スラッシュアックスF

MHF-G10アップデートで実装された第2のG級専用武器種。
CSシリーズで登場したスラッシュアックスをベースに独自要素を足し合わせたものであり、
フロンティアナイズされた新しい操作感覚を強調するために、スラッシュアックス F と名前を改めている。

スラッシュアックスFは斧モード・剣モード・光剣モード(嵐ノ型)の3つの形態があり、それぞれ違った動きをするのが特徴。
ある意味穿龍棍以上に、秘伝種スタイルによってアクションや立ち回りが激変する設計となっている。

CSシリーズでは他の斬撃武器種とはまた違う役割・ポジションを担える一方で、武器内バランスに長いこと難を持つ *1 武器であった。
スラッシュアックスFはそのあたりにも大きな改善・テコ入れがなされている。

斧モードは攻撃が大振りで攻撃から攻撃へ繋ぐ際の受付時間が短いが、
機動力・打点の高さに優れ攻撃から回避への入力受付は非常に長くなっている。
また、ハンマーの乱打のような振り回し(1回振るごとに固定値のスタミナ消費)が使える。
剣モードは 秘伝書スタイルで仕様・アクション・運用方法が根本的に変わる ため後述。
ビンは「剣」の時にのみ機能する仕組みとなっている。

各種攻撃コンボは一部除き全て次の攻撃に派生することができるため、
必要なら回避キャンセルなどをせずに攻撃し続けることができるようになっているのも特徴的といえる。

+ CSのスラッシュアックスからの変更点

MHF-G10.1では早速ユーザーフィードバックによる上方修正が実施される事になった。
内容は、
  • 斧攻撃でスラッシュゲージが溜まるようになる(秘伝スキル発動時はより多く溜まる)
  • 攻撃後の回避入力受付時間UP(ぶん回しなどの入力受付も少し改善されている)
  • 天ノ型のスラッシュ回避の上方修正(威力強化、ゲージ消費緩和)
  • 天ノ型のリロードが、攻撃や回避から繋がるように(地ノ型と同様になると思われる)
インタビューなどではスラッシュゲージの回収能力を上げる調整をするとのことだったが、
実際には斧攻撃でそれを実現する形になったようであり、
地ノ型天ノ型ではこれまで以上に斧と剣の使い分けが重要になると思われる。
斧攻撃のスラッシュゲージ回復については実質秘伝スキルからその効果を引き抜いた形となっており、
さらにG10時代の秘伝スキル発動時よりやや溜めやすいレベルに調整と強化されている。
秘伝スキル込みだと更にたまりやすい。

解禁条件

穿龍棍同様G級へ昇級すること。穿龍棍と違い、条件はこれのみ。
つまり、 この時点で全ての武器が生産可能になる 。当たり前だが素材がなければ生産できないので注意。

G級上がりたての場合、ヒプノックやリオレイアの武器が比較的作りやすいと思われる。
特にヒプはZ1現在、難易度★1のモンスター素材から生産できる唯一のスラッシュアックスFである。
ちなみにハンターライフコースを2ヶ月以上購入しているならHLリワードの特典でもらえる。

なおG10アップデートの時点では、イベントと課金系武器を除くと、
遷悠武器5種とグァンゾルムのG覇(始種)/G級武器の計7本しか生産することができなかった
(その為、GR500未満で上記イベントをやっていない場合はグァンゾルム武器かG10パッケ武器しかなかった)
その後5月中という予告通り5/25にFオリジナルモンスターの武器と進化武器が追加。
G10アップデート直後のラインアップ的には、この5月追加が実質の正式実装といえる。
雌火竜、火竜亜種ガノトトスディアブロス(亜種含む)、
MH2からいるモンスターのCSシリーズのスラッシュアックスも追加されている。
これらのグラフィックに関しては遷悠武器と同様でCSのデザインを使っているだけでなく名称までCSと同じ名称になっている。 *2
また、謎クエ武器も存在しており、CSのグリムキャット、ディーエッジと言った特定のモンスター武器でないものが割り当てられている。

HRシステムの変更により、秘伝書は最初から「G級秘伝書への強化が可能な状態」で受け取れる。
ただしG級秘伝書への強化は再度ギルドマスターに話しかけて入手する必要がある。
なおこの間に嵐ノ型試験を行うとG級秘伝書を入手できなくなる事象が発生する模様。
その場合はログアウトする(もしくは嵐ノ型試練をクリアする?)とG級秘伝書への強化メニューが出る。

秘伝書スタイルによる変化

スラッシュアックスFは秘伝書スタイル(地・天・嵐・極)によってアクション・仕様が根本的に変わる。
詳細は後述するが、全体的な特徴として

地ノ型「CSのスラッシュアックスをベースにした基本アクション重視」
天ノ型「斧モードを軸に、瞬間的な剣の切り替えで機動力を得る型」
嵐ノ型「光剣モードとガードが軸の、破壊力に重きを置いた型」
極ノ型「上記3スタイルの融合」

となっている。
当然型によって重要となりうるスキルも変わるし、後述のスラッシュゲージの仕様、
変形に関する仕様・それらを踏まえた立ち回りも大きく変化する。

ビン、スラッシュゲージについて

スラッシュアックスFにおけるビンは、消費アイテムである弓のビンとは別物で武器に内蔵されている。
剣モードでの各攻撃に、ビンによってそれぞれ異なる効果が付与される。
スラッシュゲージ という専用ゲージで管理されており、秘伝書スタイルによってビンとゲージの考え方が大きく異なっている。

  • 地ノ型
スラッシュゲージは納刀・斧状態で5秒に1回自動回復、斧攻撃をモンスターに当てると少量回復、
またゲージ残量が約半分以下の際に斧→剣の変形コマンドがリロードに差し替わり一定値回復できる。
使い切るとゲージが赤色になり、強制的に斧モードになるほか、
リロード可能状態=変形ができないということなので管理には注意が必要。
リロード速度はCSのスラッシュアックスよりはやや高速化されている。

