※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プリンセスナイトメア

制作:花梨エンターテイメント


製品概要

タイトル プリンセスナイトメア
ジャンル ゴシックバトルアドベンチャーゲーム
対応機種 PS2
定価 7,140円(PS2版)
発売日 2008年5月22日

選評


■シナリオの矛盾点
シナリオ足すのもいいが、まずは話の辻褄合わせしてくれ
移植だと言うのに何一つ直っていないらしいってどうなの?
gdgd長いよりマシかもしれんがキャラ毎にシナリオの長さにムラあり感が否めない

■システム周りの勝手の悪さ
キャラ別ボイスのオンオフは出来るけど個別音量調整が利かない
(キャラ毎のボイス音量に変なムラがあるだけに辛い)
更にテキストのスキップ速度選択不可
バックログが1枠単位でしか戻れないという吃驚の仕様
何故かセーブ・ロードに異常に時間がかかる
エクストラ(おまけ)にBGM集がない
更に主題歌のカラオケver?がBGMになっててバックコーラス入るのは萎える
スチル集もキャラ分けされている訳でもなく差分括りも無くガーっと並べただけで非常に見づらい

世界観とか基本的な萌えツボはストライクだっただけに残念
スチルも綺麗だったし、細かい所が本当に惜しい
アンチになる訳でもないけどがっかり感は拭えなかった


設定上、ありえない伏線崩壊、登場してはいけないキャラは登場するKY仕様
服装だって平気で間違えまつ!政界より魔界をどげんかせんといかん
今さっき言ってた台詞まで無かった事になるアルツシステム
乙女最大の萌えであるはずの、キスまで無かった事になるフリーダム過ぎるシナリオ
殴られたことも惚れてた事まで忘れるごらんの有り様だよ!
ほぼ全キャラ恋愛過程も無いのに押し寄せるアルツ逆ハーはなんぞ?
1キャラ3個以上の矛盾に伏線未回収、物事の過程も自己満文、どれも萌えないエンディング!
キスシーンまで萌えないのは元BL会社で乙女心を理解してないか、ライターの筆力不足
おまけに歌付きBGMの爆音量!ボイスがさっぱ聞こえますん!
しかもボイスの音量がキャラごとにバラバラで囁きボイスは全滅です!orz
出来の落差が激しすぎて誰か解らなくなるスチルは間違い探しゲームでつか?
スキップ不可の厨二変身シーンや激遅スキップはいりますん!
帝国歌劇団を狙った時限選択も、デュエルを狙ったお風呂システムもいりません!
狂デッサンの男の裸が一番いりません><これもBL会社の悲しい性…?オエップ