脚部パーツ(重量級)


概要

ブラスト・ランナーの脚部パーツ。
装甲値のほかに、歩行速度やダッシュ移動の速度など、主に機体の機動性に大きな影響を及ぼす大事な部位。
「標準型」「重量型」「軽量型」のカテゴリーはこの部位で決まるといっても過言では無いだろう。
  • 装甲
機体の防御力、被ダメージに影響する値。高いほど頑丈になる。
  • 歩行
機体の歩行速度に影響する値。高いほど歩行の速度が高くなる。
またブースターを吹かしていない状態全ての機動力に関係する。
このためブースターを吹かしていない状態のジャンプ距離や、ステップ後の伸びも歩行が高いほうが長くなる。
更に、ブーストを吹かし終わってからブーストゲージ回復までの硬直時間、あるいは、空中ダッシュ後のダッシュ禁止時間も、歩行値が高いと短くなる。
高いほどアクション系チップの硬直軽減や、移動距離延長に繋がる。しゃがみ以外のアクションチップを搭載する場合、軽視してはいけない。
  • ダッシュ
機体のブーストダッシュ性能に影響する値。高いほどブーストダッシュ時の速度や瞬発力が上昇する。
なお、ダッシュ速度はこの値にのみ依存し、数値が同じなら機体重量に関わりなくダッシュ速度は同じである。
  • 重量耐性
速度ペナルティを受けない積載重量に影響する値。高いほど重量への耐性が高くなり、ペナルティを受けにくくなる。
武装と機体パーツの合計重量がこの数値を超えてしまうと重量オーバーとなり、超えれば超えるほど機動力が低下してしまう。
但し、総重量を軽くすれば「重量型」の脚部でも速くなるというわけではないので勘違いしないように。
  • 加速
ダッシュボタンを押し続けると巡航ダッシュが速くなる機能。Ver.4.5より導入され、最高速度ないし終速はダッシュに依存する。
また、ダッシュボタンを離すと効果がなくなるため、多用する場合は胴体のブースターを重視した方が都合がいい。
  • 屈伸速度
屈伸する際の速度に関係する。高ければ高いほど屈伸速度が上がり、高速屈伸が可能になる。


重量型タイプ


非常に厚い装甲により、多少の攻撃ではびくともしない。
最前線で敵の攻撃をその身に受けながらも返り討ちにしていくその姿は不沈艦の如く。男のロマンである。
重量級ゆえに足音が「ドスンドスン」とうるさい。また、中量級以下ではグライディングホイール(ローラー)だったのが、
サンドトリッパー(キャタピラ)になっている。
「へヴィガード(HG)」「ケーファー」「ロージー」「ランドバルク」「ヤーデ」「ジーシェン」「スペクター」「アイアンフォート」「PLUS:G」が該当。

ヘヴィガード系


戦車がそのまま縦にデカくなったようなパーツ群。
「機能よりも装甲じゃ!」と言わんばかりの重量感はマジ歪ねぇ。ガチガチのミリタリーチックな装飾もナイス。
踵にキャタピラを装備しており、実際に回転しているようだ。芸が細かい。
装甲と重量耐性の両方に優れるが、つまるところ「それだけ」。
後は最底辺級。重火力や支援といった重量兵装、被弾の多い最前線でもない限りは速度が大きく脚を引っ張るだろう。
重火力兵装以外での重量オーバーは、フルHGであってもほぼ皆無。

次々に投入されるハイエンド脚部に対抗できるのは、やはり「硬さ」のみ。
中途半端に遅くて撃たれ弱い機体を作るよりは、セットボーナスを活かしてゆがみねぇ機体を作るのをオススメしておく。