  • 天ノ型
剣への一時変形攻撃時にのみスラッシュゲージが消費され、ビン効果が乗る。
一時変形攻撃を行なうたびにゲージが消費され、一定量を下回るとリロードができる点は地と同じなのだが、
こちらはゲージが残り僅かでも剣攻撃が使用できる。
ただし、ゲージがゼロになった状態で剣攻撃を放つ(もしくは剣攻撃のゲージ消耗でゲージが0以下になる)とオーバーヒートを起こし、
排熱のため隙ができてしまう。
スラッシュゲージの長さは地と同じだが、リロードできるタイミングは約3、4割以下と若干遅くなる。
斧状態で5秒に1回/攻撃HIT時に回復するのは同じ。

  • 嵐ノ型
スラッシュゲージは地・天と長さ・デザインともに大きく異なるものとなっている。
クエスト開始時にMAXの半分程度ゲージがあるのは同じだが、時間経過、及びガード吸収でゲージを溜めることができ、
ゲージの色が黄色に変わる(MAXになる)と、光剣モードへの変形が可能となる。
ビンは光剣モード時に効果がある。他の型と違いリロードはできない。
ゲージを使い切ると、強制的に斧モードに変形しゲージが赤に戻ってしまう。
斧状態で5秒に1回/攻撃HIT時に回復するのは同じだが、ゲージ最大量が長いためガード吸収なしでMAXにするのは時間がかかる。

  • 極ノ型
天ノ型のスラッシュゲージと嵐ノ型スラッシュゲージの両方が存在し、嵐ノ型ゲージは0からスタートする。
斧モードでは天ノ型ゲージ、光剣モードでは嵐ノ型ゲージが用いられる。
嵐ゲージをMAXにしないと光剣変形ができないのは一緒。
リロードは使用できず、天ノ型ゲージは斧状態で5秒に1回/攻撃HIT時に回復するが、光剣モードでも5秒に1回回復する。
ガード吸収では回復しない。
嵐ノ型ゲージはガード吸収と斧状態での攻撃で回復するが、自然回復(増加)はしない。
なお天ノ型ゲージの斧攻撃による回復量は、他の型よりも多くなっている。


ちなみに力尽きた場合(天廊の失神状態も含む)、スラッシュゲージはクエスト開始時のものにリセットされる。
嵐ノ型は光剣モードの変形トリガーも解除されてしまう。

ビンの種類

  • 強撃ビン
CSシリーズでは剣モード時の攻撃力一律1.2倍となっていたが、
スラッシュアックスFでは剣(光剣)攻撃のモーション値が(他のビンに比べ)高いという設定。
スタイル・モーションによって上昇幅が若干異なるが、基本1.1倍である。
  • 強属性ビン
属性ダメージが1.3倍と大幅UPする。
このビンの武器は属性値自体も非常に高くなっており、モンスターによっては強撃ビンより有効だろう。
強属性ビンの効果が発動していると属性のエフェクトが若干派手になる。(龍属性の場合は電撃がより赤くなってるなど)
通常属性+状態異常の双属性を考慮してか、通常属性のみの強化である。
  • 強異常ビン
スラッシュアックスFオリジナルのビン。
毒・麻痺・睡眠・爆破の蓄積値を1.2倍に強化する。
蓄積はあくまでエフェクトが発生したときにのみ機能する様子(状態異常エフェクトがより派手になる)。
  • スタンビン
これもスラッシュアックスFオリジナルのビン。
剣モードでモンスターの頭にヒットさせるとスタン値が蓄積する。

武器選択について

秘伝書スタイルの変化は大きいが、基本的にスタイルによって武器を変えるという必要性はあまり大きくはない。
(強いて言えば、天ノ型が若干手数が多い程度だが立ち回り次第)
その為モンスターに応じて適切な効果が期待できるビンの剣斧を選択していく感じになるだろう。

なおCSシリーズのスラッシュアックスと比較してビンの格差が大きく解消されている関係でか、
武器そのものの攻撃力(斧モードの攻撃力)は今の所ビンタイプによる大きな差は見られない。
一応個々の特徴を挙げると、
  • 強撃ビン・・・無属性・爆破属性のものは攻撃力が高めだが、それ以外の属性武器は始種武器を除くと攻撃力がやや低い。
  • 強属性ビン・・・属性値は当然ながら基本的に高め。攻撃力はスタンビンの次に高くなる傾向がある
  • 強異常ビン・・・攻撃力は強撃ビンよりは高めだが、武器にもよる。現状、双属性の強異常ビン武器は無い。
  • スタンビン・・・火力に直接絡まないビンだからか、攻撃・属性値共に最も高い水準となる傾向が強い。
となっている。
ただし差としては微弱で、シジルなどで調整はいくらでもできる。
用途に応じた使い分けを。
今後、狩猟笛やガンスのようにビンのタイプが変更できる可能性もある。

全体的な特徴として、最大火力斬れ味ゲージの量がかなり少ない。
特に空ゲが長い武器は皆無であり、紫ゲージが長い武器も、最大で120程度(桜剣蒼斧など)の模様。
その代わり紫・空ゲが当たり前になった現在のG級環境を反映してか、現状白・青ゲ止まりの武器は存在しない。
G10.1では極長紫ゲージの武器も登場している。

注目スキル


  • 集中
スラッシュゲージの回復量(自然回復・リロード・ガード吸収・斧攻撃)が上がる効果を持つ。
また天ノ型の各種溜め行動の、溜め時間短縮効果も得られる。
G10.1現在、どの型でも集中+2が無いとどうしようもないということは無くなったが、
基本的にあった方が立ち回り上便利なのは間違いない。
特に天・極ノ型は溜め時間短縮にも関わるため、重要。
複合G級スキルと天廊武器が無い現在では始種防具(烈種防具)と併用したほうが楽に出せるか。
MHF-Zの遷悠防具ゴアシリーズでの自動発動にも注目だろう。

