LBR-エクリプス

LBR-エクリプス

※※画像/まだー※※
(C)SEGA

単発威力:2480
CS時威力(単発):6200 連射速度200発/m(1発0.33秒、秒間3.3発)
最大秒間火力:8266 マガジン火力:14880 [1.8秒]、総火力: 59520


LBR-ムーンレイの4段階目は威力特化で性能変化させたモデル。
長砲身になった他、マウンターの近くにスライド収納する大型レンズ型センサーを搭載。
使用時はレンズが露出し、収納時は格納されるギミックがあり地味ながらケレン味がある。

+エクリプスむかしばなし
性能としては属性耐性のあるものにはまだ力不足だが、耐性の無い…こと軽量機いじめの能力は向上している。
まずCS能力だがニュード防御90%(装甲C-)以下に対してダウン、これがニュード強化チップで更に上昇する。
秒間火力もバトルライフル系列に対して遜色無いレベルまで向上しており、白兵戦での強さも相変わらず。
自動砲台も6発で沈黙させられる。スコープ倍率も高いため施設破壊への有用性も向上。

ただし地味な欠点は結構多い。
装弾数やマガジン火力の割にリロードは4.8秒と重火器クラス。サイドアームを撃ちきってもまだリロードが終わってないことも。
早いとはいえレティクルが最速連射に間に合わないため、最大秒間火力を出そうとすると精度が犠牲になる。
ムーンレイ系列の特徴として非スコープ時の精度の低さが通常の狙撃銃よりはマシとはいえけっこう気になるレベル。
バトライを連想するよりも「割と真っ直ぐ飛ぶ竹槍」と思うとがっかりせずに済む。単発狙撃銃で培ったスキルを活かそう。

「CSがあればで瞬殺する精密狙撃だが近距離も強い」「ノースコープでも有用だが白兵戦でもスコープ覗いたほうがいい」
……という意味で色々と実装当時のイーグルアイTFを彷彿とさせる性能の一品と言える。ニュード属性だが。
軽量頭部にラッキーヒットすればダウンが取れたりなんだかんだで7333の秒間火力など、状況さえあれば悪くないどころか一方的にブチ抜くメタ武器ともなりえる性能。
狙い撃つ事も乱れ撃つ事も出来る代物で、高い汎用性をけして少なくない欠点を補いながら引き出すエース向けモデルと言える。

単発威力が高いため、特にCSの転倒対象が増えるという意味でダイレクトにニュード強化チップの恩恵がわかるモデル。
ニュード強化ⅡでC(ツェーブラ頭)が、ニュード強化ⅢでC+(初期クーガー、エンフォーサーX頭)がダウンする。
さらにプリサイスショットを上乗せする事で重量級も転倒させられるというロマン仕様である。
自分の想定脅威に合わせて必要な弾丸を切り替えられるという意味で非常に近未来的な武器であると言えよう。

ちなみに最速連射の秒間200m/sはフルオートだと単式機関砲単式炸薬砲が全く同じ。LAC-グロームが180m/sとちょっと遅め位。
どうしてもジャムが気になるならこれらの武器を個人演習に持ち込み、連射のタイミングを練習してもいいだろう。

最近EUS-TLZセントリーガンLZとでトリオを組んで暴れまわっている武装その1。
※LBR系統の主武器は全部こいつらと凶悪なシナジーを発揮するのだが。
とにかくニュード強化チップをつけてEUS-TLZセントリーガンLZを装備した時のハマリっぷりが尋常ではない。
こいつ単体でもニュード強化Ⅲがあれば頭部装甲C+までダウンする上に、胴体装甲D-まではノックバックを起こす。
更にEUS-TLZセントリーガンLZの火力が上乗せされるので、最上位での流行りっぷりがかつてのフル路地猛虎を思い出すレベル。
ただこいつ単体で見れば少し強くなったバトルライフルSくらいの性能なので、出来ればニュード強化を積んでEUS-TLZと組み合わせよう。
まぁそのうちTLZともども修正されるだろうってレベルで猛威を振るってるんだけどね。

ver4.1でTLZと一緒に猛威を振るいすぎたせいでver4.5移行時に、
  • 単発威力が+20しかされない
※フルオートかつ大マガジン火力系の武器は最低でも威力+30。ちなみにこいつは強襲でいう星系みたいなセミオート中マガジン火力。
  • 1マガジンが1発減る
※一応マガジン数が増えているので最大火力は増えてるとかいう数字的なマジック。マガジン火力が2000以上減る超弱体化
  • ノンスコープ時の精度が悪化する
※ノンスコだとすっごいバラけるようになったよ!
  • ついでに相性が良かったチップのニュード武器強化の弱体化
というすさまじい弱体化を受けた。
そのお陰で4.5での狙撃兵装の主武器枠の人気度ではNo.1を堅持している・・・あれ?
ちゃうねん。元々の性能が良すぎるっていうか根本的なバランス調整が間違ってるっていうか。他の主武器が弱すぎて話にならないっていうか。
エクリプスは犠牲になったのだ・・・開発のクソ調整の犠牲にな・・・。


Ver.Xになってエクリプスたんが受けた仕打ち一覧
  • 大して単発火力が上がらなかった
  • マガジン数大幅削減により総火力が8割減
  • 相棒のたれぞうもかなり弱体化された。
  • バトルライフルSにいろいろ抜かれた

ライバルはバトルライフルS、あっちとは単発火力ダウン、連射速度ダウン、リロード速度ダウン、マガジン火力ダウン、射撃精度低下、の代わりに反動減少、マガジン数4(増弾Cで1マガジン増える)の関係。
えっと・・・リロード5秒弱あるくせにマガジン火力が☆30程度しかなく連射速度も遅くノンスコープだとかなり散り、スコープありでも散り転倒耐性上昇の影響で軽量機からKB取れなくなり・・・助けて牛マン!エクリプスちゃんが息してないの!
(´Д⊂ モウダメポ

ちなみにBSで装甲Eからノックバックを取るには最低5スロ(アンスタ1+ニュード威力2)必要
その5スロで高速充填2+DEF破壊適正つけてロアーとか握ったほうがいいんじゃね?

Ver.XZにて上方修正を受け威力がバトルライフルSと全く同じになった。
鳩Sより重い代わりに反動が少なくそこそこ纏まり、ニュード威力上昇でさらに威力が上がる様になった。
また、威力が上昇したことで、低装甲のホバー機からBSノックバックが取れるようにもなった。ニュード威力上昇1かアンチスタビリティ1をつければ装甲Eの二脚へのBSノックバックも可能。
グリントとエクリプスとモスキートとTLZを持ってはようニュードまみれになろうぜ。

エクリプス/CE

イベント「ヴォルケーノ・ウォーリア」にて獲得できた紅いエクリプス。
外見以外では甲高い音が発射音に混ざっている・・・・・・気がする。

エクリプス/CV

黒地をベースに黄色いラインが入ったエクリプス。銃身部分のラインは微妙にジグザクで、
闇夜の雷†か何かのような印象を与える一品。
あるいは日蝕(Eclipse)による暗闇と僅かな日光を表現したのだろうか。