※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プティフール

制作:アイデアファクトリー


製品概要

タイトル プティフール
ジャンル 女性向け恋愛アドベンチャーゲーム
対応機種 PS2
定価 7,140円(通常版) 9,240円(限定版)
発売日 2008年2月28日

選評


今年プレイして一番腹立ったのは、何と言ってもプティフール
作品として小粒すぎて、発売してから9ヶ月位経った今もう
その存在を覚えてる人も少ないのかもだが…

あまりの金太郎飴シナリオっぷりにひたすら圧倒された。
イベントも単なるキャラ毎のバリエーション程度の違いのみ
会話ループ、システムしょぼい、レストランの話なのに料理の絵もほとんどない
シナリオ自体が短い、限定版買わないと見れないシーン搭載のうえ、
その肝心のオマケシナリオも金太郎飴で短い、その上オマケのシナリオで1人攻略すると
「システムデータにセーブしますか?」という表示がでるので、素直にセーブしてみれば、
CGフルコンプができなくなるというバグのトラップ付。

一部キャラがいい?ちょっとくらい笑える?
そんな程度じゃ多すぎるマイナス要素を払拭できません。無理。

まさにTheクソゲーと呼ぶにふさわしい作品
あれに8000円近く出した自分を今でも悔やんでます

カヌチはW主人公してしまったこととか、スキップ遅すぎなどの問題点はあるけど
色々がんばってる部分もあるので、クソゲーの一言で切り捨てるのはちょっとかわいそう
ボリュームもあれば、システムもがんばっているし、なにしろ金太郎飴シナリオじゃない。
後半に期待できる可能性も出てきたし。
少なくともプティフールを差し置いてこれがクソゲーとかありえない