  • 剣術+2
斧モードではモーションが大振りなものになっているが、ヒットストップ2回による動作遅延はほぼ無いと考えていい。
剣・光剣についてはヒットストップがかなり小さくなっておりやはりこちらも気にならない。
そのため相性としては非常に良いものとなっている。
G級では業物、匠と複合したスキルの剣神があり、それとの相性も極めて良い。

  • 業物+2
G10現在、いずれの武器も最大火力ゲージが大して長くないという弱点を有するスラッシュアックスFにとって、
斬れ味のカバーができる業物+2の恩恵は計り知れない。
嵐ノ型ではガード吸収時の斬れ味消費も緩和(0or1)できる。
巧流の回復効果があまり芳しくないため、基本は業物+2で消費を抑えていく事になる。

  • 回避性能
回避行動を多用する武器種であるため重要。
嵐ノ型についてはガード吸収があるため重要性自体は減るが、回避で対応する局面もあるのであって損はない。
複合スキルが複数存在し、遷悠防具のナルガシリーズでも自動発動するので柔軟に考えたい。
MHF-Zではアックスと相性の良い回避距離との複合「超回避」も追加される。

  • ガード性能+2 ※嵐・極ノ型のみ
ガード吸収の有効判定(有効時間)を増加し、ガード不可攻撃のガード可否にも関わっている。
そのため嵐ノ型と極ノ型では必須級であり、ガードできない地と天ノ型では意味が無い(グレーアウトする)。
G10ではこれとランナーと武器捌きを複合したG級スキル「要塞」が登場。
どの要素もスラッシュアックスFとは相性が良い。
また、ガンキン装備(剣士)でも自動発動できる。

  • 砲術神
属性解放突きの威力強化効果があるのではないかと言われている(詳細不明)。
天ノ型には不要。

  • いたわり+3(+2) ※地・嵐・極
地・嵐は味方を吹き飛ばす技がある。
地ノ型はそれを積極的に用いていく必要がある設計になっており、モンスター・PT構成にもよるが重要度は高め
(範囲の狭い簡易フィニッシュを使う手もあり、ガンランスの爆竜轟砲や大剣の溜め4と同じような位置付けと言える)。
嵐ノ型についても、頻度こそ低くなるがいざ使うと地ノ型以上に影響(ふっとばし範囲)が大きいため、使うつもりなら重要。
例によって例のごとく発動難度の高さが課題。猟団料理が手軽か。
なお、天ノ型は味方を吹き飛ばすモーションが一切なく、移動溜めにもMHF-ZでSAが付与されたのでほぼ要らない。
極ノ型では乱戦でのチャンス時には光剣無限乱斬を使うという手も、一応あるにはある。
MHF-Zでは必要ポイントが大幅に緩和されたが、近年の発動対象防具は減ってきているので注意。

  • 纏雷(G級スキル)
ゲージMAXで機動力UPなどの効果を得られる。
回避距離UPを内蔵しているため、スラッシュアックスFとの相性は良い。
全体的に攻撃で溜めやすい設計になっており、どの型・どのモードでも攻撃によるゲージ蓄積がしやすくなっている。
特に属性解放突きフィニッシュと属性吸収大解放フィニッシュはゲージが一気に溜まる。

  • 巧撃(G級スキル)
地と天はフレーム回避が主体になるため相性は良い。
嵐についてはガード吸収が重要になるため少々微妙だが、回避と使い分ければ使えないこともないのでスキル枠に応じて。
極ノ型はガードも回避も重要になるため、重要度は高い。
纏雷とのシナジーも非常に良い。
なお発動時間は型を問わず19秒。

  • 溜め威力UP(G級スキル)※天・極ノ型のみ
天ノ型の溜め攻撃(無限乱斬と溜め斬り上げ)の威力がUPする。
上昇値は溜め威力+2で1.1倍強程度。
他の型には効果が無く、発動させてもグレーアウトする。
同じく相性の良い集中とセットになっている防具が近年増加しているが、
巧撃や纏雷とセットになっている防具がまだまだ少なく(G10.1で大分改善されてはきている)、
20P必要な+2まで発動させると他のスキルが充実させにくいという難点はある。
極ノ型でもこのスキルは適用対象だが、より他のスキルとの兼ね合いが重要になるだろう。

  • 反射(G級スキル)※嵐・極ノ型のみ
表示はグレーアウトするが嵐・極ノ型ではちゃんと機能し、
ガード吸収で同時にモンスターにダメージを与えることが可能となる。
ガード吸収の性質上複数回連続発動も現実的に狙える。
ただし元々斬れ味を消費する特性があり、反射の追加で更に追加で斬れ味を消費するという難点があるので注意。
こちらも、発動対象防具が近年のものには少なめである。

  • 属性特効(G級スキル)
強属性ビンとセットで使うことで強力な恩恵が期待できるスキル。
ちなみに属性肉質補正は片手剣と同じ+15。
これを発動させるなら属性強化と○属性強化【大】も発動させたい。
剣神・纏雷・巧撃が普及し始めたG9以降の剣士装備でこれが付いているものが非常に少ないのが難点。

  • 状態異常追撃&劇物取扱皆伝
強異常ビンとセットで使うことで強力な恩恵が期待できる。
強異常ビンの1.2倍補正は状態異常追撃のダメージにも適用されるため、毒武器を使うなら是非両方発動させたい。
麻痺と睡眠に関しては追撃無しでも良いが、劇物がないとビンの効果が活かし辛いためそちらは発動させたい。

  • 回避距離UP(G級スキル)
スラッシュアックスFは、抜納刀の速度がヘビィボウガン並みの遅さである。
抜刀時移動速度も剣/光剣モードでは遅いため、基本光剣で戦う嵐ノ型ではほぼ全て回避によって移動することになる。
故にこのスキルの効果は非常に高い。
ただしスキル単体での発動は難しめ。前述の纏雷で時間限定効果を得るか、回避距離UP効果のある始種武器を使うという選択になるだろうか。
なお天ノ型については抜刀移動速度が常に早く、地も必要に応じて変形させればいいが、ステップ距離を伸ばすという点では便利である。
スラッシュ回避の移動量は殆ど増えない。
MHF-Zでは必要Pが10Pに緩和されるが、例によって近年の発動対象防具は少ない。

