デュエルソード

スタンド名「デュエルソード」


(C)SEGA
破壊力‐B スピード‐C 射程距離‐E
持続力‐A 精密動作性‐C 成長性‐A
A=超スモイ B=スモイ C=人間並 D=ニガテ E=超ニガテ

「剣は銃が普及しても無くなりはしない。最終手段かつ、近接攻撃に最も適するからだ。」

最初期に支給される剣。
「なんで銃があるのに剣持ってるねん!」と思うボーダーも居ると思われるが、
意思を持った物質「ニュード」へダメージを与えるには、何故か剣のほうが効率が良かったからである。
当然、ニュードを動力源とするブラストへの攻撃効率も高く、銃と違って弾切れのない剣を軍部は採用したらしい。
最初期に支給される剣にも関わらず、その使い勝手はよく、歴戦の猛者も愛用している。
近接武器談義中に「デ剣でおk」の一言は「まあそりゃそうだけど」と大体の人が納得してしまうので禁句である。
…というのは冗談だがそれほどバランスが取れた武器。
麻補助武器は重量調整する際にいの一番に調整されてしまうので主武器、副武器等が充実すればずっとこれ一本とはいかないだろうが、
武器としてみれば本当に買い替えなしでこれ一本で最上位クラスまで行けるレベル。
とある名も無いボーダーによって編み出された連続剣撃「無限連殺斬」は今日も多くのボーダーを斬り殺している。

必殺技~無限連殺斬~ (コマンド 236236D ゲージ50%消費)
通常斬り→ショートバックダッシュ→ダッシュ斬りを繰り返す連続攻撃。
一度決まれば、相手が撃破されるか、ブーストが無くなるまで斬り続ける事が出来る非情の攻撃である。
「君が! 死ぬまで! 斬るのをやめないッ!」

近接攻撃強化チップで更に威力を上げられる・・・筈なのだがガチムチで通常攻撃をすると軽量寄り中量級なら吹っ飛んでしまう事があるためコンボが狙いにくくなるというジレンマを抱えている(フルHGで少なくとも600以上威力が上がる模様)。壁際だとタックルII並のハメが成立するが。
コンボを愛用しているならチップはあえて付けないのもありかも。
アップデートにより、通常攻撃ではどんな機体でも吹っ飛ぶ事はなくなった。
コンボは狙い易くなったが、「転倒させて仕切り直し」という様な事は不可能に。
相手を転倒させたい場合は特殊攻撃をヒットさせよう。

また、威力を見ていただければわかるが装甲D以下ならフェイタルアタックチップをつければ特殊攻撃の撃破でそのまま大破に持っていける。
大破の仕様変更により、ミリ残りならほとんどの機体から即時大破を狙えるようになった。

デュエルソード/紅白


(C)SEGA

今までありそうでなかった無料支給初期武器・デュエルソードの塗装変更仕様。
峯と刀身の一部が、刀身中央部がという紅白カラー。
紅白→祝辞、という事で、お立ち台で振り回し勝利を祝うと味方が喜んでくれる(期待)。
敗北時?デモムービーだと何も装備してないからヘーキヘーキ
まぐろの握りとかいうの禁止な。

逆に言えば、カラーリングに惹かれるものが無ければ、ナ種を消費して入手する価値はあまりない。
何せ全ボーダーが最初から所持している武器なのだから。


ソード系統
リタイア → デュエルソード → マーシャルソード