ボーダーブレイクを初めてプレイする人へ

牛マン巡回済


このページは今までゲーセンでボーダーブレイクをプレイしたことがない人やボーダーブレイク初心者の為のものである。

はじめに

ボーダーブレイクとは、ポイトンを稼ぐ……じゃなくて敵ベースに侵入してコアを破壊するゲームである。
決してプラントの色が変わった瞬間にまたそのプラントを取りに行くものではない。
コアは前線を維持していれば基本的には破壊されないので、
「前線を上げる」ということを意識してプレイすることが重要になる。

そういった面でも、初めのうちはなるべく強襲か重火でプレイすることをオススメする。
「砲台修復は任せろ〜(ピロピロ)」でポイトン稼ぎは許さないよ。
というか、貢献pt欲しいならコア凸した方が大きく稼げる。

最初にする事 ~ボーダーブレイクを実際に始めるまでに~

まず、服を脱ぎます。

100円玉を5枚以上用意する事から始まる。
1000円札もしくは500円硬貨を両替しても良い。
10万円金貨を全部100円硬貨に両替するのも構わないが、重くなるので体力に自信の無い人やポケットやカバンにゆとりがある人以外にはお勧めしない。
……というか、両替機のコインが足りなくなって店員さんが困るので、必要以上の両替はやめよう。な!

なお、過度の両替は業務両替として店からマークされる危険アリ。財布をブレイクさせる覚悟で入店したとしても、当日使い切る分だけ両替しよう。小銭を用意する店側に負担が掛かっていることを忘れずに。

( 電)<マジレスすると、硬貨の多量両替はそんなに困らない。むしろ万札を千円札にしまくる両替のほうが大迷惑。
( 電)<硬貨切れても、筐体から移動させれば無問題なのに対して、札切れは店員がガチの「業務両替」に行かなきゃならなくなるから。

ICカードを買う前に。

ボーダーブレイクはICカードを利用して成績や素材・機体アセンの認証をしている。
ICカードを使ってのプレイこそが本命であり本番である。

しかし、ICカードが無くてもそれなりのプレイは可能。
全くの初心者の君なら、ICカードを買う前にチュートリアルを受けてみるのも悪くない。
チュートリアルは2つあり、一つは基本的な操作方法を、もう一つは行動方針を教えてくれる。

ここで「あ、無理」と思って引き返せばICカードの300円を無駄にしなくて済むうえに
UFOキャッチャーで熊のぬいぐるみでも取って家に帰り、ぎゅっと抱き締めて「ちょっと無理かな…」と呟くと萌える。(※ただしry)

もっとも、最近のUFOキャッチャーはなかなかな賞品をおく代わりにとりにくい傾向が…。
偉い人は言いました。UFOキャッチャーは貯金箱であると。

( 電)<ちなみに最近のぬいぐるみは1回200円が多い。ボーダーをプレイした方がマシだな。


ICカードを購入しよう。

ICカードは大抵筐体の近くに設置されている白くて縦に細長い機械で購入する事ができる。
店舗によっては似たような販売機のある別のゲームがあるかもしれないので、ちゃんとボーダーブレイクのICカード販売機か確認してから硬貨を投入しよう。
そこのお前、それはAimeだ。ボダには使えんぞ。

カウンターなどで手売りしている所もある様子。その場合、カードの柄が選べる場合があるので、気に入った物を選ぼう。
ただし、フィオナ(オペ子)柄を買い占める事は店が許しても俺がゆ゛る ざ ん!

ICカードを買っただけならまだ充分引き返せる状態だ。
言うなれば、モーフィアスから青い薬と赤い薬を渡された所だ。
ここでやめようと判断したのなら、
全く何も手をつけていないICカードなら店員に言えば相談に乗ってもらえる場合もある。

( 電)<あー、これは無理な。よほどのことがない限り無使用でも返金は出来ませんぜ。

知り合いにボーダーが居れば買い取ってもらえるかもしれない。あるいは筐体から席を立ったあんちゃんと相談だ(カードは100回使うたびに更新しなければならないので需要はある)。
2015/12/6、ICカードの使用期限が無制限になったので、オマエハ、モウ、モドレナイ

キャラクターを作ろう。

いざ、戦場に身を置く覚悟ができたのなら、ICカードを筐体に差し込む前にしたておいた方が良い事が1つある。

己の分身となるキャラクターの名前を10文字以内で決めておくのだ。
漢字や記号なども多く使え、他の人とのカブリを心配する必要も無いが、
文字配列などがどうなっているのか判らない状態で複雑な名前を制限時間以内で入力するのは緊張するものである。

入力画面になってから考えている間に制限時間が減っていき、慌てたあまり誤入力したり、文字数が多すぎて登録できなかったりで、やり直しになって迷っているうちに制限時間が切れてしまったりしては取り返しがつかない。
少なくとも2010/07/02現在、一度登録したキャラクターネームを変更する方法は無い。
なので、名前はICカードを筐体に差し込む前に決めておくほうが無難。

※2010/07/27より、BB.NET(有料)を利用しているプレイヤーに対し、プレイヤーネーム変更のサービスがスタートした。牛マンによる偉い人へのねじ込みが功を奏したか否かは不明だが、とりあえず牛マンGJ。
ただし、変更に際してはかなりの対価(BB.NETに登録している期間に応じてもらえるポイントのようなもの)を必要とするため、頻繁に変更することは難しい。でもいつの間にかそのポイントは溢れている事が多いので、ベテランプレイヤーだと数日ごとに名前が違うなんて事もある。
やはり、最初にカードを作る際に上記の点に注意して、ミスが無いようにしたい。

アバターの種類は名前さえ決めていれば迷う事はないだろう。
心配なら筐体近くに備え付けられているパンフレットなどを参考にするのもを悪くない。
稀に「俺の理想の少女は少年だった!」などと悶えている人も居るが……それはしかたないね。
もしも「俺は熱血でカードを作ったけど幼女にアバターを変えたい!」などという事が起きたら、その時はやはり上述のBB.NETに登録していればポイントを払って変更出来る。その際、今までゲットしたアバターパーツは残るのでご安心を。ベテランプレイヤーだとやはり数日ごとにアバターが変わっている事もある。

なお、サブカを作るメリットがかなり薄いゲームなので(ゲーム内の入手アイテムは一切無くならない。せいぜいアバターと名前が固定というだけ。カード間のアイテム取引などもないので持ち越せるのは自分の腕前のみ)長く使っても大丈夫な名前にすると吉。流行りのアニメやゲームのキャラ名、または後に黒歴史になるような名前にして半年、1年後に後悔しても責任は持てない。ネタネームは飽き易いので注意な。

( 電)<アバターを少女にして名前を「ゴンザレス」などにすると後で後悔するぞw

\ はい竜巻落とし! / \ アッー /

上達のコツ

1. ボタンの配置を覚える

ゲーム中にボタンの位置を確認する為に下を向いていないだろうか。そしてその間にデ剣を引き摺る強襲が降ってきてあばばばば……。相手のマシンガンであばばばば……
BBをやる上で誰もが通る道である。多分。
こうならない為に、ずっと画面を見た状態で自由自在にBRを動かすことを目指そう。

慣れない内はどのボタンをどの指で操作するかをあらかじめ決めておく良いだろう。
基本的にLグリップ(黒くて太い棒みたいなヤツ)は左手で操作しよう。
ムーブスティックとアクションボタンは親指、ジャンプボタンは人差し指、ブーストボタンは中指、パイタッチは薬指、小指は添えるだけ。
Rグリップ(マウスみたいなヤツ)は右手で操作するようにする。
Aボタンは人差し指で、Bボタンは中指で、Cボタンは親指で、Dボタンは薬指で、Eボタンは小指で操作できるようにしておこう。

画面タッチはその時離す事ができる手で行なうのが無難。
多くの場合、一旦マウスから手を離した右手で行なう事になる。
指であればどの指でも可能だが、拳で押すのはダメ、絶対。
静電気で感知するシステムなので爪等で圧力をかけるよりも指の腹でなでるようにすると正確にタッチできる。
慣れてくれば口に咥えたiPad用タッチペン・足の指・念能力・スタンドなどで押す事も可能である。

( 表)<ガチの初心者の方へ。このページ、実は、 ここ のパロディとして始まってるから、「なんだこれ」と感じた項目はスルーが推奨。まぁ、このページに限らず、ネタうぃきのお約束だが。

2. リズムを取る

大抵の敵は頭を狙ってくるので、頭の中で敵の動きに合わせて「タンタンタンタン」とステップするようにしよう。
これで頭部への被弾はグッと少なくなるはず。

……とは言うものの、これは相手が的確に頭を狙ってくる上級者であるから有効なのであって、ぶっちゃけ、始めたばかりなら相手の事など考えなくていい。
自分のやりたい事を好きにやって戦場を駆けよう。リズム取りのような駆け引きはやっていく内に覚えていく。

ただ、これはボダブレのタイマンで一番面白い所。意識するとより楽しくなる所なので、余裕があればやってみよう。
自分のリズムを相手に押し付けろ!

3. 自分が知っているマップで慣れる

ステージを覚えていると進軍がしやすく「大体こんな感じで攻めてくるんだろうな」という予測がしやすい。
はじめの内は知っているステージをプレイしてこのゲームの感覚を掴もう
……と言ってもステージなんて初心者が覚えてる訳ないし、そもそも最初はスカービ渓谷でしかプレイできない。とりあえず本家wikiのスカービ渓谷の部分を読んで少しでも知識を増やしておきたい。
あ、ネタwikiのスカービ渓谷は間違っても初心者向けじゃないから注意だ!
「プラント取ってる奴はボーダーだ!そんなことよりコア凸してる奴は良く訓練されたボーダーだ! 本当に渓谷は地獄だぜ フゥハハハハー!」

D4クラスからは人間が相手となる全国対戦に移行し、マップが週ごと、または隔週で変化する。動画を見たり個人演習で下見するなどしておくとスムーズに対戦に入れるだろう。
逆に見ておかないと、「カタパルトはどこ!?」「リペアはどこ!?」と戦場に迷子になっている所をスナイパーに撃たれて消し炭になりかねない。予備知識が無いなら個人演習でざっと一望しておきたい。パーツがクーガーでも300GPあればだいたい全体を回れるので、下手に順位を落とすよりは確実にお得。

4. 画面全体を見る

画面右下の方にはレーダーが存在する。当然それを見るというのは大変よろしいことなのだが、そっちにばかり意識を向けていたらいつの間にか正面に敵が出てきあばばばば…
こういうことにならないようにできるだけ画面全体を見るように心がけよう。

画面情報から分かることは多く、特に(表示される距離は頭の索敵性能に依存するが)敵の頭上に表示される名前はレーダーと並んで、敵の位置を把握するのに重要である。

後述するが、敵との位置関係は生存と効率的な特攻をするために重要なことである。
左下のアバターを注視しながら、「俺の少年が一番可愛い!」とハアハアするのは構わないが、(いろんな意味で)背中に注意すること。

5. 力を抜く

ボタンを必要以上に強く叩いていないだろうか。強く叩きすぎるとボタンがへたれたり詰まったりして、無反応や多重反応が発生してしまう恐れがある。
最悪の場合弁償や入店禁止になりかねない。
特にアクションボタンは素早く屈伸したりすると無意識のうちに少し強めになってしまうかもしれないが、そこをぐっと堪えて力を抜いて屈伸するようにしよう
軽く乗せる感じで押すようにするのがコツ。
また、ヴォルペ突撃銃やマーゲイ、STARといったマニュアルバースト(手動連打)式の武器を使う場合、変に力が入ると指の動きが悪くなり、AIMや瞬間火力に影響が出てしまう。
自身の成績、そして何より他のお客や店に迷惑をかけない為にもこの点は特に守るようにしよう

ちなみに、人体工学的な話をすると、指の筋肉は手のひらの根元、よくリストカット等でおなじみになるあの柔らかい部分で束ねてあり、
親指の付け根あたりで枝分かれしている。
そのため一つの指の緊張が他の指に伝播しやすく、一つの指が力むと他の指も無意識的に力み、動きが悪くなる。

6.長生きしよう

別に安全地帯でダラダラしているのを推奨しているわけではない。
当然前線に飛び出していかなければならないが、そこで敵を倒す事より長生きする事を意識して頑張ってみよう。

中級者・上級者には、長生きするよりコア凸、長生きするより撃破上等で敵機撃破を狙いキルデスを……というように撃破されることが前提の戦術もあるが、ここは初心者のページである。 

ボーダーブレイクは何度死んでもGPがある限り戦線復帰が可能だが、撃破されれば10秒以上のタイムロスがある。
具体的に10秒で何ができるかというと、
  • 敵1機撃破する場合、M90サブマシンガンであれば少なくとも4秒あればいい。10秒間に最大二機撃破として(10+連続撃破ボーナス)ptの損。
  • コア凸を決めれば同じくM90マシンガンのみで10秒間攻撃できた場合、リロード含めて最大でコア攻撃点(4pt*5の20)pt分の損。
もちろん実践では上記のようなデータ通りにはなりえない。上記のような得点を稼げるのはニュードタイプと呼ばれる超上位勢のみであるが、一つの基準として覚えておいて損は無いだろう。
このように考えると上級者でも無視できない大きな損が発生していると理解しよう。
さっさとクラスを上げてレアな素材を手に入れたい初心者ならば尚更この時間の無駄は避けたい。
出撃したはいいものの無策に激戦区に飛び込んだ挙句、何もしないうちに倒されてしまえば犬死にである以上にプレイしている本人が楽しくない。

少しでも長生きし、相手の動きや自機の性能に慣れよう。

7.撃破される事を恐れない

おいィ!上の項目と早速矛盾してるじゃねーか!
…と言いたくなる気持ちを抑えて、まぁ聞いて欲しい。別に、敵集団へ特攻して蜂の巣にされて来いと言っている訳ではない。

プレイヤーの性格にもよるだろうが、必要以上に撃破される事を嫌い腰の引けた戦い方をする事は、このボーダーブレイクというゲームのシステム上、効率が悪い場面が多々ある。
具体的に言うと、
  • 通常、武器は遠距離になると威力こそ落ちないが、ブレが大きくなってとてもではないがライフを減らすほどの命中率にならない。
  • 後方からでも攻撃できる榴弾砲を持つ重火力兵装も着弾誤差やSPチャージといった要素の他、敵にバレやすいことから余程上手く計算した爆撃でないと命中させられない。
  • 同じく後方からの攻撃が可能な狙撃兵装は、そもそも命中させるのが困難であり、ワンショットワンキル、つまり命中=即死を狙う場合はヘッドショットするための更に高い技量が求められる。
  • 味方施設の修復や、索敵で稼げるとされる支援兵装はver.1.5の調整のお陰で時間一杯、最大効率で粘っても貢献50ptを超えづらくなったため、Bランク突破に必要な総得点80ptを稼ぐには積極的に前線に出てptを稼がなければならない。
  • リペアポッドで弾薬が最大回復するには最大10秒かかる(ポッドに入って10秒経つと瞬間的に弾薬が最大値まで補給される)。これに加えてリペアポッドにたどり着くまでに「エリア移動+リペアまでの徒歩」分の時間がかかる。
  • 何よりもプラント占拠に同行していないと占拠ptが入らない
と、ある程度は前に出ないと様々な不都合が生じる。
基本的にプレイヤー機が撃破される事によるペナルティはほぼ無い(一応、コアの耐久値が微量減少するが勝敗に及ぼす影響は微々たるもの)ので、積極的に前線に赴いて敵機と鉛弾の交換に勤しもう。

粘り所、堕ち所の判断はプレイしていく内に覚えられる。
最初は難しい事は考えずにとにかく撃ち合いじゃ!