  • 雌伏(希少スキル) ※嵐・極ノ型のみ
1回のガードにつき、5回目までは武器倍率が30ずつ、6~10回目までは15ずつ上昇する。
上昇倍率はランス・ガンランスに比べると控えめだが、ガード吸収で火力を維持する嵐ノ型との相性は抜群といえる。
確実にガードを成功させるためにも、ガード性能or要塞と併用したいところ。
極ノ型でも効果はあるが、スキル枠次第か。

  • 煽動(希少スキル) ※嵐・極ノ型のみ
効果が発揮されるとモンスターに狙われやすくなる。
つまり、ガード吸収で受けられるチャンスが増えるということでもあり、
火力の維持、場合によっては強化に役立つ。
ただしMHF-G時点ではそれだけであり、他のスキルを用いた方が結果的に火力向上につながりやすい。
MHF-Zでは効果が発揮されると攻撃力も強化されるため、便利なスキルになるかも。

【以下、運用に注意が必要なスキル】

  • 闘覇(希少スキル)
スラッシュアックスFとこのスキルの相性は 原則としては悪い
理由は上で述べたように、納刀が遅い(スタミナ回復が迅速に望めない)のと回避によって移動する必要が強いため。
嵐ノ型はガード吸収でスタミナは消費しないが緩和要素はそれだけであり、
昨今の動き回るモンスターに付いていくのが極めて難しく、G級と言う環境を考えると使える相手は限定されるだろう。
地ノ型については攻撃対処手段が行えなくなるという致命的な問題が発生する。

天ノ型については、G10.1のリファインによって少しだけ相性が改善されている。
ただし移動を通常歩きor抜刀ダッシュで行い、回避はスラッシュ回避のみに徹底し、
尚且つぶん回し以外の斧攻撃を多用してゲージを積極的に回収する必要がある。
総じてピーキーな立ち回りが要求され、巧撃など他のスキルで賄えるのならそっちの方が良い。
極ノ型についても概ね同じで、特に必要スキルの多いこの型で、他スキルと併用しつつ闘覇も出せるかと言われると…

どの型にも言えるが、足を止めて殴り続けるだけならスタミナが枯渇しても問題はない。
ただそういうシチュエーション自体近年では激減しており、使うとしてもそういう専用装備扱いになるだろう。

  • 絶対防御態勢
詳細は後述するが、嵐ノ型は「攻撃をガードすることでゲージを溜める」という特性であり、
他の武器種と違ってガードすること自体が攻撃からの保護というより火力維持の要となっている。
故に ガード判定より絶対防御が割れる判定が優先されてガード吸収が機能せず 満足にゲージを溜められない、
光剣変形後もゲージ維持と同時に火力ダウンが発生しやすい状態になってしまうことから、基本絶対防御は使えないと考えていい。
また、ガードが成立しない=動作キャンセル不可能となり連撃などでは被弾の危険性も増すし、雌伏スキルとの相性もよろしくない。
これは極ノ型でも同様であると言える。なお地と天との相性は悪くはない。

  • 消費特効
G10.1時点で、消費特効の斬れ味消費に耐えられるだけのゲージ量を持つ剣斧は多くない。
大半が短い空ゲ+短い紫で構成されているため、あっという間に白ゲに落ちて火力が激減してしまうし、
納刀が遅いので研ぐのに時間がかかり、当然その分ダメージ効率は下がる。
これはただしラインナップの問題であり、武器種自体の相性はさほど悪くは無い。

秘伝書

上述したとおり各スタイルの変化が大きいため、地ノ型についても記す。
なお、地ノ型の変形とリロードについては天・嵐とは操作方法が違う。(各操作はクラシック操作の場合)

  • 地→天
変形/リロードが溜めモーションに差し替え。(天のリロードは右スティック↓)

  • 地→嵐
Rボタンの変形/リロードがガード吸収。(なお嵐での変形は右スティック↓のみ)

  • 地→極
変形/リロードが溜めモーションに差し替え。(変形は右スティック↓)

【地ノ型】
MHF-Gらしい基本アクションを備えるというコンセプト。
既存のスラッシュアックスをFで実装したら、といった内容になっている。
アクションとしてはMH3系スラッシュアックスと同じ(上述したように変更点は多数ある)だが、
他の秘伝書スタイルとの差別化を図るためにも、剣と斧、固有アクションの属性解放突きを状況に応じて柔軟に使い分けていく必要がある。
戦闘開始と同時に剣にして通常攻撃のみで攻め、以後ずっと(ゲージが尽きるまで)剣のまま、
というスタイルは嵐ノ型のコンセプトで、地ノ型ではメリハリを付けた運用が重要になる。

なお斧でゲージ供給が可能になったことを踏まえると、変形に少しゲージが足らない程度であれば斧で攻撃し続けたほうがいい。
リロードについては属性解放突きなど、大量にゲージを吐き出す攻撃の後に用いるとよいだろう。

固有アクションは以下の通り。

  • 属性解放突き
基本的な動作はスラッシュアックスのものと変わらず、
クラシックでは右スティック押し込みで突き→縦攻撃連打で爆発。使用後は斧に強制変形する。
しかしながら仕様が大幅に変更されており、
ヒット数が突き・突き継続・フィニッシュの3Hit(スラッシュアックスは計7Hit)になっている。
また突きの後、爆発が確定するまでの時間はスラッシュアックスの約半分。
更に最大の特徴として、フィニッシュの爆発の威力が超強化されており、
最大威力のフィニッシュは大剣の溜め4すらも超えるモーション値を叩き込むことができる。
(左スティック↓を押しながら右スティック↑で、威力の弱いフィニッシュにすぐに派生できるが、これもかなりの高威力となっている)
また、突き動作部分では味方を吹き飛ばさない。

