砂場小劇場

砂場での遊びが過ぎたようだな。表へ出ろ!


バキ風にボーダーブレイクを語る 第2幕

全ブラスト入場!!

コア潰しは生きていた!! 更なる研鑚を積み人間弾丸が甦った!!!
コア凸神!! アスラだァ――――!!!

素手の殴り合いなら我々の装甲がものを言う!!
素手のアイドル 超重量級珍獣シュラゴン!!!

タイマンなら絶対に敗けん!!
エアロン式のケンカ見せたる 歩く戦車 ランバラルクだ!!!

バーリ・トゥード(なんでもあり)ならこいつが怖い!!
AE社のスピード・ファイター フォーミュラだ!!!

ルールの無い戦闘がしたいからバウンサー(防衛麻)になったのだ!!
エリア移動でプロの防衛を見せてやる!!セイバー!!!

めい土の土産におにぎりとはよく言ったもの!!
達人の奥義が今 実戦でバクハツする!! 空心流凸術 シュライク先生だ―――!!!

闘いたいからここまできたッ キャリア一切不明!!!!
ナクシャトラのエースファイター ヤクシャだ!!!

硬ァァァァァいッ説明不要!! 全身装甲S!!! SB装甲UP!!!
浮遊する不沈艦・ロージーだ!!!

圧勝はオレのもの 邪魔するやつはワイスマで思いきり殴りリムペで思いきり爆散させるだけ!!
ベンノが誇る史上最高の翡翠 ヤーデ!

自慢のSP供給を試しにマグメルへきたッ!!
白銀の円盤装甲 ディスカス!!!

美肌に更なる磨きをかけ ”男殺し”雷花が帰ってきたァ!!!

今の自分に死角はないッッ!! 元祖・スナイパーツェーブラ!!!

四条四千年の拳技が今ベールを脱ぐ!! 日本から 迅牙だ!!!

支援の仕事はどーしたッ TSUMOIの炎 未だ消えずッ!!
治すも壊すも思いのまま!! エンフォーサーだ!!!

特に理由はないッ ベンノが強いのは当たりまえ!!
ナク社にはないしょだ!!! 反動を喰う甲虫王者!
ケーファーがきてくれた―――!!!

暗黒街で磨いた実戦カラテ!!
不可視のデンジャラス・スナイパー E.D.G.だ!!!

空中戦だったらこの人を外せない!! 超A級飛翔師 B.U.Z.だ!!!

超一流ガチムチの超一流の喧嘩だ!! 生で拝んでオドロキやがれッ
AE社の鋼鉄人!! ヘビィガード!!!

人気投票一位の王者が帰ってきたッ
どこへ行っていたンだッ チャンピオンッッ
俺達は君を待っていたッッックーガーの登場だ――――――――ッ

……ッッ  どーやらもう一名は到着が遅れている様ですが、到着次第ッ皆様にご紹介致しますッッ!

バキ風にボーダーブレイクを語る

「最強の武器が見たいかッッ!」
「わしもじゃ! わしもじゃみんな!」
「全選手入場!!」

ガチムチ殺しは生きていた!! 更なる研鑚を積み凶悪判定が甦った!!!
魔剣!! SW-ティアダウナーだァ――――!!!

榴弾砲はすでに我々が完成している!!
タイタン榴弾砲だァ――――!!!

組み付きしだい斬りまくってやる!!
強襲補助装備代表 デュエルソードだァッ!!!

タイマンでの撃ち合いなら我々の歴史がものを言う!!
初期の中の初期武器 M90サブマシンガン!!!

真の護身を知らしめたい!! 狙撃副武器 マーゲイ・カスタムだァ!!!

施設破壊は3階級制覇だが面制圧なら全階級オレのものだ!!
三点バースト狙撃銃 LZ-トライアドだ!!!

コア凸対策は完璧だ!! 支援副装備 ヘヴィマイン!!!!

全ブラストのベスト・ディフェンスは私の中にある!!
シールドの神様が来たッ シールド発生装置・改!!!

タイマンなら絶対に敗けん!!
ガチムチ支援のケンカ見せたる 特攻隊長 ワイドスマックだ!!!

バーリ・トゥード(自爆もあり)ならこいつが怖い!!
ピュア・ファイター サワード・コングだ!!!

強襲補助装備から炎の虎が上陸だ!! 強化型Gランチャー!!!

ルールの無い偵察がしたいからサポート(支援)に乗ったのだ!!
プロの偵察を見せてやる!!アウル偵察機!!!

めい土の土産に撃破ポイトンとはよく言ったもの!!
狙撃の奥義が今 実戦でバクハツする!! 「セントリーガンLZ」 千鳥先生だ―――!!!

瞬間火力最強こそが地上最強の代名詞だ!!
まさかこの男がきてくれるとはッッ GAXエレファント!!!

補給したいからここまできたッ キャリア一切不明!!!!
支援の補助装備 弾薬BOXだ!!!

オレたちは突撃銃最強ではない強襲兵装で最強なのだ!!
御存知「蠍」 ヴォルペ・スコーピオ!!!

重火特別装備の本懐は今や異音にある!! オレを驚かせる奴はいないのか!!
エアバスターT10だ!!!

重ォォォォォいッ説明不要!! 重量1100!!!
ギガノト榴弾砲だ!!!

バズーカは弾数多くてナンボのモン!!! 超実戦サワード!!
サワード・カスタムの登場だ!!!

Aプラはオレのもの 邪魔するやつは思いきり撃ち思いきり刺すだけ!!
奇襲占拠統一王者 光学迷彩・試作型

ニュードの威力を試しにここへきたッ!!
プラズマカノンXM!!!

朱魔苦流に更なる磨きをかけ ”あぶさん”アヴローラβが帰ってきたァ!!!

俺の索敵に死角はないッッ!! 広域索敵センサー!!!

中国四千年の口技が今ベールを脱ぐ!! 香港から 嬰獲主璽威-雪崩-(ASG-アヴァランチ)だ!!!

ファンの前でならオレはいつでも全盛期だ!!
萌える闘魂 アトラント榴弾砲 本名で登場だ!!!

支援の仕事はどーしたッ 闘士の炎 未だ消えずッ!!
治すも壊すも思いのまま!! リムペットボムVだ!!!

特に理由はないッ 重火が強いのは当たりまえ!!
素ガトにはないしょだ!!! 日の下開山!
ウィーゼル・ラピッドがきてくれた―――!!!

暗黒街で磨いた実戦加速!!
強襲のデンジャラス・ライオン AC-マルチウェイだ!!!

修羅麻だったらこの武器を外せない!! 超A級軽機関銃 M99サーペントだ!!!

超一流狙撃銃の超一流のCSだ!! 生で拝んでオドロキやがれッ
38式狙撃銃・遠雷!!!

3ptシュートはこの男が完成させた!!
強襲の切り札!! 41型強化手榴弾だ!!!

若き聖銃が帰ってきたッ
どこへ行っていたンだッ チャンピオンッッ
俺達は君を待っていたッッッLZ-ヴェスパインの登場だ――――――――ッ


加えて負傷者発生に備え超豪華なリザーバーを4名御用意致しました!
目潰し ECMグレネード!!
伝統派回復装置 リペアユニット!!
啄木鳥!GAXウッドペッカー!

……ッッ  どーやらもう一名は到着が遅れている様ですが、到着次第ッ皆様にご紹介致しますッッ

ジェフ「会いたかったよミスターオリバ 憶えているかい
    元B2ボーダー ジェフ・マークソンだ…
    1987年・夏…スカービ渓谷
    当時私は(損壊した)自動砲台相手に秘密のアルバイトに精力的だった
    そんなある日君はわたしの背後に立つ
    逆上するわたしの銃術を君はあざけり
    恐るべき破壊を実行する
    自動砲台を破壊し レーダー施設を破壊し コアを破壊し
    およそ自軍が大敗だけを免れる ギリギリの破壊──
    その日以降のわたしのカスタマイズが想像できるかね
    修羅な手足パーツは一本もない…(頭:HGIII 腕:HGIII)
    君に会いたかった
    わたしは24日間準備してきたのだよ
    今日…この日のために… 後悔先にたたず…
    あの時わたしを撃破しておくんだったな…」

オリバ「とんだ誤解だ
    まるで今からGPを追加して新武器を購入するような…
    嬉しいやら楽しいやら・・・」

ジェフ「まずは着ている物を久我Iに戻すんだ
    上も下も全部だ」

    重量ペナルティ 30%

ジェフ「ナルホド・・・一介の修羅機体など歯が立たなかったわけだ
    いい度胸だ…今夜(アフターファイブ)を待った甲斐がある」

オリバ「再戦を喜びあおうじゃないかジェフ・・・」

ドンッ ドンッ ドンッ ドンッ

オリバ「銃が小さすぎるぜ なあジェフ
    散弾銃(クイックスマック)じゃわたしを獲れんよ
    ガチムチの強襲をクイスマで仰け反らせられんようにね」

ジェフ「知っている」

オリバ「ナルホド 次の兵装の用意があるようだな
    ここにきてよもやコアニートでもあるまい」

    ス… ピピッ

オリバ「ハハ マ剣(マーシャルソード)とは」

    (ダッシュ斬りをジャンプで避ける)

ジェフ「そう動くことも──知っていたッッッ」

    (ACダッシュ斬りで追撃する)

    ガキッ グッ

オリバ「心臓をリムペでカバーしてあるのさ

ジェフ「オッ オッ オッ」

オリバ「君はつまらん」

    自爆 [貢献 -10pt]
    ジェフ・マークソンを撃破 [戦闘 +5pt]



      ,,;;''"´_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ミミ;;;;;;;彡彡;;;;;ヽ、
    ,.;:'";;;;;;彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ;;;;;;;彡〃彡;;;`i、
   ,;:";;;;彡彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;彳,;:´;;;彡;;i、
  ,;i´;;;;;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;三三ミ;;;;;;;;;;彡'''"`!、;;;;;;l,
  .l;;;;;;;;;;;;;;=;;;=;;;;::=====‐-;;;;;;;;;::-''"    `t;;;;l
  l;;;;;;;;三=;;;;;;;,i´                `i;レヽ
  .!;;;;;;;;;;;彡;;;;l'               ,,.;:'"`水 l,  
  `i;;;;;;;;;;;彡'"            、   ,.;:‐'",,;:'"´ |、 l,
  'l;;;;;;;;;:''"  _         l  ./_,.::'"ィ==i l ),l
  ,」;;;;;;l  / 二二ニニニ、.  l  レ´,r_ニフ ノ レ j
  i'`ヽ;;;i /r‐''"~~~,.ニニ、、    !. l '"'''''"´  レ′ 
  .rγ、ヽ  _,.;:;:'''`ー-‐",.> f´   .i、    ヽ、l'    
  .l VΛi、   ``ー ''"´ノ ヽ   ,.;;、、    .ll、
  ゛i、 (ヾ、          ノ   ´ ,)     j .i、
   `ヾ、 ゝ         ノ   -‐'"  ._   ノ `i、   ,,,,......,,,
     `t-`:、         `゛`ー'',,,....,,i´  /   i-iー'";;;;;;;;;;;;`゛`^
      |  `i、        _,,,.ィニ,;イ,ノ  /     .l.l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      l   ゛ー、    ´ ̄``ー--‐''"  イ     !l;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;
      `i    ゛`ー;:、          / |    丿;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ,,)      ヽ``ー、、       / l    ノ;;;;;;;;;;;     .;;
 ,,.;:-ー''''"/        ヽ、 ~`ー--==-‐''  l  ,.ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

範海王「一見たおやかに 一見優雅に見えようとも
    中身は立派な主武器というワケだ
    しかし 闘争という高密度な状況下で
    近距離のみに限定した支援兵装はいかにも不自然…
    たとえば ガトリングッ」

    ボッ

範海王「当たらぬまでも─ 射程距離の差は明白
    撃ち続けてる限りは君の散弾は届かない
    しかも
    重火力と支援との火力差は今さら説明の必要もない
    ワカるかな 不完全なんだよ 君は」

寂海王「バキさん 彼の説を支持するかね」

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   支援兵装に遠距離技は無い……
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  そんなふうに考えていた時期が
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  俺にもありました
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!


寂海王「ほう では遠距離技があると…」

バキ 「ええ 支援兵装には遠距離技が存在します」

        【工作章】を獲得
    範海王を撃破 [戦闘 +5pt]

          /              
         /                            支
         |                        大
         |                             援
        ノ,,; ''´                      地
          (::;' _             r‐-、             兵
        ヽ | |ll=============;:;:;:;:l /Ξ        に
           `| |)〉,〉        ;:;::;、ヾ、ヾ  兵         装
          i~:| |:::          ;:;:;:;:'´ノ丿        地
          / ニ          ,.,.:;;:;: ' i'   装         
         (  ~)、        ;:;:;:;:;:゙ー'´          雷
        `;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.,.,.   ,.;::;;:;:;:;:      な          っ
         `==、 _;:;:;:;:;:;:;:;,.,.,.,;:;:;:;:;:;:;:            を
          r-ニニ>、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;      ん         て
          ー 、   ,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   /         撒
            |   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  /    だ
               !、   ;:;:;:;:;:;:;:;: //            く
            ゝ- ';:;:;:;:::;´ //     




しまった、上のジェフvsオリバの内容を忘れてしまったっっっ・・・・・・
ネタを悪化させられないっっっ・・・・・・

           _人人人人人人人人人人人人人人_
            >    ヤイサホーーーー!!   <
             ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

                      orz



    範馬刃牙を再始動 [貢献 +1pt]

バキ    「烈さん」

烈海王  「復ッ 活ッ
       範馬刃牙復活ッッ
       範馬刃牙復活ッッ
       範馬刃牙復活ッッ
       範馬刃牙復活ッッ
       範馬刃牙復活ッッ」

バキ    「してェ…」

烈海王   「範馬刃牙復活ッッ」

バキ(狙撃)「兵装変更してェ~~…〇| ̄|_」



ドリアン「よかった 君が現れてくれて…
      質問をしたい
      強さとは… 強さとはいったいなんだろう」

烈海王「敵軍のベースにコア凸する力──
     我儘を押し通す力──
     私にとっての強さとはそういうものです」

ドリアン「…とするならば」

烈海王「敗北を熱望しながら
     ポイント稼ぎに没頭しているあなたは──
     一度も勝ったことがない」

ドリアン「クッ クッ クッ クッ
      喜劇だ… 敗北を望んで以来──
      リペアラー/金を飽食し尽していると思っていたわたしが実は
      一度も勝ったことがない
      ハハハハハハハ これ以上の喜劇があるかねッッッ
      ハハハハ ハハハハハ 傑作だッッッ
      フゥ~…
      烈よ…
      施設を修復したいな」

烈海王「それはかないません
     たった今 生まれたばかりのささやかな夢
     この剣が断つ」

     バッ

ドリアン「海王ッッッ」

     ゴオッ ドリゥッ

     気づいていたよ烈 海王
     わたしこそが敗北者だったのだ
     勝利に彩られていたハズのこの人生が
     その実 銅片に満ち───
     ───── ……ッッ

    ドリアンを撃破 [戦闘 +5pt]



陳海王「41型と魔剣…
     この2つの融合が強襲兵装を特別なものにした
     白兵兵装に手榴弾を加えることにより
     他の兵装がとうてい達しえぬレベルに到達した
     しかし…それでは不十分
     足りぬからこそ突出したガチムチなどに不覚を取る
     41型と魔剣… さらに加えることもう一つ

     蠍(スコーピオ)

     41型 魔剣 蠍 以上3つの融合を以って三種の神器
     量産機と今風に言うとワカりやすいか」

寂海王「なるほどな バカに強力な銃撃だと思ったが
     三点バーストの理を加えたというワケか
     つまり 集弾性の理を…」

陳海王「お昼の代をBBに持ち出すだけのことはある
     理解が早いッッ」

寂海王「なァ陳くん
     陳くん… わたしと狙撃兵装をやらんか
     給水塔にいるわたしの弟子が2万4千人
     共に闘ってみんか」

陳海王「はァ?」

実況「なんとッッ
    なんとここにきてヘッドハンティング!!
    戦闘終了前にして異例の青田刈りだァッッッ」

寂海王「陳くん 君を丘スナイパーとして迎えたい なァ陳くん」

実況「前代未聞の10人狙撃ッ」

寂海王「コア凸だけではつまらんぞ」

(38式・改に当たり吹っ飛ぶ陳海王)

寂海王「陳くん 戦闘終了までベースを防衛していてくれたまえ

陳海王「~~~」

寂海王「敵レーダー施設を手土産に君らを迎えたい」

ボグッ

実況「頭を射抜かれたか~~!!」

審判「勝負ありッッ」


シグルイ風にボーダーブレイクを語る


    近接戦章と高い重量耐性がなければ
    上下することさえ難しいその大剣は
    体長5メートルのブラストを二つに切り裂く威力にちなんで
    “SW-ティアダウナー”と名付けられている

伊良子「AB御用達の魔剣とお見受けいたすが」

牛股 「不作法お許しあれ」

    うおおお ぶおぉ ぶわん ぶうんっ ぶおぉん

伊良子「太刀筋はお見破り申した
     このあたりでやめにいたすのも
     ボーダーのいさぎよさかと」

藤木 「山内 大坪 リペアポッドをふさげ
    牛股師範の肩ならしが済んだ」

伊良子「いかに牛股どの」

牛股 「未だ極め尽くさぬ身の上なれど」

     ボ眼流 お見せつかまつる

     ピュッ ピウッ

藤木 「消えた 彼奴の笑み」

牛股 「殺めるは易し 白兵戦闘/金を獲るは難し」

伊良子「ようやくまことの剣にめぐり会い申した
     マ剣の月日 今は悔ゆるのみ
     本日ただいまより ウーツ重鋼を貯めさせて頂きたく…」

    ガイイィン (金属音)

牛股 「戦場は芝居をするところではござらぬ」

伊良子「て てめえら
     リペアポット!己のリペアポッド!
     どけ!己のリペアポッドだ」

藤木(使用中)「リペアポッドは手榴弾補給のための施設
        命のやりとりではござらぬ」

伊良子「き… ひ…」

一同 「おおっ」

藤木 「あんなところまで…」

    この時清玄が見せた跳躍は
    ACによって到達し得る領域を明らかに凌ぐものである

牛股 「彼奴め AC慣性がありおる」
※ACを使用したテクニック
藤木 「否 彼奴はすくたれ者にござる」
※おくびょう者
牛股 「コロッサスを持て!」


不逞の輩A「第三採掘島じゃ強襲兵装てえのが有名らしい」

不逞の輩B「どんな田舎兵装よ、きょうしゅう兵装てのは」

不逞の輩C「それがな、主武装の突撃銃は装弾数ともどもいかれちまってるし」

不逞の輩A「二つの武器のうち、手榴弾ってのは愚鈍、ACってのは慣性がなくなっちまったっていうぜ」

不逞の輩D「ぷッ」

不逞の輩E「田舎兵装ならぬいかれ兵装てか!」

 もういっぺん申してみよ!

 修羅Ⅰパーツもあどけない
 強襲兵装の麒麟児、近藤涼之助、B5である。

不定の輩A「なんだぁ前髪、おぬし強襲兵装か」

     「蕾見してみいや」

 デュエルソードによる特殊攻撃一閃
 クラスは低くともICカード2枚目の腕前である。

 同時に
 重火力兵装のサワード・コングはロック
※ロック=近距離ロック
 ガトリングの像さんはアイドリングに

 狙撃兵装の遠雷は涼之助の頭部に狙いを定め

 支援兵装が取り出したるはリムペットボムV

 そして

 店内ランキング上位、クラスA1

 ギガノト榴弾砲の笑み


牛股「涼…」
近藤「師範 申しわけございません
   涼之介はボ眼流を私闘に用いたのみならず
   果し合いの契りまで…
   相手は無職の廃人者七名 第三採掘島に暮六ツ
   立会人を連れて参れと…」
牛股「涼…」
近藤「なにとぞ お許しを
   命にかえてもわたくしのデ剣にて
   打ち果たしますゆえ!」
牛股「涼!!」



牛股(ベテラン)「いい働きだ」

NICEというチャットは本来攻撃的なものであり
獣が牙をむく行為が原点である



伝鬼 ガンターレットによる脳挫傷 [戦闘 +5pt]
柿右衛門 自動砲台による脳挫傷
鎌エ門 ガンターレットによる肺破裂 [戦闘 +6pt][combo]
左馬之助 弾頭が咽頭に詰まり 窒息死 [戦闘 +7pt][combo]
軍蔵 ガンターレットの爆風に巻き込まれての水没死 [戦闘 +3pt]
右近 自爆

近藤「素手で…」

藤木「野良犬相手に表道具は用いぬ」

丹波「ベース前に竜が潜みおるとは…」

(物陰に隠れて榴弾発射の態勢をとる)

近藤「できますよ あの男は」

藤木源之助の右手が存在しない大筒を掴んだ

近藤「…っ」

宗像「見ておれ」

    丹波蝙也斉を撃破 [戦闘 +8pt][combo]

前年 師範牛股によりターレットスキル/金を授かった
源之助の兵装は久我であろうと凶器そのものである
蝙也斉が倒されるとダウンした廃人者の頭部に遠雷が落とされた

藤木「一つ残せ」

このプラントは戦力を分散させるための撒き餌となる

涙が自然に溢れてきた
自己が学んでいるボ眼流こそが
最強であることを目の当たりにしたから
いつか自分もたどり着きたい
理想のボーダーが9人の前でポーズをとっているから

近藤「いつか私も…」