''Heavy Guard''  Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ヘヴィガードⅠ型 1300 A
(0.78)
E+
(5.22)
E
(19.50
→10.44)
B- A+
(6650)
3.1 クラスD4で支給 - -
ヘヴィガードⅡ型 1150 B
(0.90)
D
(5.85)
D+
(??.??
→??.??)
X B
(5600)
2.0 LOST 鉛版×10
ニュード素子×2
銅片×5
250
ヘヴィガードⅢ型 1330 A+
(0.71)
E
(4.68)
E
(18.90
→10.44)
A- S-
(6800)
3.2 ヘヴィガードⅠ型/脚を所持 隕鉄塊×10
ニュード素子×5
銀片×5
50
ヘヴィガードⅣ型 1320 A
(0.78)
E
(4.68)
D
(20.70
→11.70)
C+ A+
(6650)
2.6 ヘヴィガードⅢ型/脚を所持 超剛性メタル×2
ニュード卵×10
銅片×5
150
ヘヴィガードG型 1360 A
(0.78)
E+
(5.22)
D-
(20.10
→11.25)
D+ S-
(6800)
2.7 へヴィガードⅣ型/脚を所持 複層重合金属×1
ニュード卵×25
カロラチップ×1
250

ケーファー系


へヴィガードをより1段軽量化したステータスを持つパーツ群。
装甲は甘いが、機動力は歩行の分、若干軽快になる。ブースト力の近い「へヴィガードⅣ型」がライバルだろうか。
頭が悪人面だが、脚部のデザインはスーパー系ロボットや、DASHやZあたりの岩男のようなヒロイックな曲面パーツ。
くびれた形状のためか重量から軽量まで合わせても違和感が無いというビジュアル的な汎用性がある。
脚部のローラー(キャタピラ?)が他の脚部のものと違い足の裏のほぼ全てを覆っている。
この為一見した所ではどこがキャタピラ部分か判らないが、
砂埃や水しぶきの立たない舗装路で巡航ダッシュをすると、
実は足の裏全体がキャタピラになっている事が判る。無駄に芸が細かい。

Kafer   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ケーファー42 1220 B+
(0.85)
D+
(6.30)
D
(19.50
→11.70)
B- A
(6350)
2.7 累計バトル時間18000秒以上
or累計スコア5625pt以上
チタン鋼×3
ニュード群体×3
銀片×15
50
ケーファー44 1210 B
(0.90)
B-
(7.65)
D
(19.50
→11.70)
B+ A-
(6150)
2.8 ケーファー42/脚を所持 鉛板×15
ニュード素子×10
ソノチップ×3
100
ケーファー45 1320 B+
(0.85)
E+
(5.22)
C-
(21.00
→12.60)
C A
(6350)
2.4 ケーファー44/脚を所持 チタン鋼×10
ニュード群体×3
メタモチップ×2
200
ケーファー52 1350 A-
(0.82)
E
(4.68)
C-
(21.00
→12.60)
D+ A+
(6650)
1.9 ケーファー45/脚を所持 占拠章×15 or ユニオンレベル Lv.50
ニュード群体×3
カロラチップ×2
破損IC×10
300

ロージー系


同じくホバーなネレイドに近いシルエットだが、ガチガチの装甲板の数々は戦闘車両を彷彿とさせるものがある。
重装ロボの典型として人間の上半身を載せただけのタンクというのは古今数多く存在してきたが、
コレもその系譜に漏れず、ヘヴィガードの重厚感とはまた別の威圧あるブラストを作りやすい。

が、女性名ということから「鉄壁のスカート」という認識が正しいと思われる。
……が、ホバーなのでよく転び、転ばされる。それほどチラリズムを追いかけるか!変態ボーダー共め!

Rosie   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ロージーR 1370 A+
(0.71)
D+
(8.40)
E+
(xx.xx
→xx.xx)
C A+
(6650)
2.8 累計バトル時間42000秒以上
or累計スコア6750pt以上
超剛性メタル×1
ニュード胚×10
銀片×15
50
ロージーR+ 1310 S-
(0.68)
D
(7.80)
E
(13.92
→12.18)
B S-
(6650)
2.3 ロージーR/脚を所持 ウーツ重鋼×5
ニュード素子×5
カロラチップ×1
100
ロージーLM 1350 A+
(0.71)
D
(7.80)
D
(15.60
→13.65)
C A+
(6650)
2.7 ロージーR+/脚を所持 複層重合金属×2
ニュード素子×5
銀片×5
200
ロージーEVE 1420 S
(0.63)
D-
()
E+
()
D+ S-
(6650)
2.3 ロージーLM/脚を所持 プラントガード/銀×15 or ユニオンレベル Lv.100
超剛性メタル×5
ニュード胚×15
黄金片×10
300