CSでは実用性が低く突き連打キャンセルを繰り返すだけのものになっていたが、
スラッシュアックスFはそれではダメージが稼げず、
変わりにフィニッシュの強烈な一発を叩き込むアクションという本来の姿で使用できる。
ゲージ消費量は縦斬り・斬り上げ4セット以上とやや大きいものになっているが、
威力は縦斬り・斬り上げ3セット+αで、それを短時間に叩き込めるのは非常に大きい。
隙あらばという風に使っていくと良いだろう。

フィニッシュの爆発はあくまで斬撃ダメージ(尻尾は切れない)なので当てる部位には注意。
また、爆発は吹き飛ばすので、使いどころに注意しよう。
簡易フィニッシュの方が有効範囲が狭いため、場合によってはそちらを主力にするのも手。

  • 変形斬り
攻撃と変形を同時に行う(変形しつつ斬り付ける)アクション。
斧モードでは振り回し以外、剣モードでは属性解放突き以外の攻撃からこれに派生可能であり、
スラッシュゲージ残量やモンスターの行動に応じて柔軟にモードチェンジを行える。
変形斬り自体もCSのスラッシュアックスにないものが追加されている。
斧→剣、剣→斧共に、
縦斬り→斬り上げ、斬り上げ→縦斬り、横斬り→横斬りとなっている(突進突き→縦斬り)ため、
コンボとしてはスムーズに繋がるようになっている。
上述した地ノ型のコンセプト上、各変形攻撃の攻撃範囲や動作時間などといった性質を把握しておく必要がある。

スラッシュゲージが半分を切ると斧からの変形がリロード動作になるので注意。
なおその際は変形斬りと同じタイミング、つまり振り回し以外の攻撃からリロードに派生できる。
攻撃をキャンセル気味にリロードできるので、ちょっとした隙にリロードすることも一応できる。
また変形斬り→変形斬りは出来ない。斧への変形斬り→即リロードも不可。

【天ノ型】
機動力特化の秘伝書スタイル。
この型は「モードチェンジ」という概念がなく、攻撃アクションの中に「一時的に剣に変形する動作」が含まれている。
そして一時的に剣に変えてビンの力を爆発させ、それを利用した瞬発力を得るというコンセプトである。
従って操作については斧モード状態のものが常に適用されるので、常に軽快な移動が可能。

固有アクションのほぼ全てでスラッシュゲージを消耗する仕様であり、その消耗量も決して少なくない。
無闇やたらに剣攻撃を連発しているとあっという間にゲージが枯渇し排熱で隙ができてしまう。
従ってもう一つのコンセプトである「斧モードを基本」に機動力を活かして攻めつつスラッシュゲージを補給し、
モンスターの攻撃に対してはスラッシュ回避からの溜め切り上げを決め、
大きな隙に対しては無限乱斬や、スラッシュ回避溜め切り上げの連発でダメージを稼いでいく必要がある。
秘伝スキルなしでも、要所要所でスラッシュ回避からの溜め切り上げを決める程度ならゲージが枯渇することはそうそう無いため、
リロードについては地ノ型同様、無限乱斬などで大量に吐き出した時に使う程度に留めた方がいい。

余談だがHR5で受けられるG級武器種体験クエストではこの天ノ型が選択される。

固有アクションは以下の通り。

  • 任意受け身
被弾の吹っ飛び時に入力することで地面に斧を突き立て素早く態勢を立て直すことができる。
穿龍棍のものと違い、地面に叩き付けられる隙を減らすというものなので、かち上げでは使用できない。
なおスラッシュゲージは消費しない。
スタミナも消費しない状態だったが不具合だったらしく、棍同様スタミナが消費される。
攻撃や前転、ステップに派生可能。無敵時間はないため、何かしらの派生で隙を消したい。

  • 抜刀ダッシュ
抜刀ダッシュは剣モードにチェンジしてビンを開放し、その勢いでダッシュするというもの。
穿龍棍と違って初動が大きく、入力直後は正面に走り小回りが効かないが、
移動速度+2納刀ダッシュを上回る速さのため直線移動力は中々のもの。
またスタミナは消費しない。
使用中はスラッシュゲージを消費し続けるが、0になると停止するだけで排熱動作は起こらない。
また、スラッシュゲージが0でも一瞬だけ使える(意味はあまりないが)

ダッシュキャンセルの攻撃は真横に回転しながら剣→斧と2回斬りつける「ダッシュ回転斬り」と、
ダッシュから斬り上げる「ダッシュ斬り上げ」の2つ。
前者はフルヒットさせれば溜め切り上げに次ぐ高威力だが隙が大きく、ビンは最初の1hitにしか適用されていない。
後者は威力は低いが、使い勝手がよい。
どちらもスラッシュゲージを消費するため、ゲージがギリギリの状態で使うと排熱動作が起こってしまう。
抜刀ダッシュは回転回避でもキャンセルできるので、ゲージに応じた派生を。

天ノ型は常に抜刀移動速度が速く、スラッシュ回避+2連ステップで高速離脱も可能なため、
穿龍棍のように位置調整のために常時使うものというよりは、大きく距離を離された場合など速度が欲しいときに用いるとよいだろう。
なお棍同様使用中はSAがあり、移動速度スキルなどは適用されない。
また、無限乱斬と振り回し以外の攻撃であれば、棍同様直接抜刀ダッシュに移行できる。

  • スラッシュ回避
回避と攻撃を同時に行うアクション。後ろ、左右に使用可能。
攻撃後にのみ派生可能であり攻撃の隙を通常回避よりやや消しつつ回避攻撃できる。
無敵時間は前転回避より若干長いが、棍のJP回避やEX回避ほど長くはない。
移動距離は双剣の真鬼人回避とほぼ同じ。上でも触れたが回避距離スキルの影響は小さめ。
使用時はスラッシュゲージを少々消費するがスタミナは減らない。

攻撃後はステップ回避、突進突き、溜め斬り上げ(追撃)に派生可能。
この溜め行動は移動溜めと操作方法(クラシックの場合、スラッシュ回避後に【右スティック↑】長押し)や仕様が異なる。
溜めから派生できるのは溜め斬り上げのみで、移動もできない(溜め途中で開放すると突進突きになる。また、一応回避キャンセルは可能)。
その代わり溜め時間が普通に溜めるより早く、
左スティック入力で踏み込みながら放つこともでき、その場合角度の調整も可能。
ゲージ消費量も(スラッシュ回避の分を含めても)普通に溜めるよりは少ない。
ちなみに溜め続けると大剣のように溜め斬り上げが自動解放されるが、威力に変化は無い模様。
なおこちらの溜めにはSAがある。

スラッシュ回避はステップ回避に派生可能なので、横方向スラッシュ回避をした後にステップでズレを修正したり、
そのまま同方向に2連続ステップをすることで距離を離したりすることも可能。
ちなみにスラッシュ回避からの回避入力受付も非常に長く、使用後に剣から斧に戻して構え直すまで回避入力が成立するのだが、
G10.1で普通の斧攻撃が同等以上の回避入力受付時間を得ることになったので、その点での使い勝手に差はなくなった。

スラッシュ回避は振り回し、無限乱斬、スラッシュ回避以外の全攻撃から派生可能で、
スラッシュ回避→溜め斬り上げ→スラッシュ回避・・・とループすることもできる。
ただしこの方法だとあっという間にゲージが枯渇するため使いどころを考えるべし。

ただし、スラッシュ回避の威力は23(G10では14)と斧の平均モーション値よりは低いため、
これを使ってダメージを稼いでいくというより、公式でも推奨されている「溜め切り上げへの派生」につなげていきたい。
勿論上記の特性を活かしたステップ派生や、ゲージ回収の突進突き派生も必要に応じて柔軟に。
G10ではゲージ消費量がやや多かったが10.1で緩和され、より気軽に使えるようになった。

  • 移動溜め
ハンマーのように移動しながら溜めることができるが足は遅く、地ノ型剣モードの歩き程度。
溜めると溜め斬り上げ、無限乱斬に派生可能。
溜まりきっていないときにボタンを離すと縦斬りになるが、この縦斬りは威力が異常に低い。
溜め中はスラッシュゲージではなくスタミナを消費する。
また、こちらは溜めすぎると溜めモーションを維持したまま溜めが解除されてしまう。
これも振り回し以外の斧攻撃から直接溜め動作に移れるが、スラッシュ回避からの溜めと異なりSAがないので注意。
モーションとしては似ているがスタンプ主体のハンマーと違って、溜め斬り上げを単発で当てる使い方は効率が良くない。

  • 溜め斬り上げ
その名の通り強力な斬り上げの一撃を放つ。スラッシュゲージを消費。
天ノ型の攻撃の単発としては最も威力が高い。
スラッシュ回避派生と移動溜め派生で威力に差はない。後者の派生は入力なしでも踏み込みが発生する。
移動溜めから派生した場合はゲージの消費量が大きく、溜め時間も長いが細かく位置調整できるメリットがある。
上述したように移動溜めからの溜め斬り上げを単発で当てる使い方は効率が良くないので、
ピンポイントで狙ったり開幕・睡眠時の一撃などに。
スラッシュ回避派生は天ノ型を扱う上で重要なアクションとなるので、射程や打点をしっかり把握したい。

斬り上げなので打点は高く(流石に斧の斬り上げほど高くはないが)、高い位置にある尻尾なども十分届く。
ただしハンターから見て僅かだが左下から斬り上げるため、左下に脚などがあるとそこに吸われてしまう。
というか1キャラ分ぐらいの位置だと吸われるので注意。
見た目よりも前方に判定が飛ぶので、気持ち離れて使うようにすると吸われにくい。

  • 無限乱斬
怒涛の連続攻撃を繰り出すアクション。
斧の振り回しを剣でやったらどうなるか、といった性質の攻撃で、剣で振り回しよりも高速の斬撃を放ち続ける。
溜め威力スキルが無い強撃ビンの場合、モーション値自体は斧の振り回しより1だけ高い程度(溜め威力+2で1.11倍)だが、
振り回しよりやや速度が速い分連発時のダメージ効率は相当高い。
また打点も振り回しより高く、飛竜の翼(の高い位置にある部位)ぐらいなら十分当たる。
この攻撃はステップ回避以外の派生ができない。スラッシュ回避派生も不可。

使用中はスタミナは減らないが、1回斬るごとに固定量のスラッシュゲージが減る。
一々斧に変えて切るわけではないため、無限乱斬使用中はゲージが回復しない。
なので調子に乗って乱発するとあっという間にゲージが枯渇する。
ゲージ半分からだとG級モンスターが麻痺している間に使い切れれば上等というレベルである。
ゲージ管理が重要な天ノ型だが、無限乱斬に関しては相応のチャンスがあればゲージを吐き出して(リロードが必要になって)もいいだろう。
また、打点は高いが特定部位を狙い撃ちするのはやや苦手であり、その場合は溜め斬り上げの方がよい。

モーション値としては無限乱斬2回<溜め斬り上げ<<無限乱斬3回となっており、
3回=約1.5秒(溜め時間除く)なのでこちらも小さい隙に使うことはできる。
ただ、溜め斬り上げと違いスラッシュ回避で位置調整しつつ使うということはできないので、
ピンポイントで狙わなくてもいい場合や、より大きな隙を晒したときに使っていくとよい。

なお手数は非常に多いが、属性値・状態異常値は50%に補正される(強属性ビンでは1.3倍なので0.65倍、強異常ビンは1.2倍なので0.6倍となる)。
他の剣斧の攻撃による手数を考えれば十分すぎるほどだが、天ノ型に関して言えば振り回しという手段もあるので柔軟に。

【嵐ノ型】
破壊力に重きを置き、「光剣モード」を使用できる攻守両立、最大火力の秘伝書スタイル。
このモードでは普通の剣モードはオミットされている。
上述したようにスラッシュゲージを溜めないと光剣に変形できないため、固有アクションのガード吸収を駆使してゲージを溜めていこう。

