ZERO

ゼロ


概要

<< 撃て 臆病者! >>

本作のOP、及びに最終ミッションで流れる楽曲。
オーケストラによる導入部と一転して流れる女性ソロ。
次いで始まるクラシックギターとカスタネットによるフラメンコの演奏。
加熱していく両者の煽りを受けて叩き付けられる厚いコーラス。
非常に扇情的なメロディと重厚な伴奏が
  • 衝撃的な最終ミッションへの導入
  • そして危機的な戦況下で繰り広げられる強敵との"決闘"
というシチュエーション下で流れるため、プレイした者に強烈な印象を残す一曲になっている。

最終ミッションの内容と敵機体のネタバレとなるため詳細は省くが、
この曲に合わせての「正面からの一騎打ち」はまさに"決闘"と呼ぶに相応しく、
ミッションの最中に敵機体から送られてくる上記のような無線会話に加えて、
刻一刻と迫り来る時間制限との相乗効果で非常に緊張感を煽るBGMとなっている。
曲単体で聴くのも勿論よいのだが、この曲は是非プレイしてその緊張感を味わって欲しい。

印象深いサビのコーラス部には前作の最終ミッションの楽曲「The Unsung War」の歌詞が引用されている。
歌詞自体は今作の内容と無関係だが、前作の前日譚である今作との歴史の繋がりを意識しての引用と思われる。
ただし、歌詞が聞き取りにくい箇所があり、本作に合わせて歌詞を改変しているのでは、と指摘する者もいる。

RPG系の音楽がランキング上位の多くを占める中、本ランキングではSTG音楽としては最高位の順位を記録し続けていた。その人気はいまだ健在である。

歌詞

<原文>
Cum historia mutat valde 
Razgriz revelat ipsum: 
Primum daemon scelestus est. 

Cum potentia sua 
Daemon fundet mortem in terram:
Deinde moritur. 

Cum somnus finit, 
Razgriz surget iterum:
Magnus hero est.

<邦訳>
歴史が大きくかわるとき、ラーズグリーズはその姿を現す。
はじめには、漆黒の悪魔として

悪魔は、その力をもって大地に死を降り注ぎ、やがて死ぬ。
しばしの眠りのあと、
ラーズグリーズは再び現れる。
英雄として現れる。

+歌詞(空耳)

歌詞(空耳)

<原文>
Cum historia mutat valde
Razgriz revelat ipsum
Primum daemon scelestus est

Cum historia mutat valde
Razgriz revelat ipsum
Surget cum table

Cum historia mutat valde
Razgriz revelat ipsum

Cum somnus finit
Razgriz surget iterum
Veniet! 

<邦訳>
歴史が大きく変わる時
ラーズグリーズはその姿を現す
初めは、漆黒の悪魔として

歴史が大きく変わる時
ラーズグリーズはその姿を現す
円卓へと昇華しながら

歴史が大きく変わる時
ラーズグリーズはその姿を現す

しばしの眠りの後
ラーズグリーズは再び現れる
来たれ!

過去ランキング順位

第1回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 14位
第2回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 6位
第3回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 6位
第4回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 4位
第5回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 11位
第6回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 6位
第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 12位
第8回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 14位
第9回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 34位
第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 30位
第11回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 59位
みんなで決めるゲームソングBEST100 155位
第2回みんなで決めるゲームソングBEST100 107位
みんなで決めるシューティングゲーム音楽BEST100 50位
みんなで決めるラストバトルBGMベスト100 4位
みんなで決めるゲーム音楽歴代ベスト100ランキング 8位

サウンドトラック

エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー オリジナル・サウンドトラック