腕部パーツ(重量級)

ころせんせーと学ぶ腕部パーツ講座

+...


               __
             x≦三三≧x- 、
          <三三三三>≠,’,
            /≧ュx┯x≦ム V゚,
          /《三三三三三ト-、∨
           /    ` ー━━ ゚   V>、
          /                 しヘ’,
       /                    { ∧゚,
      .゚                └┘゚,
      l      ・       ・       l
      ゚,                      ,
         .  k                 /!   .
          ゚、 ヽ`i 、_     _ イ/  /
           \ \l_l` T T´l_l / /
         イ>    ̄ ̄ ̄   < |\
       /.:.:|   \`¨ニニ,ニ¨´/  !:.:. \
      /.:.:.:.:.:.!     \    /   |:.:.:.:.:.:.\
     ./.:.:.:.:.:.:.:i     \_,rく       !:.:.:.:.:.:.: ハ
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,    /ー≧≠V   ,゚:.:.:.:.:.:.:.:. ∧
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   ∧三三三7V  ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
 ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム ,゚ V/三三′Xノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧

これは、これは、「ブラストランナー」ですか。
先生を殺すためとはいえ、巨大ロボットまで持ち出してくるとは。
ちょうどいいです、今日は腕部パーツについて説明いたしましょう。
(暴れるブラストランナーの攻撃をかわしつつ、装甲にグリーンダズル迷彩を施しながら)

概要

ここではブラスト・ランナーの腕部パーツを説明しましょう。
私の触手のとは違い2本だけですが、
装甲値のほかに、射撃武器の反動を抑えたり、リロードや武器変更の速度といった、戦闘面に大きな影響及ぼす大事な部位です。
各タイプでメリット・デメリットがハッキリと分かれるため、先生を殺したかったら自分や兵装に合ったものを選択するとよいでしょう。
  • 装甲
機体の防御力、被ダメージに影響する値。高いほど頑丈になりますね。
かつては仕様上ほとんど重要視されなかった腕部の装甲ですが、Ver.Xで腕部の当たり判定が増え軽視できなくなりました。
特に両手持ちの銃器を扱う際は胴体の前に腕がくるため、胴体狙いの弾でもそれなりに腕部に流れてきます。
重量級の腕部は装甲が高めなため、側面からの不意打ちはもちろん、真正面からの撃ち合いに置いても安定性を向上させることが出来るでしょうね。
  • 反動吸収
射撃武器の反動(照準の跳ね)を抑える能力。高いほど反動が小さくなり、連続で射撃を行っても照準がぶれ難くなります。
単発の狙撃銃やショットガンにはあまり影響は無いですが、反動の大きい機関銃やガトリングガン等には重要な項目です。
  • リロード
各武器のリロード速度に影響する値。高いほどリロード速度(弾倉の交換や手榴弾等の準備)が速くなります。
  • 武器変更
装備の切り替えに掛かる時間に影響する値。高いほど素早く武器を持ち替えることができます。
(例外的に、強襲兵装のアサルトチャージャーや遊撃兵装の光学迷彩ON/OFFはそもそも腕部を動かさないためこの数値の影響を受けませんよ。)
  • 予備弾薬
4.5から実装された、武器の総弾数増加に影響する値。高いほど装備した武器の総弾数を増やすことができます。
あくまで増加するのは「総弾数」であり、「マガジン弾数」が増えるわけでないことに注意です。
また、総弾数が増えるのは主武器と副武器のみ、補助武器・要請兵器には影響を及ぼさないようですね。

重量型タイプ


所謂「重装甲型」「重量級」のパーツ群。
全体的に重量を代償とした高い装甲値のほかに、優秀な反動吸収性能を備える。
この為、中~遠距離での射撃戦を有利に進めたり、「機関銃」「ガトリングガン」といった、反動の大きな銃火器を有効に扱うことが可能である。
その反面、全体的にリロード性能や武器変更性能は低めに設定されているので、立ち回りには注意が必要。
4.5で追加された予備弾薬は全体的に性能が高く、特にコングやネオなどの総弾数3発の高火力副武器を一発増やせるB+以上のパーツが多く存在している。