光剣モードは移動速度や縦斬り、斬り上げなど基本は地ノ型剣モードと同じだが、
そちらに比べリーチが長くモーション値自体も高い。
更に絶大な隙と引き換えに「属性吸収大解放」という大技も使える。
また嵐ノ型のスラッシュゲージは地・天より長く、ゲージが0にならない限り赤色には戻らないため、
ガード吸収さえ決めていればずっと光剣モードを維持することも可能。
一方で地ノ型よりも変形の柔軟性に欠け、斧による回復量も微々たるもの(ゲージ長の長さに対し、回復量が地/天と同じなため)なので、
ガード吸収でゲージを維持しつつ、基本的には光剣モードで攻めていく秘伝書スタイルと言える。
納刀か変形で斧モードに戻すことも可能。
一度ゲージが0になって強制斧モードになってしまうと、
再び光剣モードを使用するにはゲージを最大まで溜め直さなければいけないので、
ガード吸収の機会が少ないなどの要因でゲージが減ってきた場合一時的に斧モードにすることもあるだろう。

なおG10.1で光剣攻撃からの回避・ガード吸収入力受付時間が増加し扱いやすくなっている。

固有アクションは以下の通り。

  • ガード吸収
長押しで構えられるタイプのガードではなく入力した直後にだけガード吸収の判定が発生する。
ガード判定については大剣のガード斬りやランスのガードチャージ同様「攻撃無効化時間」が発生する仕組みで、
ガード可能攻撃であれば削り、ノックバック、スタミナ消費なしで受け止めることができる。
(ガード不可攻撃は上記の手段同様、削りダメージを受ける)
ガード吸収が成立した場合は回避や攻撃でキャンセルでき、またもう一度ガード吸収でキャンセルできるため、
パリアのつぶてやナルガの毒棘降らしといった多段攻撃にも対応できる。
ガード吸収成立時にゲージが黄色になっていれば隙をキャンセルして光剣モード変形も可能。
また、ガードが成功しなかった場合も回避によるキャンセルはできる。

吸収に成功するとスラッシュゲージが溜まる。
蓄積量は攻撃手段によっても異なるが、咆哮などを受け止めてもそこそこのゲージが溜まる。
後述するが光剣モードでもガード吸収・及びそれによるスラッシュゲージ回復は可能。

ガード吸収による攻撃無効化時間はガード性能で延長できる。
ただし「ボタンを押してからガード判定が出るまで」の時間は変わらない様子。
この「ボタンを押してからガード判定が出るまで」は若干タイムラグがあるので、
基本的にはモンスターの攻撃を先読みして入力しておく必要がある。
性能+2があれば早すぎるかも・・・というタイミングでも成立しやすい。
ちなみに若干攻撃の隙をキャンセルしてガード吸収動作に移ることが可能となっている。

  • 光剣の構え
ゲージが赤い間(初期状態)ではゲージを黄色にすることで使用可能。
一度赤状態になってから変形可能になった初回は、
変形斬りのように変形しつつモンスターを斬りつける。(変形モーション自体は非常に長い)
以後ゲージが切れるまでは地ノ型の通常変形と同じアクションで斧と光剣を行き来できるが、
抜刀状態では変形しつつ光剣(もしくは斧)で攻撃するアクションは存在しない。
初回・それ以降、いずれの場合も派生での使用はガード吸収からのみ。
納刀では右スティック↓(クラシック時)で光剣に変形しつつ抜刀攻撃することができる。

  • 光剣連続斬り
体を捻りつつ逆袈裟に2回斬り上げる始動攻撃と、
返す刀で2連斬りを行うフィニッシュで構成されるコンボ。
縦斬りと斬り上げからも派生可能。
モーション値は非常に高いが隙は大き目であり、
打点が縦斬り・斬り上げに比べ低くゲージの消費量も多いので注意。
また、始動攻撃からは回避、フィニッシュ、ガード吸収にのみ派生できる。

  • 属性吸収大解放
流れは
1:始動突き(属性開放突きのそれとほぼ同等)
2:突き刺したまま体を反転してチャージ
3:横に大きくぶん回し→縦に大きくたたきつけ→ビンを破裂させ大爆発
と全体の流れが非常に長い *3
突きから発生するチャージに攻撃判定が3HITあり、ここでのヒット数が爆発のダメージに影響する。
つまり突き刺した剣でモンスターの属性を吸収しているイメージ。
爆発範囲は解放突き以上に大きく、例によって味方も吹き飛ばすため注意が必要。
散弾などと同じで爆発範囲内で最も判定の優先される部位にヒットする。
小型の飛竜骨格程度なら適当に胴体あたりで爆発させても大体弱点の頭に命中してくれるが、
ゲリョス等逆に頭に吸われると困るモンスには注意。
また、最低でも吸収突きの当たる距離から撃つ必要がありながらこの性質が存在するため、ピンポイントな部位破壊には向かない。
無論狙いたい部位の優先度が高い場合はこの限りではない。
なお、属性開放突きと同様始動突きから入力を行わないと引き抜いてキャンセル可能なほか、
地ノ型と同じ操作で2を省略した弱フィニッシュに派生することもできる。
使用すると強制的に斧に変形するが、ゲージが赤にならなければ引き続き光剣への変形が可能。
チャージの3ヒットを当てるとフィニッシュの爆発だけで400を超えるモーション値が発生するというぶっ壊れた威力を持つが、
最後まで出し切るには相当な隙がないと厳しい(10秒麻痺するモンスターが麻痺してから放っても、麻痺解除直後に最後の爆発が決まるほど)。
属性解放突きと異なり、チャージの3hitを当てないとモーション値はさほど高くならないのも難点。
フルヒットの威力は非常に高いため、復帰したモンスターを怯ませるということも不可能ではない。
ゲージ消費量は極端に多くはないが、使用後斧に強制変形するので再変形に若干手間がかかる。

