横山秀夫


 警察小説に新境地を開いた横山秀夫は、何と言っても短編の匠である。中でも連作短編に味がある。最小限まで削り落とした小説の醍醐味を、読ませ、唸らせ、記憶に残してゆく。切れ味鋭い文章で綴られる、人間の闇を抉った事件簿の数々は、松本清張の系譜を引き継いで、日本ミステリの至宝であると思う。

短編集



長編