※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



第6話~後編~「全ての道は楊枝に続く」




「それでは面接を始めます」

き、来た!

うう・・・心臓がバクバクいってる。

この音、もはや打ち上げ花火なみかもしれない。

本当に打ちあがったらどうしよう・・・(大丈夫です)

やばい。試験のお姉さんの顔が夜叉に見えてきた。って、

あ゛


面接官の中に赤眼鏡のお姉さんがいる!

しかも心なしかジーッとこっちを頬を赤らめながら見てる!!

え?何!?

とりあえず赤眼鏡のお姉さんににこっと笑ってみた。

すると向こうもそれに気がついたのか、笑ってきた。

、、、にやっと。

気持ち悪っ!!


何あの笑み、何!?野宮の笑いも気色悪いけど、

野宮の方が10倍、いや100倍ましだ。

そう思いながらまじまじと赤眼鏡(もうめんどくさいので略!)を見ていると、名札がついていることに気がついた。

そういえば僕はこの人の名前を知らなかったな。

(聞いてないしね!)

、、、「原 彩芽」はらあやめ?って読むのかな?きっと。

案外普通の名前だなあ・・・

もっとすごいのを想像していた。


松尾ナエナリ―とか。

でも普通なのは多分名前だけだろう。

だってなんか変な人だったし、赤眼鏡も変だし。

そのことを伝えたくて珍しく僕から野宮に話かけてみた。

『な、あの人、眼鏡変だよな』

『終の名前も充分変だと思うけど』

『死ね』

『すいませんでした・・・』

▼終の裏モ―ドが発動した!
▼野宮に100のダメージ!
▼野宮は反省した!



そんな2人の様子を見ていた彩芽こと赤眼鏡は・・・

、、、なによ~っあの2人!

仲良さそうにコソコソ内緒話しちゃって!!

今は面接中なのよ!?

と、嫉妬の炎を燃やしていた。



新キャラ兎の解説{はーい。嫉妬っていうのは簡単にいえばやきもちってコト。やきもちっていえばこの前渋谷のいそべやさんでn}
はいカッチン


「それでは始めに・・・」

「あのう、その前に1つ聞きたいことが・・・」

「なんですか?」

「どうして野宮なんか・・・いえ、裕二君がここにいるんですか?」

さっきからずっと気になっていたことをやっと聞けた。

すると

「それはな、大切な親友の終の初面接を見守りたかったからなんだ」

別にお前に聞いてねえよ!という鋭いツッコミは抑えて。

「あのな、お前に聞いてないし。

 第一、親友って誰が決めたんだよ。

 オレの親友はお前みたいに変じゃないま・と・も・な神木だけなんだからな」

全く、タオルがあったらこいつの口の中にいれてしまいたい。

「やっぱり神木は邪魔だな・・・

 あいつがいる限り終はオレを親友として認めないし・・・

 やはりこうなったらあいつをいっそ殺して・・・」

「殺すとか怖いことブツブツいうな!!」


兎{何か今日テンポ悪くない?}(いつもです)

、、、で。落着いて。

「では始めに入社理由をお聞きしたいと思います。まずは地球さんから」

あれ?今「まずは」っていった?何、野宮にも聞くの?まじで?

「あ・・・はい。入社理由は・・・」

やばっ!入社理由なんて考えてなかった!どうしよう・・・

「理由は・・・」

「「「「理由は?」」」」

3人の面接官と野宮の声が重なる。

どうする?どうする終!!あせる心に浮かんだのは、なぜか。

「理由は・・・僕が・・・僕が・・・

爪楊枝を愛しているからです!!!」