Freedom

フリーダム

収録作品:ダライアスバースト クロニクルセイバーズ[PS4/PSV/Win]
作曲:土屋昇平
作詞:Omega Bone
歌:Omega Bone

概要

本作で追加された新要素であるCSモードの一番最初のステージ「Oruribaエリア α ZONE」で流れるBGM。
PVでも使用され、本作における看板曲として扱われている。
ゲーム音楽に関するブレイクスルーを盛り込むことで知られるダライアスシリーズでも初めてとなる意味のある歌詞・ボーカルを取り入れた楽曲となっている(なお、過去作にもサンプリングボイスやコーラスを使った曲はあった)。
ボーカル担当のOmega Bone(オメガ・ボーン)氏はアフリカ系アメリカ人の女性シンガー。

オメガ・ボーン氏の美しいハイトーンボイスに、透明感のあるメロディーが合わさった神秘的で印象に残る1曲。
STGの音楽としてはかなり独特でチャレンジャブルな曲でありながら、それでいてなおダライアスらしい雰囲気を持ち合わせている。
土屋氏によると「世界中の人に通じる看板みたいな曲があってもいいと考え、その結果としてボーカル曲を採用した」とのこと。
またダライアスシリーズのお家芸である、BGMとステージのシンクロもしっかりと組み込まれており、
サビに入るタイミングに入ると、ステージ背景の自軍基地に敵のレーザーが差し込んで展開が急変する演出*1が入る。その視覚効果は必見。
そしてこの曲がきっかり終わると同時にステージが終了し、ボスが出てくる仕様となっている。

音楽ゲーム『GROOVE COASTER 3 LINK FEVER』でもこの曲がプレイできる。
なお、DBCSやグルコス両方ともショートバージョンが使われているが、サントラにはフルバージョンが収録されている。
ゲーム中では歌われなかった2番の歌詞も存在するため、興味があるのならサントラを要チェック。


過去ランキング順位


歌詞

+クリックすると表示
This one's for the fighters
This one's for the soldiers
This one's for the warriors, freedom
This one's for the leaders,
This one's for the dreamers,
This one's for the keepers, freedom

Hear this humble message
In heart's spoken language
We can't take more damage
of justice's miscarriage.
Dear sisters and brothers
We fight for the honor
We must fight until we get what's right

It must be decided,
That we are united,
And won't be divided, freedom
By working together,
And cutting the tether,
Defeat the oppressor, freedom

Fight harder and harder,
Soar higher and higher,
So soon you'll discover
That we are the power.
Today we are fighting
Tomorrow we're thriving.
We must fight until we get what's right

You'll never win 'less you use what's within
Look deep inside for the POWER LIGHT.
Good place to start is just lead with your heart,
Fight for what's right all your life


サウンドトラック

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ オリジナルサウンドトラック



*1 ちなみに開発当初ではBGMとステージ演出が合っておらず、開発スタッフがタイトーのスタッフに「ZUNTATAが可哀想だ!」と怒られた、と語られたエピソードがある。