※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

絹の変容



題名:絹の変容
作者:篠田節子
発行:集英社 1991.1.25 初版
価格:\1,200(本体\1,165)

 小説すばる新人賞受賞作ということで、要するにデビュー作でしょう。200ページに満たない小じんまりした作品だけど、贅肉のない、スピーディでサスペンス満点の展開のパニック小説であった。 一番似ている作品は『夏の災厄』。むしろ『夏の災厄』よりはるかに皮膚的な生理的嫌悪感を感じてしまう内容。

 と言っても表現はエグいわけじゃなく、むしろ格調高い。『夏の災厄』のようなコミカルなゆとりみたいなところ、明るいキャラクターたちがほとんど登場せず、どちらかというと冷たく、離れた視点で描かれた、硬質のパニック・サスペンスと言っていい。

 それなりに非常に奇怪な世界を作っているのは、さすが篠田節子の原点ともいうべきで、モダンホラーの亜流といっていいだろう。

(1995.05.02)