Imperial SaGa×MHF-Z

公式ページ
MHF-Zの2月のアップデートで工房からリークしまくっていた(笑)サガシリーズとのコラボ。
彼岸島に続くモンスター魔改造クエスト、ところどころに出てくる原作ネタの数々……
登場する原作ネタの大半がロマサガ1(リメイク版「ミンストレルソング」含む)及びロマサガ2であり、
近年のコラボと比べるとやや高年齢層、具体的には30代あたりをターゲットにしたチョイスといえるかも。
なおコラボ元とされているImperial SaGa自体はサガシリーズ全体のクロスオーバー作品である。

かつてネ実で有名になったダンシングムーンの陣はロマサガ2が元ネタ。
余談だが、MHF側PVの冒頭が実は間違っているとツッコむ人はいい歳(間違いなくSFC世代でありこのコラボの標的と言える年齢層)であろう。
+ 具体的な内容(ネタバレ故折りたたみ)

ちなみにコラボ元とされているImperial SaGaでもコラボイベントが実施される相互コラボとなっている。DMM垢歓喜(謎)。
また、同じCOGのドラゴンズドグマオンラインでも先行してコラボ装備が販売された。
更に余談として、少し前にも両社のスマホゲー同士で相互コラボが行われていたりする(ファミ通のインタビューではMHエクスプロアとFFブレイブエクスヴィアスのコラボが挙げられている)。

コラボクエスト

大きく分けると2種類のクエストが存在する。
パートニャー防具がもらえるクエストと、ガチャで出てくる「古刀」の最終強化素材が入手できるクエストの2つ。

パートニャー防具クエスト

男性用と女性用があるが、内容は同じ。貸し出される防具がそれぞれの性別で固有だが性能は同じ。
男性用は「対決、半神VS炎の帝王!」、女性用は「森の番人、炎の帝王と対峙す」。
決戦場でフレイムタイラントの討伐という内容だが、今回フレイムタイラントは炎をまとったイビルジョーという形で登場する。 BGMが普通のイビルジョー用で残念
制限時間は10分、しかも1人用とどう考えても無理ゲーと思いきや、HR1緊急のアビオルグを超えるレベルの弱体化が施されている模様(アイスソード自体がフレイムタイラントの弱点武器であることも理由なのかも)。
討伐するとその場で燃え尽きるように消滅する。ちなみに20秒帰還。クエスト中は完全に何も手に入らない(現場がヴァルサブロス版の決戦場であることも含めて)。
なお歌玉や狩人祭の魂は手に入らず、狩人珠のポイントだけはきちんと手に入るものの自身に対する色のみ(獣竜種に対応する色は獲得不可)。
クエスト検索ではイビルジョーでしっかり該当することも考慮すると、内部的にはイビルジョーの撃退クエスト扱いである(メッセージは表示されないが一定ダメージを与えると撤退する演出として消滅するムービーが流れる形)可能性がある。
報酬はパートニャー防具の生産素材となる「T260G生産券」と、討伐時に消滅したはずがちょこっと残っていたと思しき「なぞの骨」。
また、クリア回数で称号ももらえる模様。

余談だが、女性用クエストの依頼文がある意味物騒である。具体的には貸し出される武器「アイスソードIII」の入手経路が。
「ねんがんの アイスソードを てにいれたぞ!」
殺してでも うばいとる
「な、なにをする きさまらー!!」
というやり取りが浮かぶ人もいることだろう(なお無抵抗で殺されるシーンを思い浮かべる人もまたSFC世代である *1 が、この選択肢の場面もPVに登場する)。
ちなみにMHF側PVにもアイスソード強奪シーンは登場する防具の装飾模様のせいでガラハド役がギネルに見える

刀の声

こちらはコラボガチャで入手できる武器「古刀」の最終強化素材が入手できるクエスト。
内容としては「古刀+7」を装備してG級ハルドメルグを討伐するという物。
通常NPCは同行不可の上、条件が条件なので募集も難しい。火力不足で長引くと拠点破壊で失敗の恐れもある。
苦戦するようなら猟団部屋や同行券を使ってレジェンドラスタを連れて行くといいだろう。

依頼主の「グレイ」はロマサガ1(リメイク含む)の登場人物。
武器の説明には何かと物騒なセリフが登場するが、これもミンストレルソングの再現らしい。

コラボ装備

例によってコラボガチャでの入手となるが、今回のアイテムは「サガコラボくじ券」とひねりが一切ない。

アデル/クローディアシリーズ

パートニャー防具素材クエでも登場した防具。
男性用のアデルはImperial SaGaの主人公、女性用のクローディアはロマサガ1の登場人物だがデザインはミンストレルソングの物の模様。

アルカイザー/ロックブーケシリーズ

もう1つのコラボ防具。ロックブーケはロマサガ2に登場する七英雄のうちの1人、アルカイザーはサガフロンティアに登場するヒーロー。
ロックブーケの胴には死霊が浮かび上がるギミックが存在する。
ちなみにPVではアルカイザーだけ紹介がされていない。アデルたち3人がフレイムタイラントにボコられてピンチの状況に乱入してくるのだが、すでに変身済の状態である。
アルカイザーシリーズを使用していると周囲に戦闘可能な状態の味方がいないときにしか超越秘儀が使えなくなるということはないので安心しよう。 *2

レフトハンドソード

ロマサガ1に登場する片手剣。原作では左利きのキャラが装備すると強力という設定があるらしいが、そういえば(ナンバリングを含めて)ハンターは片手剣・ランス・ガンランスは武器を左手に持っている。ただし右手にマルダーの盾を持っていたりはしない(マルダーの盾自体は攻略本で描かれたイラストではかなり大きく、片手剣のハンターが持つ盾としてはそぐわないランス・ガンランス向けレベルでありウコムの鉾が登場していたら出てきたかも)。
リーチ長、光属性、GR200~の辿異武器では閃転強化が付く。

アイスソード

ロマサガ1にも登場する、氷属性の大剣(ロマサガ1では両手剣)。辿異武器での氷界創生強化も順当と言えば順当。

グリムリーパー

ロマサガ2に登場した弓。闇属性貫通弓となっている。
辿異武器で耳栓強化というのはどこから来たのだろうか……

古刀

ミンストレルソングに登場した刀(ロマサガ1には刀という武器系統自体ない)。ミンストレルソングでは武器を使い続けると徐々に性能が落ちていくシステムが搭載されているのだが、原作でのこの武器はそれと強化を繰り返すことによってイベントが進行していく模様。
MHFでは使い続けても(クエスト中の斬れ味消費によるもの以外では)性能は落ちず、強化については鉱石を大量に食う独特のレシピとなっており、先述の「刀の声」で入手した素材で最終強化すると「鬼神刀」となる。
鬼神刀の説明に「奥義:乱れ雪月花」と書かれているが、これは飾りでもなんでもなく気刃斬りの各段にそれぞれのエフェクトが追加されるという豪華仕様。また、辿異スキルとしてスキル枠拡張もある。
なお初段の「雪」は文字通りの氷属性っぽいエフェクトが出るが、武器自体の属性はあくまでも光である。