ランドバルク系列


キュラキュラキュラ…

足の裏がキャタピラ、を飛び越して、足がキャタピラになってしまった特殊脚部。
ガチタンなどと呼ばれたロージーよりもキュラキュラ分は豊富。ブランドロゴに象徴される、ランドバルクの最大の特徴である。
キュラキュラを存分に味わいたい方はブースト吹かしっぱなしでどうぞ。

ケーファーより1段上の積載を持つ。セットボーナスを入れれば2段ほど上、ロージーに負けない超積載に。
その代わり、装甲は重量級最低レベルのBで、ダッシュもDと遅めである。
重量脚で重量超過している場合、この系統に換えることで他のどの重量脚よりも重量超過を減らすことができ、結果的に速くなるという、非常にニッチな脚。
ハイエンド・汎用タイプの3段目に期待したい・・・と言っていたら実装されたIV型。
なんと歩行をかなぐり捨てて、装甲B・重量耐性Aの状態で重量級最速のダッシュCを手に入れた。


LANDBULK   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ランドバルクⅠ型 1210 B
(0.90)
C-
(6.75)
D
(19.50
→11.70)
D+ A+
(6650)
2.2 累計バトル時間60000秒以上
or累計スコア13125pt以上
超剛性メタル×2
ニュード素子×15
黄金片×5
100
ランドバルクⅡ型 1240 B
(0.90)
D
(5.85)
D
(19.50
→11.70)
D+ S-
(6800)
2.3 ランドバルクⅠ型/脚を所持 超剛性メタル×2
ニュード融素子×1
黄金片×5
150
ランドバルクⅣ型 1270 B
(0.90)
E
(4.68)
C
(21.60
→12.96)
D A
(6350)
1.4 ランドバルクⅡ型/脚を所持 複層重合金属×2
ニュード卵×10
銅片×5
250
ランドバルクAT 1300 A
(0.78)
D
(5.85)
C-
(21.00
→12.60)
C+ A
(6350)
2.1 ランドバルクⅣ型/脚を所持 最優秀戦闘賞×5 or ユニオンレベル Lv.100
ニュード集積体×3
カロラチップ×1
ハニカム回路×20
350

ヤーデ系列


緑色に輝く特殊装甲を用いたことで、硬さと挙動性を両立したベンノ社のブランド。
重量型としては歩行が標準型並みに高いが、重量耐性が重量型最低クラスになっている。
使うならフルセットにして、硬さと機動性を両立していきたいところだろうか。
最新型のVMTはやはりキメラでは物足りないが、フルセットにすることで重量寄り中量級レベルのスペックに。ヤクシャと同じセットボーナスは伊達じゃなかった。

Jade   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ヤーデ54 1130 A-
(0.82)
B+
(8.10)
D-
(18.75
→11.25)
B B+
(5900)
2.7 累計バトル時間116000秒以上
or累計スコア16125pt以上
隕鉄塊×15
ニュード群体×5
メタモチップ×1
150
ヤーデ54S 1180 A
(0.78)
D+
(6.30)
D-
(18.75
→11.25)
B- A
(6350)
2.2 ヤーデ54/脚を所持 ニュード融素子×1
銅片×20
ペンタクル回路×5
200
ヤーデ55 1170 A+
(0.71)
C+
(7.20)
D+
(19.50
→11.70)
C+ B+
(5900)
2.2 ヤーデ54S/脚を所持 破壊工作/銀×10 or ユニオンレベル Lv.50
ニュード集積体×3
ソノチップ×2
モノリスNSI×1
300
ヤーデVMT 1300 A+
(0.71)
C-
(6.75)
C
(21.60
→12.96)
E B+
(5900)
1.4 ヤーデ55/脚を所持 破壊工作/金×1 or ユニオンレベル Lv.100
ニュード胚×20
カロラチップ×1
高磁性アグミナ×3
400

ジーシェン系列



♪飛んでくるくる強い奴 地球で一番強い奴

地球で一番強い機体…かはさておき、中国が送り込んできた最新鋭機・ジーシェンの脚。
「ヤーデとだいたい同じくらい動けて」「ヤーデより積めて」「ヤーデより脆くて」「ヤーデよりはるかに目立たない」。重量脚でスネーク機体作るならこっち。
重量比での装甲が薄いが、どのみち脚なのでそこらへんは軽視してもいいだろう。
ちなみに初期とシーにはパワーショベルのバケットっぽいパーツがある。ミキサー車っぽいパーツのくっついた同社製BRもそのうち出るのだろうか?ビルドロン、ミナ、バカバカリ
とか言ってたらパイロンはまさかの車輪搭載となった テーレレーテレー(エンブレム反転)

JIXIEN   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ジーシェン 1230 A-
(0.82)
C
(6.975)
D-
(18.75
→11.25)
A- A
(6350)
3.0 累計バトル時間122000秒以上
or累計スコア22875pt以上
超剛性メタル×3
ニュード群体×3
銀片×5
150
ジーシェン・フー 1200 B+
(0.85)
C+
(7.20)
C-
(21.00
→12.60)
B- A-
(6150)
2.1 ジーシェン/脚を所持 鉛板×20
ニュード融素子×1
メタモチップ×1
200
ジーシェン・シー 1250 A-
(0.82)
D
(5.85)
D
(19.50
→11.70)
C+ A+
(6650)
2.7 ジーシェン・フー/脚を所持 施設破壊章×5 or ユニオンレベル Lv.50
鉛板×10
ニュード融素子×2
銀片×3
300
ジーシェン・パイロン 1370 A
(0.78)
C-
(6.75)
D+
(19.50
→11.70)
A- A
(6350)
2.5 ジーシェン・シー/脚を所持 防衛章×10 or ユニオンレベル Lv.100
ニュード群体×3
カロラチップ×2
ロゼンジ重回路×3
400

スペクター系


『多脚機体を出せ』『通信量の限界だ、出せない』

ボーダーブレイク稼動開始から、何度繰り返されたであろうこの問答。
だが、5年目にして遂に
「僕達にできる精一杯の四脚表現」
なる機体が天下のTSUMOI社より示される。
それは、六の手足を持つ蟲――脚っぽく見える4つのスラスターを備えたホバー機体――であった。

空白地帯であるケーファー/ヤーデ/ジージェン/ディスカス域に現れた中重量型ホバー脚部。
ロージーより柔らかい代わりに、挙動が改善されている。
特に歩行が重点的に盛られているため、空挺部隊機との設定に違わず空中機動を得意とする。
しかし、ただでさえ地上戦でビハインドとなるホバー特性。
驚異的な速さも徹底的な硬さも無い本脚部では、元祖ネレイドが体現するように、尖った戦果を残しにくい。
この中途半端を活かすための、「のらりくらりと」した立ち回りを確立する必要がある。

デザインは従来のホバー機をまさにボーダーブレイクするもの。
ネレイド、ロージーのような双発エンジンを廃し、推力を中央の大型スラスターに一存。
足先2箇所の排気口×4とメインエンジン脇の浮上エンジンで方向指定と姿勢制御を行う構造になっている。
+動作一例
実際には、ジャンプ入力で前脚エンジン+浮上エンジン下方噴射。
ダッシュ(高速移動)入力でメインエンジン+後脚エンジン+浮上エンジンノズルが後方に偏向して噴射。
落下時の空力ブレーキもしっかり機能している(脚がちょっとハの字に)。
さらに、しゃがみ時は前後脚ノズル先端が内側に90°折れノズル機体前方面を接地。デリケートな噴射口を保護しつつ安定をとる。
(この脚部をつけてコアゲージ差勝利1位を取るとわかりやすい。ぜひがんばってみよう。)

多脚→蜘蛛のイメージだろうか、蜘蛛の巣を模したと思われる各所の赤い補強バーが一際目を引く。
さすがは先進企業TSUMOIの最新鋭機。デザインも一歩先を行くようd…
ってあれ?クモの足って8本じゃあ…