8.味方と進撃する

当たり前の話だが、複数の敵から集中攻撃を受ければ一人から攻撃を受けるより回避しにくく、ダメージも大きくなる。
つか、単機特攻は自殺行為。勇敢と無謀は別物だってばっちゃも言っていた。

なので、単機で行動するより、味方のそばで行動するほうが攻撃・防御ともに有利になります。
レーダーを見て、どこに味方がいるか把握しておきましょう。特に味方(と敵)がごちゃごちゃと固まっている地点は大抵最前線。優先的に援護に向かうと吉。
上のクラスに上がると単独行動をする機会もあるかもしれませんが、味方と共に行動するのがいいのはどのクラスでも変わりません。

9.とにかく頭を狙え

頭を狙えって徳井と福田も言ってたろぉが!!四の五の言わず頭を狙えってんだよ!!
失礼、頭部はブラストの弱点であるのは言うまでも無いが、
初心者は必要がない時でも頭を狙うようにしよう。

基本的に頭は小さい目標なので当て辛いが、普段から安定して頭に当てる事ができる実力がついてくれば、
射程限界ギリギリの敵にビシバシヒットさせる事も可能なのだ。
なに?7.で遠距離はライフを減らすほどの命中率にならないって言われたって?
当たらなくても当てなきゃならない時もあんだよ!
度々失礼。

体力ミリのまま自分を無視してコア凸に向う敵がいる、しかし5秒も待てば手榴弾をコアに入れられてしまう!とか(エリア移動が3秒の機体でも、そこから拠点を選択しベースに戻って敵を撃てる位置につくまでには5秒以上かかる)
敵がコア攻撃をしているのに、敵と自分の間に柱があって少しの隙間からしか敵が見えない!とか
敵と向かい合って撃ち合っている!とか
自分が精密に弾を当てなければ大変な事になる状況や、
相手より自分の方が少しでも多く弾を当てないといけない状況。
「あの一発が当たっていれば……」という苦汁を舐める事はどんなプレイヤーでも経験している。

専門用語でAIMという技術の差と言えるが、これはプレイヤーの腕を鍛えるしかない。
なので、より小さな目標を精密に狙い続けるのは非常に有効な訓練なのです。
頭を狙わなくても当たれば倒せるからとゆるい考えでプレイしていると、
同じ装備で同じ条件のはずなのに勝てないなんて壁にぶち当たるぞ。

10.上手くいかなくても、泣かない事、投げ出さない事、逃げ出さないこと、信じぬく事。

駄目になりそうな時 これが一番大事~♪

プレイし始めの頃は操作もおぼつかず、CPUや敵プレイヤーに圧倒され、まともにダメージも与えられないまま幾度となく撃破されてしまうでしょう。
戦闘後のリザルトで一人だけポイントを稼げず、何度も最下位になるでしょう。
ですが、それを恥じることはありません。誰もが通る道です。
というか、CPUはともかく敵プレイヤーに(中略)何度も最下位なるのは上級者になっても経験するものです。
ランクが上がれば、対戦相手の技量も装備の質も上がるので、ランクの上がったばかりの作戦では初心者でなくともよくあることなのです。
始めは上手くいかないのは当然です。なのでそんなことは気にせず操作に慣れましょう。慣れてくればプレイにも余裕が出て、色々な事を考えながらプレイできるようになります。ポイント稼ぎや勝ちを目指すプレイはそれから身に付けても遅くありません。