現在は「ヘヴィガード(HG)」「ケーファー」「ロージー」「ランドバルク」「ヤーデ」「ジーシェン」「スペクター」「アイアンフォート」「PLUS:G」シリーズがこれにあたる。

へヴィガード系列

装甲特化。本当に特化しており、リロードや武器変更といったトラブル回避能力が軽視されたステータスとなっている。
その分、反動制御という重火力兵装の悩みを解決する能力を高く持つため、重火力兵装への適性は高い。

肩のパーツが他に比べて明らかに巨大であり、腕の関節部以外に何が詰まっているのかが疑問になるほど。
形状としては電脳戦機なテムジンのそれに近い箱形の肩が威圧的。セガということからか。

HEAVY GUARD   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
へヴィガードⅠ型 1000 A
(0.78)
B+
(+25%)
E+
(1.20)
D-
(/0.80)
A- 2.6 クラスD4で支給 - -
へヴィガードⅡ型 1000 B
(0.90)
C+
(+10%)
C
(1.00)
D+
(/1.00)
0.0 LOST 隕鉄塊×10
チタン鋼×2
銀片×5
250
へヴィガードⅢ型 1120 A+
(0.71)
S-
(+45%)
E
(1.30)
E
(/0.70)
S- 2.5 へヴィガードⅠ型/腕を所持 鉛板×15
ウーツ重鋼×3
銅片×10
50
へヴィガードⅣ型 1050 A
(0.78)
B
(+20%)
D+
(1.05)
D+
(/0.95)
A+ 2.3 へヴィガードⅢ型/腕を所持 鉛板×15
ウーツ重鋼×3
ソノチップ×3
150
へヴィガードG型 1070 A+
(0.71)
B+
(+25%)
C-
(1.00)
D-
(/0.80)
A- 2.1 へヴィガードⅣ型/腕を所持 ウーツ重鋼×3
複層重合金属×2
メタモチップ×1
250

ケーファー系列


へヴィガードをマイルド化した系列。
中量腕でいうところのツェーブラがへヴィガード、こちらがクーガーorエンフォーサーという印象でおおむね間違っていない。
装甲をそこそこに確保しつつ、使い勝手に直結するステータスを実用レベルで確保している。
重量こそあるが「欲張りな人向けのハイコスト・ハイバランス」の立ち位置。
…だったのだが次々と使い勝手の良い重量級腕部が発売され近年は後続に押され気味。得意の反動吸収で勝負をしていきたいがその反動吸収がある程度人力でフォロー可能というのが痛い。

露出した駆動部を肩や追加装甲で守るという奇抜なフォルムが特徴。
いわいる某機動戦士のザクⅡの肩シールド的なパーツながら、球面装甲で野暮ったくならずに仕上がっている。
重量級ならば引き締まったスマートさを、中量級ならマッシブさを足してくれるビジュアル。

Kafar   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ケーファー42 930 B+
(0.85)
B
(+20%)
D
(1.10)
D
(/0.90)
A- 2.3 累計バトル時間18000秒以上
or累計スコア5625pt以上
鉛板×5
隕鉄塊×20
ソノチップ×3
50
ケーファー44 910 B
(0.90)
C+
(+10%)
C-
(1.00)
C+
(/1.10)
B+ 1.8 ケーファー42/腕を所持 チタン鋼×15
メタモチップ×2
100
ケーファー45 980 B+
(0.85)
S-
(+45%)
E+
(1.20)
D
(/0.90)
A+ 2.5 ケーファー44/腕を所持 鉛板×20
超剛性メタル×3
ソノチップ×2
200
ケーファー52 1000 A-
(0.82)
B+
(+25%)
D-
(1.15)
B
(/1.20)
A- 1.8 ケーファー45/全部位を所持 占拠章×15 or ユニオンバトル Lv.50
ウーツ重鋼×10
銀片×30
高磁性アグミナ×1
300

ロージー系列


ヘヴィガード系列に勝るとも劣らない装甲重視。重量も同等レベル。
ただし、挙動関連にもある程度配慮がされており、ヘヴィガード系列各段階の間を埋めるようなスペックが揃っている。
重火力以外に、支援や強襲にも何とか乗れる程度の柔軟さを有するパーツ群。

重量腕らしい張り出した肩も健在。上に向って広く、さらにスパッと切られたような平坦な上面がホバー機によく合う。
ただし、LMはその肩装甲をパージ、装甲Aにして中量級のスペックを持つ腕に突然変異した。そしてEVEで重量腕に戻った

Rosie   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ロージーR 1010 A+
(0.71)
B-
(+15%)
D+
(1.05)
D-
(/0.80)
A- 2.4 累計バトル時間42000秒以上
or累計スコア6750pt以上
隕鉄塊×15
ウーツ重鋼×3
ソノチップ×3
50
ロージーR+ 1030 A+
(0.71)
A-
(+30%)
D
(1.10)
E
(/0.70)
A+ 2.5 ロージーR/腕を所持 鉛板×10
複層重合金属×1
メタモチップ×2
100
ロージーLM 980 A
(0.78)
C
(+5%)
C+
(0.90)
D
(/0.90)
B+ 2.1 ロージーR+/腕を所持 複層重合金属×1
銅片×10
カロラチップ×1
200
ロージーEVE 1150 S
(0.63)
B
(+20%)
E+
(1.20)
E+
(0.75)
S- 2.4 ロージーLM/腕を所持 プラントガード/銀×15 or ユニオンレベル Lv.100
超剛性メタル×5
メタモチップ×3
300

ランドバルク系列


ケーファーよりさらにマイルドになって中量級に近づいた系列。
重量型というよりは重めの中量腕と競合しそうなパーツが揃う。
さりげに装甲とリロードが侮れない高水準。その代わり反動と武器変更がトレードオフになっている。必要なスペックに応じて選定しよう。
またチップ数は重量級ワーストレベル。パーツ自体の重さもありアセンは少々難儀する、かも。

AE社らしいヘヴィガードに似たフォルムだが、肩関節にコイルのような円筒パーツが露出してたり、
斜め上に切り欠いた肩部装甲やが正三角形なシルエットを強調する。


LANDBULK   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ランドバルクⅠ型 930 B
(0.90)
C-
(0%)
B-
(0.85)
D+
(0.95)
B 1.6 累計バトル時間60000秒以上
or累計スコア13125pt以上
隕鉄塊×20
銀片×15
メタモチップ×1
100
ランドバルクⅡ型 900 B
(0.90)
D-
(-15%)
B-
(0.85)
C
(1.05)
B 1.5 ランドバルクⅠ型/腕を所持 鉛板×30
隕鉄塊×5
カロラチップ×1
150
ランドバルクⅣ型 950 B
(0.90)
A-
(+30%)
B-
(0.85)
D-
(0.80)
B+ 1.7 ランドバルクⅡ型/腕を所持 チタン鋼×20
ウーツ重鋼×2
カロラチップ×1
250
ランドバルクAT 1030 A-
(0.82)
C
(+5%)
B
(0.80)
D+
(0.95)
B 1.5 ランドバルクⅣ型/腕を所持 最優秀戦闘章×3 or ユニオンレベル Lv.100
複合重合金属×20
ニュード卵×25
高磁性アグミナ×3
350

ヤーデ系列

軽ーく硬ーいヤーデ系ー列碗ー部。
リロードは標準~少し遅い程度だが武器変更は割と良好でチップ容量は低い。
しかし54Sの反動吸収がAと重火に中々の適正を持つので重量調整にはもってこいな一品。
ビジュアル面ではリアルロボットチックな肩がイカす、まぁテカテカ光る特殊装甲がうるさいが···

JADE   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ヤーデ54 920 A-
(0.82)
C+
(+10%)
C-
(1.00)
C
(/1.05)
B 1.7 累計バトル時間116000秒以上
or累計スコア16125pt以上
超剛性メタル×3
銅片×10
黄金片×5
150
ヤーデ54S 1010 A
(0.78)
A
(+35%)
D-
(1.15)
D-
(/0.80)
A 2.2 ヤーデ54/腕所持 鉛板×20
メタモチップ×3
ロゼンジ重回路×2
200
ヤーデ55 950 A+
(0.71)
C+
(+10%)
D
(1.10)
C
(/1.05)
B+ 1.9 ヤーデ54S/腕所持 破壊工作/銀×10 or ユニオンレベル Lv.50
複層重合金属×1
メタモチップ×2
ロゼンジ重回路×5
300
ヤーデVMT 1000 A+
(0.71)
B+
(+25%)
C
(0.95)
D
(/0.90)
B+ 1.6 ヤーデ55/腕所持 破壊工作/金×1 or ユニオンレベル Lv.100
鉛板×15
ソノチップ×3
モノリスNSI×2
400

ジーシェン系列


ここにトラブルシューターによるプロパガンダが入る予定。
市民、あなたは幸福ですか?幸福は義務ですよ。

中華製ブラストの腕部パーツ。
系統全パーツに言えることだが、ブルドーザーやショベルカーのような重機感が前面に押し出されたデザイン。
性能としては系統共通の何かがある、というよりは系統中でそれぞれ平均型、リロード型、反動吸収型とタイプ分けされている感じ。
そのいずれもがバランス良くまとまっている。

またブラスト界においては割とレアな左右非対称腕部なものが多い。


JIXIEN   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
ジーシェン 960 B+
(0.85)
C
(+5%)
C+
(0.90)
D+
(/0.95)
B+ 2.2 累計バトル時間122000秒以上
or累計スコア22875pt以上
ウーツ重鋼×10
銅片×10
銀片×3
150
ジーシェン・フー 950 B
(0.90)
C-
(±0%)
B-
(0.85)
C+
(/1.10)
B 1.6 ジーシェン/腕所持 複層重合金属×1
銀片×10
ペンタクル回路×10
200
ジーシェン・シー 980 A-
(0.82)
A-
(+30%)
D
(1.10)
C+
(/1.10)
A- 2.1 ジーシェン・フー/腕所持 施設破壊章×5 or ユニオンレベル Lv.50
チタン鋼×3
カロラチップ×2
ハニカム回路×5
300
ジーシェン・パイロン 1020 A
(0.78)
C+
(+10%)
C-
(1.00)
C
(/0.952)
B+ 2.5 ジーシェン・シー/腕所持 防衛章×10 or ユニオンレベル Lv.100
超剛性メタル×3
ソノチップ×5
モノリスNSI×1
400

スペクター系列


TSUMOI重工製重量型ホバー機。

機体全体に張り巡らされた赤いパイプ状のパーツは腕部にも健在。MRG以外は肩がガッツリ外に張り出しゴツさもアピール。その割に腕部自体はスマートな印象。
重量級の割には軽く、リロード武器変更も平均以上と使い勝手がいいパーツが揃う。予備弾もB-は全機種クリアしており必要十分。
ただしチップはやや低め。また使い勝手がいい分とがった長所もないため特化型パーツと見比べると見劣りする部分はどうしても出てきてしまう。

SPECTER   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
スペクターⅠ型 890 B+
(0.85)
C
(+5%)
C
(0.95)
C+
(/0.91)
B 1.9 累計バトル時間xxxxx秒以上
or累計スコアxxxxxpt以上
隕鉄塊×20
ニュード集積体×1
銅片×20
150
スペクターⅠ型C 900 B+
(0.85)
B
(+20%)
C-
(1.00)
C
(/0.952)
B+ 1.8 スペクターⅠ型/腕所持 ニュード融素子×1
銀片×10
破損IC×20
200
スペクターⅢ型 950 A-
(0.82)
B-
(+15%)
D+
(1.05)
B-
(/0.83)
A- 1.8 スペクターⅠ型C/腕所持 バトルアシスト/銀×10 or ユニオンレベル Lv.70
複層重合金属×1
メタモチップ×3
ハニカム回路×10
300
スペクターMRG 860 B
(0.90)
D
(-10%)
C+
(0.90)
C+
(/0.91)
B 1.9 スペクターⅢ型/腕所持 バトルアシスト/金×10 or ユニオンレベル Lv.100
複層重合金属×2
ルミノチップ×2
ロゼンジ重回路×5
400