SPECTER   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
スペクターⅠ型 1090 B
(0.90)
C
(x.xx)
C-
(xx.xx
→xx.xx)
B- B+
(5900)
3.0 累計バトル時間xxxxx秒以上
or累計スコアxxxxxpt以上
ウーツ重鋼×5
ニュード胚×20
メタモチップ×1
150
スペクターⅠ型C 1130 B+
(0.85)
B-
(9.60)
D+
(xx.xx
→xx.xx)
B A-
(6150)
2.7 スペクターⅠ型/脚を所持 超剛性メタル×1
ニュード卵×20
カロラチップ×1
200
スペクターⅢ型 1170 A-
(0.82)
C-
(x.xx)
D
(xx.xx
→xx.xx)
A A
(6350)
2.6 スペクターⅠ型C/脚を所持 バトルアシスト/銀×10 or ユニオンレベル Lv.70
隕鉄塊×5
ニュード融素子×2
黄金片×5
300
スペクターMRG 1220 B
(0.90)
B
(10.20)
C
(XX.XX
→XX.XX)
B- B+
(5900)
2.5 スペクターⅢ型/脚を所持 バトルアシスト/金×10 or ユニオンレベル Lv.100
ニュード集積体×3
ニュード結晶体×2
ペンタクル回路×25
400

アイアンフォート系


重点が全体的に、巡行に影響する加速に置かれた脚部ブランド。
ノベライズ『歎きの獅子と眠れる花嫁 ボーダーブレイク スコードロン・マンティコア』にて情報が出てきて、公開当初より多くの重量級ユーザーから渇望されていた。

IRONFORT   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
アイアンフォートⅠ型 1240 B+
(0.85)
D-
(7.65)
C-
(21.00
→12.60)
A- A-
(6150)
1.9 累計バトル時間xxxxx秒以上
or累計スコアxxxxxpt以上
ニュード素子×10
銅片×10
破損IC×30
150
アイアンフォートⅡ型 1270 A-
(0.82)
D-
(7.65)
D+
(19.50
→11.70)
C- A
(6350)
2.4 アイアンフォートⅠ型/脚 所持 黄金片×20
ハニカム回路×15
誘電へリックス×1
200
アイアンフォートⅣ型 1410 A+
(0.71)
E+
(5.22)
D
(19.50
→11.70)
A A+
(6650)
2.3 アイアンフォートⅡ型/脚 所持 最優秀戦闘賞×2 or ユニオンレベル Lv.70
ニュード集積体×3
高磁性アグミナ×3
誘電へリックス×2
300
アイアンフォートD型 1430 S-
(0.68)
E
(4.68)
D-
(18.75
→11.25)
B+ S-
(6800)
1.9 アイアンフォートⅣ型/脚 所持 最優秀戦闘賞×3 or ユニオンレベル Lv.100
メタモチップ×4
ルミノチップ×3
モノリスNSI×1
400

PLUS:G系

ツモイやナクシャに続きAEが送り出した新型は、なんとHGII型を含めた近代化改修機だった。
新型フレーム「PLUSフレーム」の採用により、HGの弱点であったダッシュと歩行が強化された。
更にランドバルク系の技術も入ったのか高積載。強襲はもとより重火力や支援といった重量兵装でも速度が脚を引っ張る事は少なくなった。
フルセットならHG並みに硬く、そして速い。新時代の歪みねぇ機体を作れる、まさにPLUSに相応しい機体パーツ群である。

PLUS:G   Type: 重量型
ダッシュのカッコ内は ダッシュ初速→巡航速度 (歩行・ダッシュの単位はm/s)
名称 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
PLUS:G 1280 A
(0.78)
D
(5.85)
D
(19.50
→11.70)
C- A
(6350)
2.5 累計バトル時間xxxxx秒以上
or累計スコアxxxxxpt以上
ニュード胚×30
ソノチップ×5
誘電へリックス×1
150
PLUS:G-cb 1250 A-
(0.82)
E+
(5.22)
C-
(21.00
→12.60)
B+ B+
(5900)
2.0 PLUS:G/脚 所持 チタン鋼×20
ニュード群体×5
誘電へリックス×2
200
PLUS:G-hw 1330 S-
(0.68)
C
(6.97)
D
(19.50
→11.70)
E+ A+
(6550)
2.3 PLUS:G-cb/脚 所持 占拠章×15 or ユニオンレベル Lv.60
ニュード素子×15
黄金片×20
誘電へリックス×3
300
PLUS:G-fa 1500 S-
(0.68)
E
(4.68)
D+
(19.50
→11.70)
D+ A+
(6550)
2.1 PLUS:G-hw/脚 所持 最優秀戦闘章×3 or ユニオンレベル Lv.120
ニュード胚×25
ニュード結晶体×4
カロラチップ×2
400