※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鹿の死んだ夜


amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。
題名:鹿の死んだ夜
原題:BLOOD INNOCENTS (1980)
作者:THOMAS H. COOK
訳者:染田屋茂
発行:文春文庫 1994.6.10 初版
価格:\500(本体5485)

 この作家、クレモンズと言い、年配の主人公、年配の脇役を書くことが多いので、かなり年齢が行っているのかと思いきや、まだ 47 歳なのである。本編の主人公にしたって 50 を過ぎ、息子夫婦の中流的な新しい生き方を何故か受け入れることができず、質素でつつましやかな一人暮らしを送っていたりする。我が子への願望、死別した妻への哀悼と現在の孤独……事件もさながら、まずはこうして主人公の深い人間の心の方へ沈潜してゆくやり方は、処女作からしてやはりクックのものだった。

 暗い、とか辛気臭いとか、くそ真面目すぎる……とかいう印象はクックの作品には必ず共通して感じるムードなんだけど、この作品も同じ。しかし、そういう暗さだけなら一時期の日本映画みたいなものに終わってしまう。この作家の主人公は、周囲の流れに逆らうっていう、最高の魅力を持っていたりするのだ。暗い世界だからこそ、少しでも自分は何かしら切り開いて行こうとする姿勢を崩さない。この静かな頑固さがクックの魅力であり、いつも事件はそのための材料である。

 純文学も娯楽作品も関係ない、面白く感動的な作品であることこそが重要だ……というようなことを稲見一良が言っていてまさにこれを実践してきたのだが、クックの作品にはそうした純文学を食うようなところがある。とりわけ長いことアメリカ文学の題材であった自由や孤独や退廃というものをこの作家は、ミステリーという形を取って存分に切り分けてくれているような気がする。

 だから一人一人の登場人物の背負うものが常に生半可じゃないし、多くの半生が影のようにニューヨークの街にくすぶっている、そういった風景描写であり季節描写であり、ぼくはいつもこの人のこの街をとらえる生き生きした感覚に、のめりこんでしまう。

 最初に言いかけた話だけど、この作品、実にクックが 34 歳のときの作品なのである。非常に若いうちから熟成した作家であると思いませんか?

(1994.07.22)