太陽は昇る

たいようはのぼる

収録作品:大神[PS2/Wii/PS3] / タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES[AC/Wii]
作曲者:近藤嶺

概要


オイラたちの 気持(きも)
きっと アマ(こう)(とど)いてらァ


アイツなら… どんな 暗闇(くらやみ)(なか)だって
天道(てんと)サマ みてェに ニッコニコよォ!

本作のラスボス、常闇ノ皇戦(最終形態)において流れる曲。
力を取り戻した主人公アマテラスによる咆哮と、ゲーム画面いっぱいに広がる「天」の文字に合わせてイントロの笛が鳴り響く。
多様な和楽器たちによって奏でられる、非常に熱く勇ましさが感じられる一曲である。

曲単体でも完成度が高いのだがそれだけではない。
本楽曲が流れる戦闘の難易度自体はそれほど難しいというわけではないのだが、直前の劣勢になった主人公を世界中の人々が祈りによって助けるという感動イベントとの相乗効果で絶大な人気を誇っており、「負ける気がしないラスボス戦曲」とも言われる。
そのイベントに感動したプレイヤーからは「ラスボス戦では、涙で画面が見えなくなるのが最大の敵」「画面が(涙で)見えなくなるバグがある」などと言われる。

本楽曲は前述のとおりラスボスとの戦闘時に流れるが、直前のイベントシーンで流れる『Reset~ありがとうバージョン~』もやはりこの一連の演出とあいまって人気が高い。

曲名『太陽は昇る』は先に述べたとおり、主人公である太陽神アマテラスが人々の祈りによって再起することと、最終戦闘で"筆しらべ「光明」"を使用して太陽を出現させることで、暗闇の結界を照らす必要があることに由来すると思われる(照らさなければダメージが一切入らない)。
余談だが、闇の晴らし方が分からない場合でも、しばらくすると本ページ最上記のセリフでイッスンが最後のヒントをくれる。

本ランキングでも毎回上位に食い込んでおり、第4回ランキングでRPG作品以外のゲームでは初の1位に輝いた。
さらにみんなで決めるラストバトルBGMベスト100では、見事1位を獲得。
ちなみに第4回とラストバトルという複数のランキングで1位を獲得したのはこの曲が初めてである。また、第6回でも再度1位に返り咲いている。
他にも関係する多くのランキングで上位一桁に君臨し続ける結果からも、この曲の高い人気が伺えるだろう。

対戦格闘ゲーム『タツノコVS.CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』においては、本作の重要なキャラがゲスト出演する際に原曲のまま使用されている。
同じく主人公アマテラスが参戦する対戦格闘ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』ではアマテラスのテーマとしてアレンジされたものが使われており、こちらはトランスを多用したアレンジとなっており原曲とはだいぶ違った印象を持つ。

なお、本曲の主旋律は上田雅美作曲の「サクヤ姫のテーマ」をアレンジしたものが使用されている。
同曲はアレンジされることを念頭に作曲されたそうであり(サントラのライナーノーツより)、ゲーム内にも複数のアレンジ曲が存在する。
華やいだ雰囲気を持つ「太陽は昇る」に対し、「サクヤ姫のテーマ」は素朴ながらも優美な印象を受ける一曲である。

過去ランキング順位

第1回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 5位
第2回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 98位
第3回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 2位
第4回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 1位
第5回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 4位
第6回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 1位
第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 2位
第8回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 3位
第9回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 5位
第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 4位
第11回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 2位
第12回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 5位
みんなで決める格闘ゲームBGMランキング 154位(タツノコVS.CAPCOM)
みんなで決めるラストバトルBGMベスト100 1位
みんなで決める2011年の新曲ランキング 101位(MARVEL VS. CAPCOM 3)
みんなで決める和風曲ランキング 2位(原曲)、136位(MARVEL VS. CAPCOM 3)
みんなで決めるゲーム音楽歴代ベスト100ランキング 1位
みんなで決める泣き曲ランキング 48位

サウンドトラック

大神 オリジナル・サウンドトラック