アイアンフォート系列

AE社が送り出した新型重量級腕部パーツ。

初期型は箱型の割とシンプルな見た目だが、後期型になるにつれどんどん肩幅が増えていく。

特徴はやはりアイアンフォートのセトボでもある予備弾だろう。
最低でもA-と3発→4発どころか4発→6発が可能、D型に至ってはS-と非常に優れている。
またそれぞれの装甲の割には武器変更が高め(Ⅱ型除く)で主武器、副武器、補助武器のコンビネーションが得意であり、弾数の増えた副武器を絡めてガンガン侵攻していくスタイルのプレイヤーには大きな助けとなるだろう。
反面、リロードは並以下、反動吸収も重量級の平均には達していない。

IRONFORT   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
アイアンフォートⅠ型 930 B+
(0.85)
D+
(-5%)
C-
(1.00)
B
(/0.91)
A- 1.9 累計バトル時間xxxxx秒以上
or累計スコアxxxxxpt以上
隕鉄塊×10
銀片×20
ハニカム回路×20
150
アイアンフォートⅡ型 990 A-
(0.82)
B-
(+15%)
C-
(1.00)
C-
(/1.00)
A 2.1 アイアンフォートⅠ型/腕所持 チタン鋼×15
真鋼テクタイト×1
ペンタクル回路×20
200
アイアンフォートⅣ型 1040 A+
(0.71)
C
(+5%)
D+
(1.00)
B-
(/0.83)
A+ 2.2 アイアンフォートⅡ型/腕所持 最優秀戦闘賞×2 or ユニオンレベル Lv.70
隕鉄塊×30
カロラチップ×1
ルミノチップ×2
300
アイアンフォートD型 1100 S-
(0.68)
B-
(+15%)
D-
(1.15)
C-
(/1.00)
S- 2.4 アイアンフォートⅣ型/腕所持 最優秀戦闘賞×3 or ユニオンレベル Lv.100
超剛性メタル×1
真鋼テクタイト×3
カロラチップ×2
400

PLUS:G系列


へヴィガードの実戦データを基に再設計された腕部パーツ。
初期型は正にブラッシュアップされたザ・重量級腕部。hwはさらに重量が増した分性能向上といった感じ。
cb型は突然変異種。良くも悪くも重量級らしからぬ性能となっている。

見た目に関しては丸っこい肩とスマートな腕部が印象的なcb型を基準とし、肩に盾等のパーツが追加されていく感じ。
本当に肩に「装甲」ではなく「盾」が付く、といった様相。パーツがゴテゴテと付いたような他の重量級とはまた違ったアプローチでの重装甲表現はイカス。

PLUS:G   Type: 重量型
名称 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ容量 条件 素材・勲章 GP
PLUS:G 1020 A
(0.78)
B
(+20%)
C-
(1.00)
D-
(/0.80)
B- 2.4 累計バトル時間xxxxx秒以上
or累計スコアxxxxxpt以上
隕鉄塊×25
ソノチップ×5
ルミノチップ×1
150
PLUS:G-cb 970 B+
(0.85)
D+
(-5%)
B
(0.80)
B
(/0.91)
C- 1.8 PLUS:G/腕所持 隕鉄塊×15
超剛性メタル×3
ルミノチップ×2
200
PLUS:G-hw 1110 S-
(0.68)
S-
(+45%)
D+
(1.05)
C-
(/1.00)
B 2.3 PLUS:G-cb/腕所持 占拠章×15 or ユニオンレベル Lv.60
鉛板×15
超剛性メタル×5
ルミノチップ×3
300
PLUS:G-fa 1180 S-
(0.68)
A+
(+40%)
C
(0.95)
D+
(/0.95)
A- 2.0 PLUS:G-hw/腕所持 最優秀戦闘章×3 or ユニオンレベル Lv.120
ウーツ重鋼×3
複層重合金属×2
ルミノチップ×4
400