※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

よみがえる百舌



題名:よみがえる百舌
作者:逢坂剛
発行: 1996.11.30 初版
価格:\1,900

 逢坂剛のこのシリーズは、何を書くか、そして何を書かないのか、という描写の谷間にトリックを潜めさせていることが多い。そしてそのトリックそのものは本格推理とは別次元のサスペンスフルな文体のみで運んでゆく、その技。これが百舌シリーズの魅力であった。

 一作目の『百舌の叫ぶ夜』はその意味で歴史的とも言える逢坂サスペンスの名篇だと認識しているし、この流れに初期サスペンス短編集(『情状鑑定人』など)があり、長編『さまよえる脳髄』などがある。これはいわゆる逢坂スペイン冒険小説とは異なる分野にあるものである。

 あくまでも娯楽に徹し、謎に徹し、サスペンスに徹しというものがこの百舌シリーズで、いかに作者が長い時間をかけてこのシリーズの複数主人公を描いて行こうとも、ぼくの方では主人公らへの情みたいなものはまったく感じないでいられる。一人や二人の主人公が死のうとも、それはスリラーを進行させるうえでの重要なイベントにしか感じ取れない。

 逢坂剛の娯楽小説の限界もそのあたりにあるのだが、何分プロットの組み立て、ストーリー・テリングの巧緻さに引きずられてしまうのが、この百舌シリーズの魅力であると思う。単純にミステリ読者の一人であった逢坂剛が自分で読みたいような本をということで書いている。半分企業人としての収入を得ながらあくまで趣味・娯楽の部分でこのような執筆活動をやってきたというところに、逢坂剛の元々の気楽さがあり、集中力があったのだと思う。

 だからこの小説も確かに引きずられるようにぐんぐんと読んでしまう。しかし百舌が決して蘇っているわけではないこのプロットにぼくは騙されたように感じてしまった。寂しいくらいだった。『幻の翼』においてかなりの力技で百舌を蘇らせてしまったこのシリーズで、また蘇らすなんていうことをどうやるのか、こちたの期待が先走ってしまった思いがした。

 百舌ということに限って言えば、失望したし、その始末の仕方も次作を睨んでのあざとさに満ちていて、何とも言えない。これは百舌シリーズではないのだと言う認識のもとに読むべきであろう。面白くはあるがどうしても薄味のサスペンスであるように思えてならない。

(1996.12.18)