
空ゲは出ないが物理も空ゲ技巧鋸と同等と非常に高く、単に無属性扱いで使っても強力。
だが属性も重要なG級ではこれだけでは物足りないのも事実。高い毒属性も活かした運用を考えたい。