※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高村 薫


<日本犯罪史を綴る文学>

 高村薫の登場が日本ミステリ史にとって一大エポックであったことは、間違いないと思う。情念の底に辿り着こうとする執念の文体を引っ下げて、高村薫は犯罪者の抱え込んだ溶鉱炉へと下降する。物語ではなく人間を創作する、という作家の姿勢に打たれた記憶は生半可ではない。これからの高村がどこへ行こうとしているのか、ぼくは知らない。ただ見たままをここにとどめておくことしか、ぼくにはかなわない。

合田雄一郎シリーズ




福澤家サーガ



ノンシリーズ 長編




ノンシリーズ 短編



エッセイ