( 電)<私の十八番をネタにしやがってw ちなみに原曲の出だしは「負けないこと♪」だ。現実は過酷である。

ところで『信じぬく事』って一体何を信じぬけば良いんだ…?
初心者の『私的ジャスティス』程、後で『こんな風に考えていた頃がありました』って事になる気が。

msdmq@

その他

ボーダーブレイクに限ったことではないが、最初は誰もが初心者である。
上手い人はそれこそ数万円、数十万円と財布をブレイクさせ経験やコツを掴んでいる。
たった1,2回で上手くなるというのはほぼあり得ないので、とにかくプレイして自分なりに経験とコツを掴もう。
上手い人が居るからやりにくいという人が居るかもしれないが、そこはむしろ上手い人はどんな風にやっているのかを見て参考にしよう。
取り入れれるものがあれば真似してやってみることも上達のコツの一つである。

下田 元プロデューサー twitterより
「BB初心者は、動いて、止まって、爆発系の副武器が当たることを祈る、というプレイになりがちですが、これでは最大の武器である機動力を活かせません。
まずは、動きながら狙いながら撃つという基本を練習するのがお勧めです。強襲の主武器プレイなどが良いでしょう。」

「移動しながら戦えるようになったら、次は、凸、前線押し上げ、防衛、索敵、かく乱など自分の役割を考えましょう。ポイントが稼げないという方は、役割をこなしていないロスタイムが長いようです。複数の役割がこなせるようカスタマイズしておくとロスが減ります。強襲←→支援などがやりやすいですね」

閑話休題

新米ボーダーに宛てたフィオナの手紙より抜粋

こんにちは。
マグメルのオペレーターを務めているフィオナです。
皆さんの試合を毎回管理させていただいている……のは今更言う必要はないですよね。
この前の試合、あなたのコア攻撃で勝負が決まった試合は素晴らしかったです。
有望な新人が出てきたとマグメルでも話が持ちきりですよ。私としても、貴方の活躍を期待しています。
ふふ……オペレーターが個人に肩入れするのは、あまり褒められたことではないのですが……秘密にしておいてくださいね?


さて、今回の手紙は、新人の称号を捨て去ろうとしている貴方へ向けて送らせていただきました。

初心者の方々は、ブラストを動かすのに精いっぱいで、なかなか全体を見据えたプレイができないかもしれません。
経験を積み視野が広がってくると、今度はポイントという大きな要素にぶつかることでしょう。
うまくポイントを稼げないとCPが入らない。敵をなかなか倒せず、単騎先行で撃墜。より上位のマッチング幅に放り込まれると、まるで自分が場違いなように感じることもあると思います。

皆さんは、どのような思いでボーダーブレイクを始めたのでしょう。

友人がやっていたから。
TPS、FPSが好きだから。
行きつけのゲーセンでふと目に入ったから。
チームで勝利するのが面白そうに感じたから。

理由は千差万別です。

皆さんは、どのようなときがボーダーブレイクの楽しさを感じるのでしょう。

敵を倒したときでしょうか。
コアに突撃してゲージを削ったときでしょうか。
プラントを奇襲して敵陣を混乱させたときでしょうか。
裏方に徹し、索敵や回復を一手に引き受けたときでしょうか。
それとも、チーム一丸となって勝利をもぎ取ることでしょうか。


ふとした時に、物事がうまくいかないときにこそ、一度深呼吸をしてみてください。
いつから、ボーダーブレイクを楽しめなくなったでしょうか。
オレが決めると無茶な特攻を繰り返して、チームバトルということを忘れていませんか。
なにをすれば、次はどのような操作をすれば、と迷うことはいつからなくなりましたか。
様々な要素が絡み合うのがボーダーブレイクです。
最も、華麗な個人技よりも、息の合ったチームの連携のほうが効果的な場面は多くあります。
高いスキルを持つ上級者になっても、プレイし始めた頃のように純粋な気持ちで遊びたいものですね。


突然の手紙、驚かせてしまったら申し訳ありませんでした。
次は、ゆっくりお話ししてみたいですね。



NextStepへ