※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

草薙のSMG

▼サブマシンガン(使用弾薬からみてアサルトライフル)
▼ブルパップタイプ
▼装弾数:50発
▼5.45×45mm弾使用
▼レーザーポインタ標準装備
▼バーティカルグリップ有り

▼利き手に関係ない、左右対称の設計
▼下方排莢
▼マガジンはP90の物に酷似
▼(参考:Visual Bookでは5.45×45mm弾となっているが、P90(5.7×28mm)のマガジンとほぼ同サイズのマガジンに5.45×45mm弾がP90と同じく50発も入るのは不自然。また、設定資料の絵にある空薬莢は大きさから見て5.45×45mm弾ではない。どちらかといえば『セブロ M-5 3.5in.』の使用弾薬である5.45×18mm弾に似ているが5.7×28mm弾に近い形をしているようにも見える。しかし草薙が5.45×45mm弾より性能の低い弾薬を使用する銃を使用するというのには疑問が残るので判断は各々に任せたい。)

■S.S.S.終盤で草薙が使用していたもの。
P90に似ている。

□登場作品
「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」


名前:
コメント: