決意シリーズ解禁

公式ページ
2018年ゴールデンメゼポルタイベントのひとつとしてゴールデンウィークに登場したクエスト。
雷+麻痺属性の辿異武器が手に入る。
ゴールデンウィークが明けた後は終了日未定だったが、「辿異種ガスラバズラへの備え!」公式ページによると常時配信になったようだ。

概要

HRクエストと辿異クエスト(200)が用意されている。
クリアすると「決意の証」が手に入る。前者で1個、後者で5個確定。
決意の証を各1個ずつ使うことでオリジナルの辿異武器を生産可能。

HR1から参加可能で、公式には説明はないがHR用の武器も用意されている
HR武器もHR1→HR2→HR5(HC※)→G級→辿異と強化できる(ボウガン以外)
※HC武器だが、秘伝書関連素材が一切必要ない。
G級は最近の武器同様GLv50級だが、似た段階(辿異★1)があるためか属性値などがちょっとだけ低い模様。
ただし辿異武器を生産できるのなら、わざわざHRから強化する必要はない(いずれも証1つで生産可能なため)。

クエスト

いずれも1人限定。プーギー(スキルカフ)もホルクも不可

決意を示す者
HR 1~
フィールド 大闘技場
マストオーダー ヒプノック1頭の捕獲
ヒプノックのくちばし破壊
その他条件 レア度6以下の武器限定
防具強制無装備

捕獲マスト。支給品にシビレ罠と、捕獲投げナイフがある。
武器のレア度指定がある。種類は不問なのでG級武器や辿異武器にレア度シジルを焼き付けるのもいいが、
弱めの3スロ武器を使えば装飾品を3つ入れることができてスキルが充実する。
シジルを焼き付ける場合は必ずレア度1にすること。

闘技場なので逃げないし、ソロクエにも関わらず4セット+モドリ玉があるので余裕…と思いきや、
体力が極端に低いのでうかつに攻撃するとすぐ討伐してしまう
武器にもよるが、尻尾が垂れ下がるのを待つのは危険。クチバシを壊したらすぐ捕獲の用意を。
どうやら実質体力が500程度しかない模様(残り20%の捕獲ボーダーから100ダメージ未満で死亡)。
罠の有効時間が長いことから、ただでさえG10で体力が減っているのに更に若個体補正が乗っているようである。

ゲームを始めたてのHR1ならともかく、HR7やGSR999とかになっていると秘伝書ボーナスの武器倍率補正だけで十分な火力が出てしまう。
その場合は装飾品やアイテムを工夫すると楽になる。以下のどちらかがおすすめ。
  • 耐状態珠G2*3
    • 睡眠無効でストレスフリー。距離をとりつつ罠を置ける。
    • 武器の辿異スキルが耐睡眠強化なら、2個+レア度シジルというパターンもあり。
    • ダメージ不足時の削り手段としてブーメランを持ち込むこと。
  • 捕獲珠G*2+強肩珠Gor体術珠G
    • 捕獲ボーダーも可視化しつつ、支給品に10個あるペイントボール(体術の場合はキック)を効率的な削り手段にできる。
    • 睡眠対策に元気ドリンコ(スタミナ飲料N)を持ち込むこと。

証は1枚確定。固定ではなく2枠以上出ることもあるのでブーブー報酬術があると良い。
高ランクになると気をつかう部分も増えるが基本的には罠の扱いさえ間違えなければ誰でもクリアできるため、
まずはこちらで証を回収するとよい。


狩人祭の入魂期間なら討伐で失敗しても魂は入る。
速攻で帰還できるので、魂玉を持ち込んでわざと失敗して高速消化するという手もある。
この場合はレア度6のHC武器を用意すると効率がいいかも知れない。
ただし、失敗した場合は歌玉は得られない(テロップでは獲得したことになるが、実際は得られていない)。
歌姫狩衛戦の毎日報酬を狙うときは要注意。

+攻略例
攻略例

諸条件込みで攻撃力400程度の片手剣を使用する。以下は3スロの一例。
  • アイギスフォース(252緑、通常片手剣のアイギスガードを生産して最終強化)
  • トリアンヌス(294青、3周年イベント「ウォームアップセレモニー」の報酬武器の最終強化)
  • 煌竜剣(266青、ギルドチケットとレウス/レイア希少種の素材で生産。会心25%に注意)
場合によっては、秘伝書を外すという選択肢も考慮に。

