用語集(ま~)

本家よりもネタ臭があります。内容を信じないように

AAは見やすさ重視で袋とじにしてます。携帯の人は見れません。しかたないね。


■ゲーム中や関連媒体に登場する人物については、キャラクターページへ移動されました。



ま行

マウス感度

ブラストがどのくらいビクンビクン動くのかを示す感度。オプションで設定可能。
感度を低めにしてねっとりと精密に相手の感じ易い所(頭)を責め続けたり、感度を高めて狂ったように体をよじって激しく動いたりと
あなたのお好みにあわせてどうぞ。

真面目な話、意外と気づかれない大事な設定ポイントである。高すぎてもダメ、低すぎてもダメと、自分のブラストのスタイルにあったものが求められる。

魔剣士(まけんし)

1)ティアダウナーを使用している麻。デュエルソードを持っている麻は薔薇の花嫁、
マーシャルソードを持っている麻はマシャリストなどと呼ばれたりもする。
別に小瓶を空中に放り投げ、それを叩っ斬って白いドラゴンを召喚したりはしないし、真っ赤なマントに身を包んだ兄もいない。

2)驚異的な剣の腕前を持つボーダーのこと。
その能力については「剣の威力が数倍になった」「剣が二倍に膨れ上がった」「剣が数本に増えた」「実は大根だった」
など、さまざまな怪情報が錯綜している。
「生け捕りにすれば20000万GP」という高額賞金をかけられ、数度の大規模捜索が行われたが、
ボーダー初の局地災害指定を受け、賞金はその時点で失効した。
対義語:ブンブン丸

マストバイ(must buy)

イケメン牛マンのキメゼリフ「マストバイっすな」として公式ブログでよく見かける言葉。
実はこの言葉には魔法の類が込められており、ブログでこの言葉を見た人は一種の催眠状態に陥り、気が付いた時には「マストバイされた品物を購入している」という。催眠の掛かり具合はプレイ度合いによって大きく変わる。廃プレイしている人だと、店の開店と同時に駆け込み購入してしまう位、深い催眠状態に陥ってしまう。似た言葉として「ベストバイ」 「マスティーバイ」 「オールマストバイ」等がある。

魔弾の射手(まだんのしゃしゅ)

どっかの会長を称してこう言うらしい。ドライアイスを放つ砲台を出現させて攻撃する魔法を使うからだとか。それなんてエアロセントリー(ry。
あっちの会長もエロ先生コスに着替えて達也さんを誘惑する展開が欲しい。薄い本はよ。

待ちヘビー(まちへびー)

積極的に動かずに後方や対岸からひたすら榴弾砲としゃがみガトリング(特に啄木鳥)を撃つヘビー=重火力の通称。
某格闘ゲーで米軍に伝わる、20年近く前から変わらない信頼の戦法に似ていることからこう呼ばれる。

マナー違反(まなーいはん)

例えば旧ブロア市街地において、橋下や入店用の小屋の上にマインを仕掛けること。
本物のマナー違反(死体撃ちなど)ではなく、Gホイホイのようにあまりに効果的に釣れること、あると解っていても厄介なことから、やられた側が悔しさと茶化しでこう呼ぶ。
勿論、敵からそう呼ばれる仕掛けこそマイン使いの真骨頂である。

近年は複雑怪奇な多階層マップが増え、リフト、エレベータ、パウンダーなどギミックがマシマシの状態。
デトネーター・只など画期的な罠も追加され、マナー違反は悪化の一途を辿っている。
見過ごさず爆発物等でビシっと指摘したい。

麻薬チップ(まやくちっぷ)

特定のチップをしばらく使い、それから外すと落ち着かなくなってまた付けてしまうという脅威の中毒性を誇るチップのこと。
基本的にモーション速度アップ関連のプレイヤーの実力ではどうにもならないようなチップが対象になる。
特に倍率が高いチップ程中毒性も強く、ないと直ぐに『遅いなぁ……』と焦れったくなる。
麻薬といっても別になんら異常を来すことは無いので安心して使おう。
ただ、余りに多くの麻薬チップに手を出すと全てに中毒を引き起こし、10スロットにしてでも全部付けたくなってしまう末期患者になる人が極稀にいるらしいので注意が必要。


大体の麻薬チップは以下の通り。今後も増えていく可能性が高いし、その時全部書いたら長くなりそうなので詳細は折り畳みます

中毒性激高

大破防止
+...
ご存知特殊機能の総合的な人気ぶっちぎり一位(強2蛇1支1砂1)。
何かの拍子に付けたら最後、『大破する』ことに違和感を覚えて外せなくなる人続出。
といってもスロットも1、キルデス戦になると致命的になる大破が起きなくなると実用性もばっちりなので当然の結果とも言える。ていうか大破防止付けろよっていう人もいる位だから仕方ないよね
ただし、ワフト主砲やガンタレ破壊時の巻き込まれ撃破など、相変わらず一撃大破となるものもあるのでそこは注意。

そしてボーダブレイクXのロケテ……大流行し過ぎたのか、それともなんなのかは不明だが……
このチップの効果そのものに修正が入り、名前まで大破防止から大破抑制に変更された。
効果は大破判定のダメージを上げる(一万?)というもの。
大破の根本的な変化(残り耐久−ダメージが5000を突破した場合に大破)やらもあり、ロケテ情報を知ったセンサー支援の皆様が嘆きまくっている。


近距離ロック強化シリーズ
+...
こちらもご存知砂以外で大人気のチップ。ていうか砂で付けたら間違いなく変態。
詳しい効果はチップの方で確認してもらいたいが、簡単に言えばロックオンの性能が強化されるというもの。
数試合使ってから外すとロックオンの性能に違和感を覚え、また付けちゃう人続出。
特に2の効果に慣れてしまうと4スロ圧迫されるので注意が必要。
ただし、外したら目に見えて戦果が非常に悪くなったとう御仁は今後の修正に備えた方が良いかもしれない

投てき適正シリーズ
+...
投てきフォームが早くなる。
前述のプレイヤーの実力ではどうしようもないシリーズの一角。
目に見える人気ランキングには食い込まないが、初期型はたまに麻と砂の三位に入っていた事も。
時間勝負のコア凸時のおにぎりや素敵が一発でも多く投げ込める可能性が高まる、と聞けば凸屋はついつい手に取ってしまうだろう。
そして、投てき付けてたから一個多く投げ込め、それが試合をひっくり返した……なんてことを経験してもう手放せないという人が続出。
ていうか外した試合で投てき適性あれば逆転出来た……と涙をのむ人も多数。
これ麻薬じゃなくてもう保険の類だよね
また、ボンバーマンからも一定の支持がある。

中毒性まあまあ

リフト適正
+...
脅威の1スロで1.4倍の効率を得るチップ。
高層サイトやネソス、バレリオ等、リフトが多かったり驚異的なリフトがあるマップではランキングに食い込む事もある。そして大体マインが着地地点にある。
長いリフト程効果が強く、上記のマップではこのチップの有無で凸の効率が変わって来ることもあるので侮るなかれ。
ただし、短いリフトしかなかったりそもそもあまり乗らないようなマップでは愛用者からも今週はなくても困らないという意見があるので中毒性は微妙。

搭乗兵器適正シリーズ
+...
ワフトローダーマップでは乗らなくても万が一に備えてとりあえずつけとけと言われるチップ。
ワフトローダーはもちろん、ワフトを破壊する側が使うガンタレにも恩恵がある。
外してワフト乗ったら旋回遅過ぎて発狂しかけたとかいう猛者がいるから中毒性は0ではないが……リフト適正同様マップを選ぶ。

バランサーシリーズ
+...
よろける時間が短くなる。
星20や紫電、ブラスターガン改、支援の主武器と言ったよろけを取って押し切る事が強みの武器に対する強い味方。##後味方の誤射による妨害にも強いよ!##
何?ブラスター改がHSになって吹き飛んだ?知らん。
主に動きがきもいけどそこは我慢だ。
相手にすると付けるとかどうかよろける瞬間まで分からず、いざとなると「ちょ、なんかこいつよろけ時間短くねえ!?」と結構ビビる。

強力なチップであるが、そもそもよろける&ついでにダウンする機会そのものを減らしてコストも同じの転倒耐性シリーズがある事もあってこいつ自体がマイナーなイメージから抜け出せないのが現状。
だが、決して悪いチップではないので興味がある人は一度使ってみては?
中毒になったと言う苦情は受け付けませんけどね!


要請兵器適正
+...
要請兵器の呼び出し及び設置時間が凄く短くなる。
バラム、CNキャノンと変態用のメガロパイクには恩恵が薄いが、残りの四個を使う人が装着するとその快適っぷりに中毒になる人が結構いる。
特にオートガンとリペアマシンの愛用者は1スロ余るとこいつが浮かび上がって来ちゃう人が結構いる模様。

とは言っても一試合に何回も呼び出す物でもないので、外しても対して違和感を感じない人も多い。
使うかどうかは、貴方次第と言った所。


リペアポッド適正シリーズ
+...
リペアポッドで行う回復と補給にかかる時間が短くなる
全国対戦ではプレイスタイルによって評価が分かれるチップだが、ユニオンバトルやスクランブルバトルでは必須装備と言い切っても過言ではないチップ。
その為、ユニオンバトルやスクランブルバトルを遊んだ後に、全国対戦でこのチップを付けないアセンでリペアポッドに搭乗すると
「あれ?こんなに補給って遅かったっけ?」
となるのは間違いない。そしてだんだんと病みつきになっていくのです…

Ⅰ型はコスト1で2秒短縮とお手軽かつ目に見えて効果が実感できるのも相まって
「もうこのチップ無しのリペアポッドなんて考えたくない!」
と、中毒になる人が出る一方で
「無理して付けるほどの価値を見出せない。浮いたスロットには他のチップを付けよう」
と、あっさり離れられる人もいる。
ハマる人にはとことんハマるが、そうでない人にはワンポイント起用が良い所という不思議な立ち位置のチップ。まるで某知的炭酸飲料だな!

番外
しゃがみシリーズ
+...
ある意味このゲームで最も偉大にして最初の麻薬チップ。
チップがなかった時代に全てのボーダーが付けていた、というか基本機能。
漢打ち、屈キャン、合図、キルアピ、隠れる等々実用性もありネタ様にも使えた。
現在でもこのゲームを始めた人が必ず触れるチップであり、しゃがみを使った事がないというボーダーは存在しないだろう。
加速の普及で屈キャン自体しなくなったり、アクションチップが沢山追加されてこのゲームの戦略は広がっている。

だが、やはりしゃがみのアクションがないと落ち着かないと言う人は多く、現在でもしゃがみ1は全兵装一位、2も全兵装3位以内にいる。地味にキャンセルしながら射撃武器が打てるのは他のアクションチップにはないメリット。空転のあるガトなどはそれが顕著だったりもする。

となんだかんだ言ったが、結局しゃがみこそがある意味最も古き良きもの、ということなのだろう。まぁ皆が使ってたしゃがみは今のしゃがみ2に当たる物なんだけどな!


クイックステップ2(修正前)
+...
ご存知、元ロック切りチップ。
コイツが現役だった時は凸麻は積んでて当たり前レベルの環境であり、使用停止になった際は一部のボーダーが「クイステ戻ってくるまで引退」とか言い出すレベルで中毒性も高かった。
大幅な弱体化がされてはいるが、現在でもあの音が忘れられないボーダーは多いそうな。

万年問題児(まんねんもんだいじ)

ボーダーブレイク稼働当初から存在するものの、コレどうしよう…というアイドル武器のこと。
公式としてもテコ入れをしてるんだかしてないんだかわからない調整ばかりされ、ネタ武器としてベテランの域に達している。

具体的には、FAMさん、シールド発生装置さん、サンパチ狙撃銃さん等々…

巫女る(みこる)

人の手ではコントロール出来ない事象(4月馬鹿、カタパルト崇拝、ゴルゴムの仕業など)によって唐突に災害を引き起こす事。

被害としては爆笑死、萌死、お腹がすくなどが想定され、想定される被害の範囲は最大でりんご1,983,200,000,000個分に相当するとされる。

その被害は甚大であるものの、巫女さんだからね。しかたないね。で片付いてしまう。しかたないね。

なお、巫女さん以外が行なってもそれはただのドジであり、決して許されるべきものではない。
我々は断固として強い姿勢で対応していくものである。

追伸:別に本人が巫女らなくても、周りで誤った計算をしてしまい、結果無関係の人が連れ去られるという事案が発生した。巫女さんマジ巫女さんである。
そして:今度の巫女さんは計算を間違えないように最大限の注意を払った結果、何の質問だったか忘れました。TFじゃ大破シナイヨ?
尚この結果病院から脱走した人がいましたが、いつものことですね。
追伸2:巫女さんから恐怖の指令が発動。それはこれだ。
ダメです。グラウンド十周、ウナギ跳びでよろしく。 - アルバイト中の巫女 2014-06-27 23:01:39
ウナギ跳び。まさかのウナギである。ウサギではない。ご注文はウナギですか?
最近巫女る人が続出する中で、やはり本家は違った。

未実装(みじっそう)

まだ実装されていない武器・装備・システム等あらゆる物の事を指す。

本家wikiの場合は本やムービー・ホームページ等での紹介されたり、ちらっと映っていたりしたもので、なおかつ実装されていない物に限定されている。

ネタwikiの場合は「こーいうのが欲しいんだよぉぉぉ」という願望や「本音で言うとこんなもん実装されたら困るんだけど誰かが噴いたらしめたもの」とか「別作品への愛が溢れすぎて書かずにはいられなかった!反省はしていない!」とか「クーデターを起こして電光をマグメルのシステムオペレーターにするぞ」とか「俺、打ってもいいのかな…」「ダメ絶対」とか「牛マン見てる~?イェーイ」とか様々な思惑が入り乱れている為、かなりチラシの裏である。
時にはディスタンスや老練のように、さもここのアイデアが採用されたかのような代物が実装されたりする。
そんな風に見えるだけで偶然の一致って事の可能性の方が高いんだけどな

ミスタークーガーヘッド

がっつリークでおなじみ、アレックスの事。由来は見たまんま、クーガー頭のお面だから。
元ネタは某ミスターファイヤーヘッド。

味噌ダレ(みそだれ)

ガンターレット・Mの別称。
ガンターレット・M→ガンターレット・ミサイル→ミサイルターレット→ミサタレ→腹減ったな…→味噌ダレ
という感じで味噌ダレと呼ばれるようになった。

まぁ、某シューティングのパワーアップボイス然りミサイルが味噌と呼ばれる事は稀によくある事だから、仕方ないね。

「モビウスワーン、インカミングミッソー!ミッソー!!」

無差別級マッチ(むさべつきゅうまっち)

クラン演習の事。
階級(クラス)に関係なく試合に参戦できる事から。

ムシキング(むしきんぐ)

勝敗に関係ないプラントの取り合いをしてポイントを稼ぐプレイヤーに対して使われることがある言葉。
言葉の由来は同社が出した一世を風靡したゲーム「甲虫王者ムシキング」。
事の発端はアドラ火山連峰~渦巻く炎海~において過去最大レベルの半径を持つCプラントが出現、ところがそれを無視して奥のプラントを攻めることができるカタパルトとパワーバウンダーが存在したためCプラントの存在は空気と化した。
しかし、奇数プラントマップではCプラを取った方が有利というセオリーもあるためCプラントの奪取、確保に熱心なプレイヤーも少なからず存在した。
が、それに執着するあまりそこから前に出ない。つまり芋同然。
ゆえにこのマップは「Cプラにいる味方が多いほうが負ける」というトンデモマップとなってしまったのだ。
しかも追い打ちをかけるように翌週のマップは旧ブロア市街地~破壊槌~。これまたBD行きカタパがあるマップである。
なぜ2週続けて同じ過ちを繰り返したのか、なぜなら「SSQ」だから。

無制限台(むせいげんだい)

何度でも100円の追加投入が許されている筐体の事。
無制限台では、極端な話後ろに何人並んでいようが天皇陛下や総理大臣が待っていようが交代しなくても(ゲーセンのルールとしては)問題ない。

逆に「○クレジットまで」「****GPで交代」などと張り紙がある場合はそれに従う必要がある。それが人間のルールだ。

+なんで、こういうネタ要素のない用語があるかと言うと
Twitterにて無制限台の意味を分かっていない提督が確認されているうえ、中には「怖いお兄さんを呼ぶなり刃物で脅すなりしてどかす権利があるはずだ」「レッドファイッ!」なんて過激すぎる思想の者もいるため。

無制限台と書いてある場合、「交代しなくていい」とゲーセンからお墨付きの出ている状態です。南条コラを眺めるなどしてゆっくり待ちましょう。ネシカクロスに100円入れてフィオぽんをprprするn

この項の筆者はモバマスポリスによって焼却されました。

むせる

一般的には咳込むことだが、ロボットアニメ好きの間では「装甲騎兵ボトムズ」シリーズのことを指す。OPの歌詞の一節「むせる」が印象的であることから。
ボトムズは量産機で戦うことを主とするため、同社のガンダムシリーズよりBBに近い世界観を持つ。

無双(むそう)

1機のBRが次々と敵を撃破してゆくヒロイックな戦いぶりを表す。
主に強襲兵装の剣による連続撃破に使われる。
語源はコーエーのアクションゲーム「○○無双」シリーズから。

迷惑行為(めいわくこうい)

上記のマナー違反とは異なり、本物のマナー違反及びそういった事をする人たちの事。
ざっくり言うと以下の三つが挙げられる。
1.全国対戦等他プレイヤーがいる場で故意に自爆、誤射を連発。
2.(特にユニオンバトルで)サテライトバンカーを故意に捨てたり無駄打ちする。
3.全国対戦、イベントバトル等で談合(事前に打ち合わせをし、勝敗やスコアを故意に操作しようとするプレイ)

にわかには信じがたい事ではあるが、本当にこういった事をするプレイヤーがいるらしい。
尤も1に関してはそもそも故意なのか単にプレイスキルの問題なのかを判断するのは難しく、単に自爆や誤射が多いから迷惑行為と決めつけるのは早合点である。
ちなみに2は不明だが、1と3に関しては証拠写真、動画があがったりして無期限のカード凍結というSEGAからの制裁も下った事があるので運営公認の迷惑行為である。
特に現在は一定回数の自爆と誤射をやらかすと試合を離脱させられ、一日凍結の刑になる。常習、もしくは悪質と判断されたらそのまま南無。

ちなみにこう言う場面に遭遇した時はSEGAに通報をする事を勧める。
その場合、多くのユーザーが入っているBBNETで試合のIDとかも分かるのでそれの記載も忘れずに。

上記の場合においてSNS等で真っ先に晒す等を行うのはやめた方が良い。まず晒し自体が社会的に慎むべき行為であり、仮にそれを行った場合、後々逆恨み等を元にトラブルに繋がりかねない為である。
一応、過去に談合、迷惑行為を公共の場で他のプレイヤーに伝えた結果、談合プレイの阻止、SBを破棄する迷惑プレイヤーよりも先にSBを確保したりして迷惑行為を阻止出来たというケースが有ったらしいが、それ以上に上記の理由からトラブルになるリスクの方が大きい為、やめた方が良い。

迷惑行為をやると社会的制裁などを喰らって本当にろくな目に遭わないので『絶対やらないように』。
過去にサブカで迷惑行為やったらホームのボーダーの目についてメイン発覚=その数日後メインでやってる所に被害に遭われた人と愉快な仲間達の十人近いお兄さんが来て取り囲まれてリアル警察沙汰になった事案がある。

もう一度だけ言う。

絶対にやらないように。

目押し(めおし)

パチスロ用語でリールの絵柄を狙って合わせる事。
ボーダーブレイクでは単射、もしくはバースト射撃の射撃可能タイミングにあわせて射撃する事である。
最初期にも蠍の目押し連射テク等は存在したが、そこまで重要視されておらず、あくまで限られた上級者のテクニック止まりで主に連射武器に人気が集まっていた。
だがSTAR系統等、単発高火力武器の実装により、今まで使われていた連射タイプの武器から単射タイプの武器にプレイヤーが転向。
これにより多くのプレイヤーがこの目押しを意識するようになった。

メガンテ(めがんて)

自爆に敵を巻き込む戦法。いわゆる道連れ。
最近では発射した能登の着弾地点へ瞬時に移動し、自機で火柱を隠す猛者もいる。
巻き込んだ敵の数によって結果が左右される博打要素とロマン溢れる戦法である。

めどいシフト(めどいしふと)

対ホバーの防衛にシフトすること、およびその防衛戦線のこと。
ホバーは専用凸ルートを通ってきたり、そもそも高速すぎたりと二脚凸とは違う防衛体制が要求される。
名称はホバーで有名な犯罪四天王から。

モーイーカイ(もーいーかい)

狙撃兵装の主武器、ブレイザーライフルをチャージしている時に出る効果音。
由来はチャージ中の音がそう聞こえる空耳から。
チャージ中は銃身中央にてニュード粒子が発光するため、光学迷彩使用中でも位置がばれてしまう。かくれんぼ時には注意!
特に狙撃対狙撃、双方光学迷彩使用の際に相手がブレイザーライフル以外を使用していたらCSされたりで笑えないことに。
「もーいーかい(?▽?)」
「まーだ??????!!))Д?;)」

ちなみに現在光学迷彩中は発光が少し弱くなるよう改善されている。

モードA/B

スイッチ武器での切り替え状況を言う。
なお、正しくは「タイプ」であり、どこでこっちが広まったのかは不明。

もぐら

「双門機関砲・怒竜」のこと。
  1. 怒竜を土竜に簡略化
  2. 土竜は「もぐら」と読むことができる。
  3. じゃあそのまま愛称でいいや
という流れで市民権を得るに至る。
足の遅い無能なもぐら共を一掃するのだ

モヒカン(もひかん)

①ネイティブアメリカン由来とされるヘアスタイルに髪を整えた、世紀末の悪党のこと。
「汚物は消毒だ~!!」ボォアッ
一時期の本スレにおいて、スレ立て人を賛美するさまがしばしば目撃された。……悪党違うんじゃね?
昨今ではその活動は沈静化している。世紀末救世主に狩り尽くされたのだろうか。
最近ではベテラン用のキャラクターパーツとして実装されてしまっている。

②ケーファー52型頭部の事。見てもらえれば説明はいらないと思う。

なお、口調から混同される場合があるが、
「ヒャア がまんできねえ 0だ!」と言ったのは某ロボットゲームの登場人物であり、無関係。

もみもみ

「BB.TV LIVE #4」にて、もみー先生の色紙プレゼント企画のキーワード。
色紙の抽選方法は「もみー先生の決めたキーワードをコメントで打った人から抽選」という抽選方式だったのだが、本キーワード「もみもみ」が、ドワンゴ(ニコニコ)のNGワードに引っかかり誰も応募できなかった。
当初スタッフ側も気づかず、「誰も応募してこない」という予想外の事態に、もみー先生をはじめ出演者全員が不安になるが、コメントからNGワードであることが発覚。

その後スタッフ一丸となり、この事件は無かったことにされ、改めてキーワード『もみーもみー』を決定したところ、応募殺到となった。

ちなみに、この時のキャラはアンケート結果で決定し、クラちゃんが描かれた。(クラちゃん35.5%、ダブちゃん28.0%、ブレちゃん21.5%、ユニちゃん15%)


や行

役者

機体パーツ「ヤクシャ」の通称。
本来は夜叉のインド方面での呼び方なので夜叉と書かれそうなものだが、読みそのままの「役者」になった。
最新鋭のエース機という煽り文句は伊達ではなく、高機動と積載量を両立している。
装甲?当たらなければどうという事は無い。ちなみに脚部の最大積載が久我と同じくせにパーツ自体が軽めなので、
フル夜叉で組むと場合によってはフル杖より積載に余裕があったりする。夜叉…マジぱねぇ。
そんな高性能パーツだったからなのか、2013年に行われたブラストランナー総選挙にて見事2位の栄光を獲得。1位は最初からほぼ決まっていたようなものなので、実質1位でいいんじゃないかなこれ。

フルセットボーナスのダッシュ力アップでオーバーランしてしまい、カタパルトに乗り損ねるボーダーが続出、
「このじゃじゃ馬を駆るにぁ……あんさんちょっと役者不足じゃないですかい?」

屋台

リペアポストと弾薬BOXを持ち歩き、味方の体力と胃袋を癒して回る支援兵装の事。
芋砂のみに接客を行い営業時間外はベースニートとして過ごす焼き芋屋、屋台としての営業と並行してリムぺVなどによりBRの丸焼き戦場風を量産するケバブ屋台など、幾つか種類がある模様。

闇のゲーム

誰が言ったか知らないが、スクランブル武から追加された「ADVANCED ACE BATTLE」(アドバンスドエースバトル)のこと。
勝ったA-ACEは負けたA-ACEから査定とは別にCPを30奪えるといういわゆるハンターチャンス。
見てる分には面白いが、負ければ査定とは別に-25CPでありやる側からすれば不毛な高ランク同士のCPの奪い合いでしかないため「誰が得するんだコレ?」という意見もある。

有効射程圏(ゆうこうしゃていけん)

銃の弾丸、火砲の砲弾、ミサイルなどが飛翔し、一定の命中精度を維持できる距離や範囲。
一般に飛翔体は距離に比例して命中精度に誤差が生じ、ミサイルも推進力が尽きてからは極端に命中精度が落ちるため、有効射程は物理的な飛翔距離よりもかなり短く設定される。
どこまで届くかという距離が問題になる場合は「有効射程距離」、死角や命中率などが問題になる場合は「有効射程圏」と呼んで区別する。
機関砲やミサイルなどで直接狙う場合の射程圏は射手を頂点として前方に広がる円錐の形になるため、特に「キルコーン」と呼ぶ。
同様に、間接砲撃において観測の可否、誤射の回避、作戦上の制約などを考慮した事実上狙える有効射程圏は、主に地図上で表記・検討されるため「キルゾーン」と呼ばれる。
と、これが一般の兵器における有効射程の説明である。
BBに於いては有効射程距離は数値化されているが、有効射程圏は数値化されていない。
例えばサーペントの有効射程距離は175mだが、175m先に居るブラストを狙っても弾がばらけて殆どダメージが望めない。
効率的にダメージを与えるには遠すぎるのである。
しかし、100m先の物陰に居る敵を攻撃するのは割と楽である。
最大射程距離800mの狙撃銃でベース内で砂が防衛に回っても(100m以内)ちょこまかと動き回る麻に致命傷を与えるのはかなり難しい。
すぐに狙いの場所から移動してしまうので効率的にダメージを与えるには近すぎるのである。
リペアポッドに入っている敵を狙うにしても、あまり近くだと飛び出して来た敵に逆襲を受けるが、距離があればじっくり狙って仕留められる。
ワイスマは実弾系ショットガンの中では一発辺り最大のダメージを持つ弾丸を12発も撃ち出し、尚且つ有効射程距離は他の実弾ショットガンと同じである。これだけならば最強兵器のように聞こえるが、拡散率が大きいので接射しないとその殆どが命中せずダメージに繋がらない。
これらは全て「有効射程圏の問題」と言っていい。

雪合戦(ゆきがっせん)

強襲兵装が手榴弾を投げ合う様子。
上位クラスの雪合戦では、直撃すると即死級の41型が飛び交うため、平和な呼称に反してゲーム中屈指の危険度を誇る。
絆崩れの場合「第4次世界大戦」と言う事も。何故なのか知りたい方はググってみるべし。
重火力兵装のECMは含まれない?
最近のグレネードランチャー(特に連射型)を交えた雪合戦は、さながら流星群とも言うべき光景を敵の目に焼き付ける。
ごく稀に「そして、契約の星は流れた...」と呟くボーダーもいるらしい。
+...
下図はABランク戦の開幕直後の衝突のイメージ
  ゜            。          ゜。
     。             ゜            ヒュン
          たくさん飛んでくるモナ!      ⊂⊃====
      ⊂⊃== ∧_∧  。              ゜
  . ゜。  ヒュン   (´∀`,,∩ ⊂⊃==   ゜  。      。
  .           .(   )   ゜
          。 /./ ,,ノ○    。    ⊂⊃===
   ==     .(_(  )  。          ヒュン。
  ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

ユニオン

連邦、連合、合併、融和。団結の意味で労働組合を指すことも多い。
ボーダーブレイクver. 3.0のタイトルが判明したとき、「すわ傭兵達が○ィオナ様に叛旗を翻したか?」などと騒がれたが、
正体は反目していたGRFとEUSTの連合軍であった。
立ち向かう相手は謎の…謎の?…第三勢力エイジェン。
CPU相手の10人CO-OP戦「ユニオンバトル」の開幕であった。

ボーダーブレイクver. 3.0のこと。
エアバースト移行時と同様、各所のデザインが一新された。
イメージカラーは黄、エイジェンの色である。ユニオンキューブをイメージした◇のデザインが随所に用いられている。

目玉のユニオンバトルは、新鮮味あって歯ごたえあって面白い、素材が集まる(ver3.5以降)といった意見がある反面、
対人戦でなければ面白くない、結局は味方にイライラするゲームだった、等の声も聞こえる。
動くプラントであるサテライトバンカーR、シールドつきのワフトローダーS、ver3.5で追加された新要素の要請兵器についても一様な支持は得られておらず、賛否両論のバージョンだったといえよう。

