打海文三


<和製ノワールの雄>

 『ハルビン・カフェ』で、国産暗黒小説の限界に挑んだ打海文三は、独自の文体と、独特の人物造形で、日本を切り裂く。人間が何らかの組織やイデオロギーと結びついたところから生まれる、葛藤の深さ、情念の濃さを、端的な文体によって表現する。印象の強いストーリーと、キャラクターたち。異常な運命と闘い続ける打海ワ-ルドの住人たちは、常に狂熱のまなざしでぼくらを見据えている。


アーバン・リサーチ・シリーズ



孤児部隊シリーズ




ノン・シリーズ



短編集