GSR140台(攻撃力Lv61)+狩人の護爪持ち込みでの上記3武器のステータス画面における攻撃力は順に358/400/372。
この条件下では捕獲レベルの可視化のために捕獲珠G×2とペイントボールを使用した状態において、シールドブロウ連打4ヒットでクチバシ破壊、7ヒットで捕獲レベル。
アイギスフォースなら8ヒットでもギリギリ許容範囲だった(立て続けに8ヒット入った場合はスタンする。なお、煌竜剣での8ヒット討伐も確認済)。
また、HR5(攻撃力Lv17)の煌竜剣+狩人の護爪持ち込み(攻撃力310)でクチバシに盾殴り単発6回で破壊、12回程度で捕獲ライン。
閃光玉を使い、攻撃するわけでもなくクチバシを下ろしてきた時が狙い目。また間合いがわかっていれば横から突き出すように攻撃した際にも狙える。

アイギスフォース+GSR999(クエスト中の表示攻撃力392)の場合、
  • 開幕ダッシュし、頭に縦切りを単発で2発当てると怯む。計4発で破壊してマスト達成(ダッシュ攻撃やコンボは非推奨)。
  • その後脚を2発斬る
で捕獲レベルになることも確認されている。ちなみにこの条件でさらに3発斬ると死ぬ。つまり無駄な攻撃は2回までである。
この場合は暴れないよう開幕では閃光玉を使わない方がいいかも。

どちらの場合も閃光玉は持ち込み必須、睡眠無効を付けない場合は元気ドリンコも持ち込んでおくこと。
取るべき支給品については携帯シビレ罠と捕獲用投げナイフは必須、捕獲ラインを可視化する場合はペイントボールを持ち込みでもいいので確保しておくこと。
少しでもリスクを減らすなら、5ダメージが発生する支給品のナイフの代わりに1ダメージの麻酔玉を持ち込むとよい。


<攻略例2>
大剣:バスターブレイド(アイアンソードを斬り方補正の受けない緑切れ味まで強化)
力の護符
食事:攻撃力UP中
秘伝書非装備

くちばしに抜刀縦斬りを六回当てて捕獲するだけ。
うっかり翼や胴体に一発当ててしまった場合、罠にかけた後にくちばしに薙ぎ払いを当てると良い。(総計七発)

決意をつらぬく者
GR 200~
フィールド 竹林奥部
マストオーダー ヒプノック1頭の討伐
ヒプノックのくちばし破壊

こちらは装備制限なしの辿異クエスト。
ソロ制限のほかに特殊条件は無いが、辿異ヒプ相手には辛い条件。
なにせ耐睡強化カフも使えず、ホルクのサポート重視も頼れないので、
武器と防具のみで睡眠対策をする必要がある。
証は5枚確定だが、HRクエと比べて割に合うかは微妙なところ。

武器

ZZアプデ時点ではマグネットスパイクを除く13武器種が揃っている。
辿異武器には珍しい双属性で、雷と麻痺を持つ。
辿異スキルはいずれも耳栓強化。
ちなみにデザインは祭武器のラヴィナシリーズの色違い。

強化はGR600止まりだが、GR200として生産した後は1回の強化でGR600になる
生産素材は決意の証と眠鳥の優橙毛、強化は轟竜の極剛爪のみ。いずれも1個のみ
入門向け辿異武器としてはかつてないコストパフォーマンスを誇る。
辿異種ティガレックス自体が雷に弱いので、この武器を担いで狩りに行ってもいい。超咆哮も防げる。
なお眠鳥の優橙毛については、辿異ヒプを狩らなくてもGデイリー「楽々強化!特典防具」で手に入れることも可能。

片手剣・双剣・穿龍棍あたりはパートナー武器としても優秀なので素材は多めに確保したい。

余談だが、ボウガンはGR200までの5段階の個別生産、穿龍棍とスラッシュアックスFはGR5もしくはGR200からの生産、他は下位もしくはGR200の生産となっている。
また各段階の構成もHR1/HR2/HC/GR5/GR200/GR600となっている。ちなみに段階の読み仮名はすべて「しん」(新→進→信→心→真→神)。
なおHC武器のレア度は双剣・大剣・ガンスが5、それ以外の剣士武器は6でガンナーは11。
レア度からも察せるが何故かHC段階のボウガンと弓がやたら高性能になっており、ヘビィHCは数値がハルド・アルゲン(年間特典その9)の比じゃなく12でないのが不思議レベル*1、ライトや弓は比較対象が皆無レベル。
近接武器についてはHC武器と言いつつ匠で紫も出て生産段階から麻痺値は変わらない。
開始直後のハンターがパートナーに持たせても超優秀。ラスタ用の暫定武器にする手もある。
実は3スロ持ちでラスタ装備可能な麻痺武器としては、現状入手不可のルイーツァリ・ミラノ(G7パッケ)を除けば最高峰だったりする。