ユニやき

「ユニちゃんのつぶやき」の略称。
BB.NETで1日1回行われている、ユニちゃんの一言コーナー。

週初めには更新情報をつぶやいたり、週中には開催中のイベントについてつぶやいたり、なんてことないことをつぶやいたりラジバンダリしている。
元々は牛マンのつぶやき(牛やき)であったが、いつの間やらもみーユニちゃんの仕事になっていた。

BB.NETでは当日のユニやきしか見れないが、ねたうぃきには変人有志による過去ログ(牛やき時代を含む)が2015年6月15日分以外は残っているので気になる人は見てみると良いかも。

2015年11月4日をもって更新終了。

指切り(ゆびきり)

射撃中に意図的に射撃を停止させる行動のこと。主にフルオートの武器を射撃中に停止させる場合に用いられる事が多い。
このゲームにおいては射撃は継続するほどに照準が広がっていく仕様な為、長時間の射撃を行うと集弾性がどんどん下がっていく。
そこで意図的に射撃を中断させる事で広がった照準を狭め、命中率を上げる事を目的となる。

ちなみに射撃を行う前が最も集弾性が高く、更にしゃがみⅡなどを装備してしゃがむ他
反動吸収の高い腕、射撃補正の高い頭部を採用すると集弾性の相乗効果が見込める。

その状態で指切り射撃を行えばヴォルペ突撃銃FAMのような遠距離射撃に不向きな武器でも
一時的にではあるがヴォルペ・スコーピオのような精密射撃を行う事が可能となる。
マガジン弾数が多く、連射制度の低い武器などでは非常に有効なテクニック。知っておいて損はないだろう。

また、上記の意図とは少し異なるが重火力のOH!がある主武器のおいてはOH!する前に指きりを行って継戦するのも重要なテクニックの一つ。

要請兵器(ようせいへいき)

Ver3.5から登場した新要素の一つ。正式名称は(Bolt-On Arms)
ゲーム中で撃破を取ったり様々な行動を取ったり時間経過によりゲージが増加して満タンになると使用する事が出来る。
詳しいゲージ増加の条件等は当該項目を参照。

設定としては突如として出現したエイジェンが、一世代先のテクノロジーを持っている事に対抗する為にマグメル主導で開発された特殊兵器。
つまり対エイジェン用に開発されたリーサルウェポン・・・なのだがなぜか全国対戦はおろかスクランブルバトルでも使えちゃったりする。
しかも全国対戦ではGRF、EUST両方のオペレータが台詞からしてボーダーに要請兵器を転送している様子だが・・・今更突っ込むのは野暮というものだろう。

実装当初はバラム重機砲と爆撃通信機の2種類のみだったが
Ver4.5スクランブル武では色々追加され今では8種類。お好きな兵器をお選びください。

チャージ時間に差があるため、偵察要請装置のように回転率が高く一試合に何度でも使用出来るが一切撃破を取れないのもあれば
バラム重機砲のようにチャージは遅いものの、一度発動すれば強化機兵すら文字通り溶かす超火力という正に切り札ともいえる武器もある。

基本的にどれも強力だが、クセが強く使いどころを見極めるプレイヤーのセンスの良さや戦術眼が問われる。
どの要請兵器を使うか?いつどういった状況で使うのがベストか?で戦果や活躍の度合い大きくが変わるのは言うまでもない。
この辺りワンダースキルやJOKERに通ずるものがあるのは同社製だからか

余談だが上記の要請兵器の項目はねたWikiでは実装当初から、ようせい繋がりで別の弾幕STGの妖精さんがAAで貼られていたり
様々な掲示板や呟きで変換するのが面倒なのか妖精だの色々言われていた。
しかしVer4.5で追加された「帰る家が無くなる!」こと不敵タイプが要請兵器で敵機を撃破すると、妖精さんの力だと言い始めた。
彼の眼には一体何が見えているのか・・・。

よーーく考えてから~(よおおくかんがえてから~)


性能の割に高級素材をやたら要求する各武器およびパーツの解説に付与する一言。高級素材の要求数が多いほど真ん中の「-」が多くなる。大抵の場合は、「~から購入しよう」「~にしよう」という言葉が続く。

勿論、高級素材を要求するだけあって性能自体は悪くない武器が多い(※無いとは言わない)のだが…。
気持ち悪いほどやりこんで素材なんて溢れかえっている変態ベテランボーダーならともかく、週末ボーダーなどはアドバイスに従って平日の間によーーーーく考えて購入を検討しよう。