【極ノ型】
スラッシュアックスFの全秘伝書スタイルを融合した型。
斧モードと光剣モードの2形態であり、斧モードでは天ノ型の行動+ガード吸収が使え、
光剣モードでは光剣を利用した天ノ型の剣攻撃と、属性解放突きが行える。
光剣を解禁すれば斧と光剣を変形斬りで柔軟に切り替えることができるなど、いいこと尽くめの型だが、
この型は上述したようにスラッシュゲージの設定がどの型よりもシビアである。
光剣ゲージがデフォで0のため戦闘直後にすぐに光剣を解禁するのはむずかしく、
斧モードの剣ゲージは斧攻撃と自然回復以外で回復しないため、
開幕で瞬間変形攻撃を乱発すると一気にジリ貧になってしまう。
かと言って瞬間変形攻撃を全く用いないのでは(相手にもよるが)嵐ノ型の方が早く光剣に変形できるため、
どの型よりも、攻めと守りのバランスを考えて立ち回る必要があると言える。
また、有効スキルも一気に増えるため、その点の取捨選択も悩ましい。

なお上述したように斧での天ノ型ゲージの回復量が増しており、
天ノ型ゲージに関して言えば、移動溜めしかしないような無茶な立ち回りでなければ枯渇を心配することはあまりない。

天ノ型と嵐ノ型からオミットされるモーションは天ノ型のリロードのみとなっている。
ただし不具合か仕様か不明だが、納刀から直接移動溜めに派生できなくなっている。
またガード吸収と属性吸収大解放の操作方法が変わっているので注意。

固有アクション、変化したアクションは以下の通り。

  • 変形斬り
光剣の構えを行った後から、光剣の縦斬り、切り上げ、
斧の振り回し以外の攻撃から別モードへの変形斬りが可能。
地ノ型同様の柔軟な変形だが、光剣の固有技からは派生できないため若干窮屈になっている。
なお嵐ノ型同様、納刀から光剣モードで切ることもできる。
いずれも、変形は右スティック↓になっているので注意。

  • 光剣モードでの抜刀ダッシュ
光剣モードでも抜刀ダッシュが可能。
抜刀ダッシュからは光剣ダッシュ切り上げと、光剣ダッシュ回転攻撃に派生可能。
後者は斧には戻らず、光剣→光剣の2連撃。
なお光剣モードの抜刀ダッシュは光剣ゲージを使用するため、斧モードより圧倒的に長い時間走ることができる。

ちなみに剣・斧共に、抜刀ダッシュから即ガード吸収に派生できる。

  • 光剣スラッシュ回避
光剣モードでのスラッシュ回避。
基本仕様は天ノ型同様で、使用後は光剣溜め斬り上げ(追撃)に派生できる。

  • 光剣無限乱斬
光剣モードで無限乱斬を放つ技。
光剣故にリーチと威力は当然UPしていると見られる。
また、光剣モードではスラッシュゲージが嵐ノ型基準の長いものを用いており、消費量は天とさほど変わらないため、
天ノ型のそれと比較して圧倒的に長い間使用できるのも特徴と言える。
しかしながら万一ゲージを使い切ると光剣が解除されてしまうのは間違いなく、
天ノ型のものと異なりリロードによる速やかな回復が望めないため、使用タイミングを誤らないようにしたい。

  • 光剣溜め斬り上げ
光剣モードで溜め斬り上げを放つ技。
こちらも威力、リーチの強化が期待できる他、例によってスラッシュゲージの消費量も控えめ。
天ノ型同様に移動溜めからの単発使用と、光剣スラッシュ回避からの派生がある。

  • 属性解放突き/属性吸収大解放
始動突きから解放突きか吸収大解放に選んで派生できる。
基本仕様は一緒で、使うと斧に戻る。
極ノ型は斧モードでの戦闘力も高く、ゲージさえあれば光剣にもすぐ戻せるためその点は嵐より使いやすくなっている。

秘伝スキル

剣斧技【斬将】の独自効果は
  • 型ごとに異なる特定行動を成功させると一定時間攻撃力が上昇。
    地ノ型:変形攻撃、天ノ型:剣攻撃、嵐ノ型:ガード
  • 振り回し時のスタミナ消費量が半減
  • 斧モードでの攻撃をヒットさせるとスラッシュゲージが回復するようになり、ゲージの消費量が減少
となっている。

型ごとの特定行動については、いずれも攻撃力1.05倍となっている。
地は60秒、天は10秒、嵐は30秒持続するようである。
地と天は該当攻撃をモンスターに当てると、嵐はガード吸収が成立すると右腕が光り、攻撃力が増加する。
地については、納刀から直接剣攻撃する(一応これも変形斬りに当たる)は対象外なので注意。
なので最初はいきなり剣で切るより、斧→変形斬りとした方が良いだろう。
極ノ型の攻撃力増加対象アクションは嵐ノ型と同様の模様。

スラッシュゲージの回復量はG10時点ではかなり微弱なものとなっており、これだけで素早い回復を望むのは難しい状態だった。
G10.1では素の斧攻撃にスラッシュゲージ回復効果が加わるのに伴い、回復量が上方修正された。
素の回復量がG10の秘伝スキル発動時より多くなっているので、当然秘伝スキル発動時の回復量は大きい。
特に天ノ型の場合、スラッシュ回避・溜め切り上げを多く絡めても適宜斧攻撃を入れていればほぼリロード要らずになるレベルである。

武器種専用のシジル

  • [剣斧]爆発気絶
爆発攻撃のできる地ノ型、嵐ノ型専用シジル。
属性解放突きと属性吸収大解放に気絶値が付与されるようになる。

  • [剣斧]ガード
ガードが可能な嵐ノ型専用のシジル。
ガード吸収の有効範囲を拡大し(180度程?)、かつ成功時に体力を小回復する。
複数焼き付けても回復量は増えないため注意。
吸血や血気活性スキル、同じくガードをトリガーとする新希少スキル『雌伏』との相性は言うまでもないだろう。
威力が高すぎる攻撃は無理だが、多少のガード削り程度であれば回復効果でなかったことにできるのも魅力。

  • [剣斧]溜移動術
ハンマー同様、移動溜めの移動速度がUPする。
ハンマーと異なり抜刀ダッシュから溜めに繋げないため便利なものとなるだろう。
発現しやすいレシピは11/22から出る(?)模様。